『少女系きのこ図鑑』は、かわいいけど意外と実用的です。

目次

 

今回、ご紹介するのは、イラストによるかわいい図鑑、『少女系きのこ図鑑』。

背表紙には「菌類イラスト集」と書かれていますが、

イラスト以外の情報もあり、意外とちゃんと図鑑してる(失礼)。

全107種が紹介されています。発行元は DU BOOKS です。

以下、リンクを兼ねた表紙画像。

 

 

本書を買った経緯

本書のイラストレーターは 玉木えみ さん。

私がこの人を知ったきっかけは、なんとグラニフのTシャツです。

過去にコラボTシャツが売られていました。

発行元のサイトで確認したところ、2014年でした。

Tシャツは買っていませんが、イラストはかわいかった。

 

その時に使われていたイラストが、この本のイラストだったのです。

この柄をTシャツで着たいとは思わないけど、

原作の本はほしいなあ。コンセプトがおもしろい。

かわいいキノコ図鑑なんて!

 

ということで、グラニフの店頭でTシャツをスルーして

アマゾンで本書を通販する運びになりました。

どっちにしろ、イラストレーターさんには報酬が入るんじゃないかな。

 

本書の、意外と図鑑している点

 本書には、図鑑で書かれているお約束、学名と分類はもちろんのこと、

・食用か否か

・毒性はあるか

・発生する時期と場所

・大まかなサイズ

が書かれていて、実用性もあります。

 

発生する時期と場所が書かれているのは、キノコ図鑑ならでは。

キノコは菌類の生殖器官なので、普通の植物とちがって、普段は見られない。

 

花には開花時期があって、見られる時期が限られているのと同じ。

花だって草木の生殖器官ですもんね。

花の図鑑に開花時期が載っているように、

キノコ図鑑には発生時期が載っているわけです。

  

博物画*1がある場合はそちらも掲載されており、外見の詳細もわかります。

イラストだとどうしても、

・デフォルメ(強調)

・省略

・その他、描き手の主観

が混ざってしまうためでしょう。

 

その他、実用性+アルファ 

本書のメインは書名の通り、少女系イラスト!

掲載されているキノコはすべて少女の姿で擬人化されています。

擬人化前のキノコの上に、擬人化後の少女がちょこん、と座ったイラストも。

これはかわいい!

 

キノコの傘は、その形状からスカートを連想させます。

なのでこのイラスト集では、キノコの傘のスカートをはいているコが多い。

安直といえば安直ですが、擬人化だということがわかりやすい。

 

植物寄生菌類なんていう、写真で見たらグロテスクであろうキノコも、

擬人化イラスト で見るとかわいい。

同じく、セミタケ・ヤンマタケ・サナギタケといった、

あまり写真では見たくない寄生系キノコも、

イラストならばグロテスクさが大幅に減じるので平気です。

 

図鑑類は写真が気持ち悪いから、動物・鳥類図鑑しか見ない、

なんて方にオススメしたい。イラストっていいですよ。

本書のイラストはおそらく水彩画。

淡い色彩が美しく、ほんわかした絵柄で癒されます。

 

おわりに、注意点

本書はあくまでもイラストによる図鑑ですので、

野山で実際にキノコ探しをしたい方は、写真つきの図鑑を買って

持って行きましょう。

 

さすがに、本書だけでキノコをみつけるのは難しいと思います。

本書のことは、かわいいキノコの入門書だと思っておきましょう。

実用性は低めです。 

 

以上。意外と図鑑している、かわいいイラストのキノコ図鑑、

『少女系きのこ図鑑』の紹介でした。

 

※本記事は、9月29日に改題しました。

 

*1:図鑑などに添えられる、記録を目的とした写実的な絵。