ガシャポンのアニマルリングがすごい造形力。

今回、ご紹介するのは、ガシャポンのアニマルリング。

 

ガシャポンなので、当然ながらアクセサリーとしてはおもちゃです。

小柄な私では、このリングは親指にしかはめられません。

しかし、作りこみがすごいです。デザインもおしゃれ。

さっそく現物写真を見ていただきましょう。百聞は一見にしかず。

 

f:id:Mee6:20170514112522j:plain

 

私の手元にあるのはこの3種、左からカンガルー、シカ、クマ。

これで、お値段は一回200円です。100円じゃない時点で高いですが、

大人の鑑賞にたえる造形には相応かと。

全6種ですが、二色塗りなのはシカだけ。

あとの5種が一色塗りなのは、きっと大人の事情なんでしょうね。残念。

 

このガシャポンをどこでみつけたのかと言いますと、

なんと電機屋さんです。ロードサイトの店舗だと、建物の入口と

売り場の入口の間に空間があります。この隙間空間に、ガシャポン

ずらっと並べてあります。よく見ればラインナップに変化があり、

用事のついでにざっと見ていきます。

ホームセンターやレンタルビデオショップにもありますね。

お立ち寄りの際は、ガシャポンコーナーのことも思い出してあげてください。

 

で、なんでアナタはコレをまわそうと思ったの? 一回200円でしょ?

200円あったらコンビニでジュースが一本買えるじゃない。

こんなつっこみもありますね。自分でも少し思いました。

しかし、ガシャポンは基本的に一期一会。

気になるモノに出会ったら、最低一回はまわしておかないと後悔する。

次に来たときには、もうないかもしれない。このまま帰っていいのか自分。

いいわけがない。一回だけならダブらないことだし、まわしておこう。

 

で、最初に出たのが、なんとシカでした。唯一の二色塗りの。

幸先がいい。保存用にもう一個ほしいから、ダブらせるつもりでもう一回。

二回目はクマでした。狙うとダブらないという不思議。

ええい、こうなったらダブるまでまわしてやる。

結局、4回まわしました。

 

ガシャポンは、コンビニなどにあるキャラクターくじより安価です。

ダブったところで、一種につき一個までなら保存用ということで許せます。

カプセルに入るサイズのものですから、保存しても場所はとりません。

同じ金額を払っても、景品が選べないという点はくじ引きと同じです。

 

しょせんは子どもの楽しみだろうとか、

大人でも一部のマニアむけだろうとか。

そんな偏見をとっぱらって、近所のガシャポンコーナーを

無心にながめてみてください。

オタクじゃなくても。コレクターじゃなくても。

「一回だけならまわしてみてもいいな。」

そう思えるものがみつかる、かもしれません。

 

このアニマルリングですが、発売元は アイピーフォー株式会社 です。

「アイピーフォー」で検索すると出てきます。

公式サイトによるとアニマルリングは2016年8月発売。

紹介しておいてなんですが、もう販売中止かもしれません。貴重ですね。

お持ちの方は大事にしてあげてください。

 

以上、ガシャポンのアニマルリングの紹介でした。