自分の好みを自覚できれば、お気に入りに出会いやすいかも。

お題「はてなブログをはじめて良かったこと」

 

目次

 

今回は、お題に答えつつ私見を述べる記事です。

 

自分の好みって意外と、自覚できていないもの。

例えば、このブログで紹介してきたアイテムの共通点は何か、とか。

 

「なんでこれを買ったの?」って訊かれたら、以前は答えられませんでしたが、

はてなブログで70記事ほど書いた今なら答えられます。

これが私の、「はてなブログをはじめて良かったこと」。

 

私は、「実用性をなくさない程度に、遊び心があるもの」が好き

であることが自覚できました。以下、例をあげてみます。

 

例1、ロレッタ・デビルのブラックシャンプー

f:id:Mee6:20170716170828j:plain

このボトルのデザインはおもしろいですが、

ボトルラックにさすのは簡単です。べつにつっかえることはない。

 

私はボトルラックにさしにくい形状のシャンプーボトルが嫌いです。

ハ〇ーチェとか。こんな感じのやつ(以下、手描き画像。ポンプ部省略)。

 

f:id:Mee6:20170805212215p:plain

この形と、上の画像の黒いボトルを比べてみれば、

どちらがよりラックにさしやすいかは一目瞭然です。

 

これは私が実際に買って使った例ですが、この他にも

ドラッグストアで凝った形のボトルを見ると、

「これ、すごくラックにさしにくそう」 と思ってしまいます。

 

凝り過ぎた形のものは作り手の自己満足に見えて、

使う人のことを考えていなさそうだから嫌いなのです。

 

私はハ〇ーチェの一件にこりて、凝った形のボトルに入ったシャンプーは

買わなくなりました。容器からして使う人のことを考えていないのですから、

中身の成分なんて、なおさらじゃないかと。

 

その点、上記のブラックシャンプーのデザインには好感が持てます。

このシャンプーボトルにあるのは適度な遊び心なのであって、

奇をてらった、過度な装飾ではありません。

中身の成分にも期待できそうです。

 

シャンプーは見た目で選んでもいいと思います。

私は男性用のシャンプーの、シンプルなボトルが好きです。

夏場は清涼感がほしいこともあり、男性用シャンプーを使うこともあります。

実用的なボトルに入ったシャンプーの成分は実用的なんじゃないかと。

 

例2、ノーティ・マグカップ スマイル シリーズ

外側の底面にスマイルが描いてあるマグカップ。

これもちょっとおもしろいですが、

本体はフツウの形のマグカップです。

詳しくは過去記事をどうぞ。

 

mee6.hatenablog.jp より。

 

実用性はまったく損なわずに、遊び心だけをプラス。

これぞ理想のマグカップだと思います。

 

このマグカップだけではなく、

動物のイラストが本体に描かれていて、

取っ手がその動物のしっぽになっているやつも好き。

このタイプはまだ持っていないので、いつかほしいです。

これも、実用性と遊び心がうまく同居している好例だと思います。

 

例3、サエラのビニール傘

 ビニール傘では傘骨が丸見えになることを利用し、

「見せる傘骨」として傘骨をカラフルにした商品があります。

この傘にも過去記事がありますので、詳しくはこちらを。

 

mee6.hatenablog.jp より。

 

これだってべつに、傘骨に色をつけたぐらいでは、さしにくくなりません。

それどころかこの傘の場合、持ち手の形を変えて、さしやすくしています。

以下、画像です。

 

f:id:Mee6:20170629160907j:plain

白く囲んであるところがロゴマークです。

 

この持ち手に至っては、遊び心が実用性を向上させています。

損なっていないどころではありません。

 

まとめ。自分の持ち物には共通点がある。

上にあげた例のように、一見しただけでは共通点がないものも、

同一人物の持ち物である場合は共通点があります。

あなたの持ち物にも、よく見ればきっと、無自覚な共通点があるのです。

 

その共通点(自分の好み)が自覚できれば、

自分の基準に合わないものを、

流行その他、いらない情報に流されて買うことはなくなります。

 

つまり、自分の好みを自覚すれば、お金や時間や労力が節約できる。

そうなれば、お気に入りのものに出会いやすくなるかも。

 

お気に入りのものばかりのお部屋で暮らすためにも、

一度、自問してみましょう。

「私はなぜ、これを選んだんだろう」と。

 

以上、「はてなブログをはじめて良かったこと」と、

それに関する私見をお送りしました。