お酒じゃないけど家飲みしたい、アップルサイダー。

今週のお題「家飲み」

 

目次

 

今回、ご紹介するのは、ノンアルコール飲料 アップルサイダー。

家飲みはなにもお酒に限ったものではないのでは。

 

「外で出される飲料を、自分で調達して家で飲むこと」

と定義すれば、ソフトドリンクでも問題ないはず!

 

気に入ったから家でも飲みたい。アマゾンで探してみよう。

あ、あった! よし、ポチッとな。

 

f:id:Mee6:20170610153652j:plain

 

ということで、通販したものの現物画像です。

左がラベルをはがした空きビン。花瓶によさそう。

右がラベルがついた未開封品。ロゴマークがステキです。

  

実は四本パックのものを注文したので、ウチにはあと二本

あるのですが、まずは出会いからですよね。

 

アップルサイダーとの出会い 

最近、近所に一軒のカフェがオープンしました。

友人と一緒に行ってみたんですが、コーヒーが自慢らしい

そのカフェで、私の目にとまったのは、見慣れぬメニューでした。

 

そう、そこには「アップルサイダー」と書いてあったのです。

はい? アップルジュースじゃなくて?

こんなメニュー、よそでは見たことがありません。

 

実は二度目の来店で、ようやくアップルサイダーの

存在に気がつきました。注文するなら今日でしょう。

よし、これを試してみようじゃないか!

 

で、テーブルに運ばれてきました。こんな感じで。

 

f:id:Mee6:20170610155608j:plain

 

へえ、ビンごと来るんだ! 珍しいな。

と思って撮っておいたものが今、役に立っています。

 

飲んでみての感想。余計なものの風味がしない。

 いやあ、果汁100%なだけありますね!

月並みな表現ですが、余計なものの風味がしません。

まさに、炭酸が入ったリンゴジュースです。

リンゴ果汁の味がします。

 

リンゴジュースに炭酸水を入れても薄まってしまうので、

再現するのは難しそうです。

 

珍しいのとおいしいのと量が少ないのがあいまって、

すぐに1ビン飲んでしまいました。

甘すぎなくて飲みやすい。炭酸もひかえめです。

 

せっかく家で飲むので、四本頼んだのをいいことに、

常温でも飲んでみましたが、ぬるいとおいしくない。

まずくはないんですが、やっぱり冷やしたほうがおいしいです。

 

この製品について。商品名は「アップルタイザー」。

商品名は「アップルタイザー」です。

公式サイトによると、中身は

「果汁100%のプレミアム スパークリングジュース」とのこと。

 

ウィキペディアによるとアップルサイダーとは

リンゴを原料に作る無濾過・無加糖・ノンアルコール飲料の、アメリカ合衆国およびカナダの一部での呼び名である。

 

つまり、中身の一般名称が「アップルサイダー」で、

「アップルタイザー」は商品名だ、ということですね。

 

この「アップルタイザー」、実は輸入品です。

原産国はアフリカ共和国で、

輸入者はリードオフジャパン株式会社です。

 

原材料名には、「りんご、炭酸」としか

書かれていません。潔いですね!

得体の知れないものが入っていません。

 

しかも注意書きには、

「本品は砂糖・保存料を使用しておりません」とあります。

道理で原材料に記載がないわけだ。

 

ビンの容量は275mlです。缶飲料より少ない。

飲みすぎは防がれます(物理)。

ただし、カロリー表記はありません。

 

お客様相談室の連絡先が書かれているのは

うれしいんですが、カロリー表記もほしかったなあ。

スペースが足りなかったのかも。

 

おまけ

私がカフェで飲んだもの、通販したものは275mlですが、

調べたところ、750ml入りもあるようです。

 

しかし、炭酸飲料ですので、一人で飲むにはむいていないでしょう。

やはり、275ml入りのビンをいくつか買って、

そのつど、開封しながら飲むのがオススメです。

 

以上、珍しくておいしいノンアルコール飲料、アップルサイダー の

紹介でした。

 

※6月11日、加筆・修整・改題しました。