ロマンというほどでもない

日常以上、ロマン未満のモノを紹介するブログ。たまに私見も書きます。

近未来的カプセルホテル、ナインアワーズ京都で気分はSF

今回、ご紹介するのは、ナインアワーズ京都。

英語表記は「nine hours」。近未来的外見のカプセルホテルです。

ロビー・ロッカー・カプセルともにSFチック!

それでは、さっそく画像を貼らせていただきます。

 

9h ninehours|ナインアワーズ|公式サイト より。

 

f:id:Mee6:20170530192751j:plain

©2015 9h nine hours All Right Reserved.

 

どうです!  カプセルからしてカッコイイでしょ!  設備自体は現代の技術でできているのに寝ころんだ時の気分はSF映画の登場人物です。ここは宇宙ステーションか! 

私は大阪府在住でして、京都市は遠いところです。なので、午後からスタートして夕方に終わるようなイベントに一人で行く場合、一泊します。終電を気にしなくていいのは便利です。

せっかくの自由な一人旅。無愛想な宿に文句を言う連れもいないことですし宿泊費は抑えたいところ。素泊まりして食事をファストフードやコンビニで済ませても、宿泊費が高かったら意味がない! 行楽シーズン中にJR京都駅に直結しているホテルを予約したら、素泊まりでも2万円だったことがあります。正直に言って高すぎ。

駅に直結してなくていい。安ければ安いほどいい。そんな一人旅の時こそ、ナインアワーズを利用します。なにせカプセルホテルなので普通のホテルに比べると通常料金がかなり安い。そのうえ、当日に予約を入れると割引されるプランもあります。これがまた安いんですよ!  これで予約が取れなければ宿泊をあきらめよう。イベントに行くのも、あきらめよう。そう思うぐらいの安さです。一泊だけだと3000円でオツリが出ました。一人旅だと他のホテルで宿泊する気になりません。

カプセルホテルは、どうせ味気ない。だったらいっそ、おもいきったミニマルデザインで!  デザインした方がこう思ったかは知りませんがミニマルデザインの見本じゃないかと思います。ミニマルデザイン・空間デザイン・SF・ディストピアもの。このジャンルに興味のある方にはオススメのカプセルホテルです。どこもかしこも均一化されたデザインの中にいると住民の個性がなくなっているタイプの、ディストピアものの登場人物になったような気がしてきます。いや、もちろん錯覚なんですが。外では市民のみなさまが、ごく普通に暮らしてらっしゃる。わかってはいても、ホテルから外出した時のギャップがすごい!  あ、そうか。ここは現代の京都市だったっけ。で、私はイベントを観に来たんだったな。おまけに、明日には帰らなくちゃいけないんだ。いつも、ちょっと残念だなと思います。

宿泊費には、そのホテルでの体験に対する代価も含まれているというのなら、ここ以上に印象深い体験ができるカプセルホテルは他にありません(独断)。だって、ロッカーのカギはQRコードが印刷されたカードで、靴箱のカギとともに自分で管理しなくちゃいけないんですよ! 幸いにして私はどっちのカギも紛失したことはありませんが。QRコードのカギはまた印刷してもらえそうですが、靴箱のカギは物理キーなので紛失したら弁償でしょうね。フロントに預けさせてくれないんですよ。この点だけは不満ですが仕方ないですね。あと、ナインアワーズ京都には2階に女性専用ラウンジがあることもあまり知られていないのではないでしょうか。ナインアワーズ京都の2階はエレベーターが止まらない幻の階ですからね。ナインアワーズ京都の場合、2階へのアクセスは階段のみ。しかも2階は1階から続く吹き抜けなので、2階ラウンジから物を落とすと1階を歩いている人に当たるかもしれません。この点はご注意ください。

ナインアワーズ京都のプランには、スターバックスの¥1000プリペイドカードがつくプランや、デイユースプランなどがあります。日帰りする場合はデイユースプランが便利。デイユースプランとは、要するに仮眠のプランです。13時~21時の間しか使えず宿泊は不可ですが、1時間刻みでベッド・シャワーなどを利用できます。ネットで予約しておけば当日にフロントで予約するよりも使用料が10%割引されます。ベッド・シャワー・トイレ・洗面台・歯ブラシ・スリッパつきのロッカーを確保して、心おきなく観光しましょう。イベント開場まで時間があるなら仮眠すればいいし、 夏場には着替えを持ってきてシャワー後に着替えるとスッキリしていい気分ですよ。 所在地と詳しいプランは、本文中のリンクからどうぞ。京都へ一人旅の際には、ぜひ、ご利用ください。

 

以上、近未来的カプセルホテル ナインアワーズ京都 の紹介でした。

 

※本記事は、2019年9月23日に加筆・修正し、2018年6月14日に改題しました。