小鳥のようなペーパーナイフ、+dの『バーディー』がかわいい。

今回、ご紹介するのは、小鳥のような形のペーパーナイフ、

「バーディー」。英語表記は「birdie」です。

birdieとは、小児語で「小鳥さん」という意味なのだとか。

それでは、我が家の小鳥さんたちをご覧ください。

 

f:id:Mee6:20170603224229j:plain

 

はい、異例の横長画像でお送りしております!

我が家にいるのはこの五羽です。

蛍光色を除いたカラーバリエーションは

七色あるのですが、手元にあるのは五色だけ。

 

みなさんお気づきのように、黒だけが開封されていますね。

実はこの子だけ、出会った場所と、ウチに来た時期がちがいます。

 

それではまず、この黒い子がウチに来た経緯をお話します。

と言いましても、そんなに複雑ではありません。

 

実を言うと、そもそもこの「バーディー」という商品を知った

きっかけを思い出せないのです。なので、この子がウチに来た

時期も思い出せません。

 

どうやら、お話できるのは買った場所についてだけのようです。

ええと、買った場所はですね、そうそう!

思い出しました、ビームス 阿倍野店です!

 

ビームス 阿倍野店は「あべのHoop」という

ショッピングセンターに入っています。

 

実はこの 「あべのHoop」のB1Fには

スープストックトーキョーという、スープ専門店が

入っていまして、そこで食事したあとで

1Fのビームス 阿倍野店によったのです。

 

雑誌かなにかで見たことのあった「バーディー」。

おしゃれ雑貨が置かれているビームスならあるいは。

そう思って立ち寄ったところ、発見!

 

2、3色は置かれていた気がするのですが、

とにかく自分は黒をチョイス。

店員さんが、すごく小さな取っ手付き紙袋に

入れてくれたのが印象的でした。

 

それで、いそいそとお持ち帰りしたわけです。

それからは、とにかく封書を開けるのに使いました。

役所からのお知らせも、ケータイ会社からのお知らせも、

黒い小鳥ちゃんで開けていたのです。

 

それがどうでしょう!

使い続けるうちに小鳥ちゃんはなんと、

刃こぼれしてしまったのです!

 

道具としては使いにくいし、見た目にはケガをしたようでかわいそう。

それ以来、出番はありませんでした。お休みさせていたのです。 

 

しかし。道具としては、使われないほうがかわいそうでは?

このまま、ペン立ての肥にしていていいものか。

よく見ると、心なしかさみしそうです。

 

最近になってようやく、私は思いました。

「そうだ、お友だちを増やそう」。

交代で使ってあげれば、刃こぼれしないのでは。

お友だちというより後輩でしょうか。

 

思い立ったが吉日。さっそく「+d*1」のブランドサイトに

アクセスし、大阪府下の取扱店を確認しました。

そこで東急ハンズ心斎橋店を選び、電話で取り置きを頼んだのです。

「黒以外の色を全部、一個ずつ、取り置きお願いします」。

 

こうして我が家に、

グレー・ホワイト・ブルー・レッド

の四羽がやってきました。黒くんにとっては

かわいい後輩たちのはず。

 

黒くん、どうか、刃こぼれに劣等感を持って家出しないでね。

君たちは鳥なのに飛べないけど、その点も

気にしちゃダメだよ!

 

以上、小鳥のようなペーパーナイフ、+dのバーディー の紹介でした。

 

※6月11日、改題。

 

 

 

 

 

*1:h concep / アッシュコンセプトという会社のもの。15周年を迎えた、デザイナーのメッセージを世界に届けるブランド