近未来的カプセルホテル、ナインアワーズ京都

今回、ご紹介するのは、ナインアワーズ京都。

英語表記は「nine hours」。近未来的外見のカプセルホテルです。

ロビー・ロッカー・カプセルともにSFチック!

それでは、さっそく画像を貼らせていただきます。

 

9h ninehours|ナインアワーズ|公式サイト より。

 

f:id:Mee6:20170530192751j:plain

©2015 9h nine hours All Right Reserved.

 

どうです! カプセルからして、かっこいい!

設備自体は現代の技術でできているのに、

寝ころんだ時の気分はSF映画の登場人物です。

ここは宇宙ステーションか! 

 

私は大阪府在住でして、京都市は遠いところです。

なので、午後からスタートして夕方に終わるような

イベントに一人で行く場合、一泊します。

終電を気にしなくていいのは便利です。

 

しかし、せっかく身軽な一人旅、宿泊にお金をかけたくありません。

食事をファストフードやコンビニで済ませても、

宿泊費が高かったら意味がない!

 

そこでナインアワーズを利用します。

普通のホテルに比べれば、通常料金が安い。

そのうえ、当日に予約を入れると割引されるプランもあります。

これがまた安い! 

  

これで予約が取れなければ、宿泊をあきらめよう。

イベントに行くのも、あきらめよう。

そう思うぐらいの安さです。

一泊なら3000円でオツリが出ます。

一人旅なら、他のホテルで宿泊する気になりません。

  

カプセルホテルは、どうせ味気ない。

だったらいっそ、おもいきったミニマルデザインで!

デザインした方がこう思ったかは知りませんが、

ミニマルデザインの見本じゃないかと思います。

 

ミニマルデザイン・空間デザイン・SF・ディストピアもの。

上記のジャンルに興味のある方にはオススメのカプセルホテルです。

 

どこもかしこも均一化されたデザインの中にいると、

住民の個性がなくなっているタイプの、ディストピアものの

登場人物になったような気がしてきます。

 

いや、もちろん錯覚なんですが。

外では市民のみなさまが、ごく普通に、暮らしてらっしゃる。

わかってはいても、ホテルから外出した時の

ギャップがすごい! 

 

あ、そうか。ここは現代の京都市だったっけ。

で、私はイベントを観に来たんだったな。

おまけに、明日には帰らなくちゃいけないんだ。

うーん。ちょっと残念だな。

 

宿泊費には、そのホテルでの体験に対する代価も

含まれているというのなら、

ここ以上に印象深い体験ができるカプセルホテルは

他にありません(独断)。

 

スターバックスプリペイドカードがつくプラン、

デイユースプランなどもあります。

日帰りする場合はこちらのプランが便利。

 

デイユースプランとは、仮眠のプランです。

一時間~九時間まで、一時間刻みで

ベッド・シャワーなどを利用できます。

しかも、ネットで予約しておけば割引されます!

 

ベッド・シャワー・トイレ・洗面台・歯ブラシ・スリッパつきの

ロッカーを確保して、心おきなく観光しましょう!

夏場には着替えを持ってきて、シャワー後に着替えると

スッキリしていい気分ですよ!

 

所在地と詳しいプランは、本文中のリンクよりどうぞ。

京都へ一人旅の際には、ぜひ、ご利用ください。

 

以上、近未来的カプセルホテル ナインアワーズ京都 の紹介でした。

 

※本記事は、5月31日に加筆・修正し、6月1日に改題しました。