ウチで紅茶をパン粉ケースで保存してみた。安上がりかつ省スペースでいいよ。

お題「やってみてよかったこと」

 

目次

 

はい、今回はお題にお答えする記事です。

やってみてよかったこと。ティーバッグを買って、家で紅茶をいれること。

夏に入ってからアイスティー用に、ウチで紅茶をいれています。

 

お鍋にお湯をわかして、お湯がわいたらティーバッグを入れて放置。

数分後、ティーバッグをお鍋から取り出して、

お鍋から紅茶をパン粉ケースに移します。

以下、画像です。

 

f:id:Mee6:20170701194644j:plain

 

左が新品、百均のミーツで売られているパン粉ケース。

右が使用例。注ぎ口のあたりが茶渋で汚れがちですが、

この部分は分解できるので意外と洗いやすい。

 

ちなみに、このケースの容量は1.5リットル。

高さは約14.5センチですが、

見た目のわりにたくさん入ります。

 

それでは、なぜウチで紅茶をいれようと思ったのか、

お話ししますね。

 

なぜ私はウチで紅茶をいれようと思ったのか?

はい、特に直接の原因はありません。

色々と積み重なった結果でしょう。

以下、思いつく限り書いてみます。

 

・夏になると、とりあえず冷蔵庫の機能で氷をつくるが、そうめんにしか使わない。

 このせいで、いつも氷が余っている。

・近所のスーパーでは、ティーバッグ100個入りが売られている。割安っぽい。

・そういえば、カフェとかで飲むお茶は割高のような気がする。

 

以上のこともあり、夏だけウチで紅茶をいれて飲もうかな、と考えていましたが、

これを実行しないまま、何度か夏をやりすごしてきました。

しかし、去年(2016年)の夏はさすがに暑すぎた。

 

ウチのベランダにある鉢植えのハイビスカスが、一夏で30輪も咲いた。

もうダメだ。

アラサーで体力、いや生命力が落ち目な私は、室内でヘタレておりました。

 

とにかく暑かったので、麦茶の消費速度がハンパじゃなかった。

去年の私は考えました。このままではいけない、と。

 

麦茶は食事の時に飲むもの、つまり共有物です。

私が一人で飲みすぎてはいけない。しかし、何も考えずにいると

事あるごとに飲んでしまいます。

 

一人だけで存分に飲めるものがほしい。

しかし、2リットル入りのペットボトル飲料は、重いから買いたくない。

軽くて長持ちする飲料はないものか。

あ、あるじゃないか!

 

ついに、前々からの構想を実行に移す時が来た!

今年こそはティーバッグを買い、ウチでアイスティーを飲み放題にするのだ!

お気に入りのグラスが活躍すること間違いなし!

よし、さっそく実行だ!

 

意気揚々とティーバッグを買ってきたのですが。

ここで思わぬ問題にブチ当たります。

あれ、容器はどうしよう? それに、冷蔵庫内にスペースはあるのか?

 

私はいかにしてこの問題を解決したか

去年の私は、どうやってこの二点を解決したのか思い出してみます。

ええと、たしか、PYREX(パイレックス)のティーポットを使った気が。

 

そう、ウチにはなぜかPYREXのガラス製ティーポットがありまして、

ティーカップ5杯分は保存できるので、これを使っていたのです。

これで容器の問題は解決しました。

 

次の問題は、冷蔵庫内のスペースです。

こちらは、普段あまり使わない、最上段に置くことで解決。

こうして去年の私は、冷蔵庫にアイスティーを常備することに成功し、

なんとか夏を生きのびたのです。

 

しかし、少しだけ不満がありました。

ティーカップ5杯分、という容量は意外と少なく、

一日で飲みきってしまうことも。

これでは、翌朝の分が足りません。朝食時に飲みたいのに。

 

それに、ティーポットは丸くて、底面積が広く、

おまけに持ち手がついている。

正直な話、場所とりです。なんとかしたい。

 

そこでひらめいた今年の私。

「そうだ、ティーポットを使うのをやめよう」。

新しい容器を探しに、近所の百均(ミーツ)へ行きました。

そこでみつけたのが、パン粉ケースです。

 

なにこれ便利! 注ぎ口がついてる!

おまけに楕円形で、底面積も少なそう。

これいいじゃん。これ、買ってかえろ。

 

かくして、我が家に来たパン粉ケース。

本人もビックリの役割に就任。重宝しています。

 

まとめ

容器ごとオススメなのですが、近所にミーツがない方もいらっしゃるでしょう。

では、身のまわりに、転用できそうな容器はありませんか?

容器の名称に捕らわれず、純粋に形と機能を見てみましょう。

意外とみつかるかもしれませんよ。

 

家で紅茶をいれること自体もオススメです。お茶代が浮きます。

水筒に入れて持ち出すことだってできるのです。

一人でカフェなどに行くことは減ります。

 

買った紅茶を水筒に入れても、虚しい。

自分でいれた紅茶だからこそ、愛着もわくのです。

水筒の中身が麦茶じゃないだけで、一夏中、オシャレな気分!

これはいいですよ。

 

以上、「ウチで紅茶をパン粉ケースで保存してみた」をお送りしました。