穴場? 難波の無印カフェ

 今回、ご紹介するのは、穴場かもしれない無印カフェ。

 

南海難波駅の近くに無印良品があるのはご存知でしょうか。

この店舗、無印良品難波店は、難波センタービルのB2〜2Fに入っています。

このビルにはロフトとタワーレコードも入っているので、このビルで上下移動すれば用事は全部済む! という方もいらっしゃるかも。

 

そんな便利な店舗ですが、実はカフェも併設されています。

でも、このカフェは目立たない!

カフェがあるのはB2Fです。一階の入り口からは見えません。

しかも、エスカレーターは店舗一階の奥のほうにあります。

入り口から店舗奥へズカズカ入っていくと、下りのエスカレーターが見えてきます。ここから下をのぞくと、イスとテーブルが設置されているフロアが見えます。

B2Fなので、2フロア下ですね。吹き抜けになっています。

エスカレーターを見つけたら、さっそく下りていきましょう!

 

無印良品のカフェを利用したことはありますか?

答えがイエスの人は、この段落はとばして読んでくださいね。

先に席を確保することをおすすめします。

ご注文はカウンターで! 注文を聞きにきてくれる人はいません。

お値段の割に品数が多いお食事が楽しめます。量は控えめです。

温かいおかずと冷たいおかずが選べるので、体調や気分に合わせてどうぞ。

外食は量が多くて塩辛いと思っている方にオススメです。

 

で、実はここからが本題!

無印良品のカフェには、デザート類もあります。

もちろんケーキも!

季節のおすすめメニューもあります。

今回、私がオーダーしたのは、抹茶NYチーズケーキです。

f:id:Mee6:20170514110630j:plain

見た目はそんなに濃い緑色ではありませんが、味はしっかり抹茶です!

食感は、少しねっとりしています。公式サイトではしっとり、

と書いてありますが、個人的にはねっとり、という感じです。

 この時期には抹茶フェアをよくみかけますね。

私は抹茶スイーツ好きというほどではありませんが、季節限定のものは食べておきたい派です。

 

さて、スイーツを紹介したところで、このカフェの雰囲気もお伝えしましょう。

カウンター席もありますし、テーブルでもお一人様用の席があります。

都会ではお一人様も多いからでしょう。

普段からお一人様のことが多い私には居心地がいいカフェです。

地階なので、当然ながら道に面した窓もありません。光源は照明のみです。

外からのぞかれないので、読書などに集中できます。

お連れ様がいる場合は、閉所恐怖症ではないかどうか確認したほうがいいかも。

連れがいると、木目調の内装についリラックスして長居してしまいます。

 

このカフェの正式名は「Cafe&Meal MUJI」ですが、

無印カフェ、で検索しても出てきます。詳しいメニューやお値段は公式サイトからどうぞ。

一度、検索してお出かけしてみては。スイーツもおいしいですよ。

 

以上、難波の無印カフェのご紹介でした。