ロマンというほどでもない

日常以上、ロマン未満のモノを紹介するブログ。たまに私見も書きます。

『借りぐらしのアリエッティ』のサントラに癒される。

目次

 

今回、ご紹介するのは、ジブリの劇場版アニメ『借りぐらしのアリエッティ』の

サウンド・トラック。

劇場で観たのは今作が初めてだったので、個人的に印象に残っている作品です。

 

一応、『借りぐらしのアリエッティ』について確認しました。

監督は、米林宏昌さんです。

 

映画『借りぐらしのアリエッティ』公式サイト より

 

ストーリー

とある郊外に荒れた庭のある広大な古い屋敷があった。

その床下で、もうすぐ14歳になる小人の少女・アリエッティは、
父ポッドと母ホミリーと3人でひっそりと静かに暮らしていた。

アリエッティ一家は、屋敷の床上に住むふたりの老婦人、
女主人の貞子とお手伝いのハルに気づかれないように、
少しずつ、石けんやクッキーやお砂糖、電気やガスなど、
自分たちの暮らしに必要なモノを、必要な分だけ借りて来て暮らしていた。

借りぐらしの小人たち。

そんなある夏の日、その屋敷に、
病気療養のために12歳の少年・翔がやって来た。


人間に見られてはいけない。見られたからには、引っ越さないといけない。
それが床下の小人たちの掟だったが、アリエッティは翔に姿を見られてしまう。

「おまえは、家族を危険にさらしているんだぞ」
アリエッティは、父に反発する。
「人間がみんなそんなに危険だとは思わないわ」

アリエッティは、生来の好奇心と向こう見ずな性格も手伝って、
次第に翔に近づいて行く。
アリエッティの家族に大きな事件が迫っていた。

ーーー人間と小人、どちらが滅びゆく種族なのか!? 

 

 サウンド・トラックの基本情報

主題歌 - 映画『借りぐらしのアリエッティ』公式サイト より

 

■ TKCA-73537/主題歌「Arrietty's Song」他、
ボーカル曲3曲ボーナストラック2曲を含む
全22曲/¥2,500(税込)
2010年7月14日(水)発売予定
■ 発売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ

 

 オススメの理由など

さて、これでやっと基本情報をおさえましたので、

感想などを書いていこうと思います。

 

実は今、改めて聴きながらこの記事を書いているのですが、

どの曲もステキとしか言えません。美しい!

 

あいにくと歌詞カードを紛失しており、楽器の編成などが確認できません。

スタッフのみなさま、申し訳ありませんっ。

「こんな曲、作中で流れてたんだー」という、失礼な感想です。

 

基本的に映画音楽って、いい意味で記憶に残りません。

お話や映像のジャマをしないように作られるからでしょうか。

 サントラを買い、各曲のタイトルを見て、

「ああ、あのシーンの曲か」なんて思います。

 

そんな私が数年ぶりに聴いて思うのは、

「映画の内容を知らなくても、いい曲はいい」ということ。

 

特に歌詞のない曲(iTunesではインストと表示)は、

作品自体を知らなくても楽しめます。

弦楽器が印象的な曲が多いです。

 

もちろん、セシル・コルベルさんの歌声も美しい!

すでにCDをお持ちの方は、また聴いてみてください。

癒されます。

 

以上、『借りぐらしのアリエッティ』のサントラ の紹介でした。