駅でみかけた女性がかっこよかったので、女らしさについて考えてみた。

目次

 

今回は私見を述べる記事です。

 

この間、梅田からの帰りにウチの最寄り駅の、

エスカレーターを降りて改札までの通路を歩いていてみかけた

女性の後ろ姿がとてもかっこよかった!

 

この女性はその日、

髪型:茶色のベリーショート

ボトムス:縦じまで薄手のパンツ

クツ:赤いパンプス(ヒール高め)

という格好をしていらしたのです。

 

この女性があまりにもかっこよかったので、

柄にもなく「女性らしさ」について考えてしまいました。

 

女性の格好にはルールがある気がする

女性の場合、「一目で女だとわかるような格好をすべし」という

暗黙のルールがある気がしませんか?

「最低でもどこか一点は、女である印をつけておくべし」、みたいな。

冒頭にあげた女性の場合、このルールを足元に適用し、

パンプスをはいていたわけですね。

 

髪型がベリーショート→ロングヘアが嫌い→女らしくするのが嫌い

だと勝手に思っていたので、

髪型がベリーショート&足元がパンプス という組み合わせが

考えつかず、実際に見ると非常に新鮮でした。

こういう格好はがモデルさんしかしないと思ってました。

 

私の場合、髪は染めていませんが、一応、セミロングです。

これだって、「ロン毛は基本的に女の髪型」という暗黙の了解が

あるから、「女の印」としてこの髪型にしているのかも。

 

私の普段の服装はカジュアルを通り越してボーイッシュであることが多く、

おまけに胸が小さい。さすがにヒゲはないし声は低くないので、

おじさんには間違われようがないですが、下手をすると少年には見えるかも。

 

こんな格好をしているからには、どこか一点ぐらい、「女の印」を

つけておかねば紛らわしい。せめて髪型ぐらいは女らしく、なんて。

 

こんな思考が無意識に働いて、私のファッションができあがっているのでは。

 

「女である印」をつける利点

私個人は、「女らしさ」という規範があること自体には反対しません。

「女らしさ」というルールの存在は、むしろ便利だと思っています。

 

たとえば、他人から警戒されにくいので道を尋ねやすい、とか。

平日の昼間っから単独行動していても、職務質問はまずされない、とか。

 

これはあくまで私の主観ですが、とにかく、

「女である印」をつけて行動していると、そっとしておいてもらいやすい。

基本的にほっといてほしい人間には、これが非常にありがたい。

 

まとめ。「〇〇らしさ」に囚われないこと。

まあ、この「最低でもどこか一点は、女である印をつけておくべし」

というルールを認識したうえで

無視するのか、利用するのか、ファッションにするのかは、

個人の自由です。

 

冒頭の女性の場合は、このルールをファッションにして、

髪型とクツにわざとギャップを出すことで、本人と周囲を楽しませている

のではないでしょうか。

 

暗黙のうちにある「女らしさ」というルールを楽しんでいそう。

さらには、自分の人生も丸ごと楽しんでいそう。

これが、私がこの女性を見た印象でした。

 

実は「〇〇らしさ」に関係なく、

「本人がすごく気に入っている格好」をしていれば、

生きいきとして楽しそうに見える、ということかも。

 

みなさんも、「〇〇らしさ」に捕らわれず、

むしろ「利用してやる!」ぐらいの気概で、ファッションを楽しみましょう!

 

以上、 駅でみかけた女性がかっこよかった件をお送りしました。