『ザ・カタカナ語ディクショナリー』は、言葉の分類が主観的でおもしろい辞書です。

目次

今回、ご紹介するのは、簡易辞典『ザ・カタカナ語ディクショナリー』。

著者はササキマサタカさんで、小学館から出ています。

以下、リンクを兼ねた画像です。

  

イラストはカズモトトモミさんが担当。

 本文中にも同じイラストが使われています。

 

『ザ・カタカナ語ディクショナリー』って、どんな本?

たった3秒でカタカナ語がわかる本

イマドキカタカナゴヲ1,800ゴイジョウシュウロク

ペアで解説しているからわかりやすい

 以上、本書の帯より。

 これがこの本のコンセプトです。

 

しかし、カタカナ語ってどう分類するの?

この本、目次はどうなっているのでしょうか。

単語の成り立ちとか、そんな専門的に分類されてもわかりにくいですよね。

 

ご心配なく! そんな専門的には分類されてません。

 

007  ラテオレ語 latte-aulait GO

   似通った意味を持つカタカナ語にフォーカス!

 

111 ギャバジャバ語 gaba-java GO

   同じような響きのカタカナ語をチェック!

 

169 ジャムチュル語 jam-ture GO

   時代とともに変わりゆくカタカナ語をフォロー!

 

244  サクイン index

   全収録語を五十音順・アルファベット順に!

 以上、本書の目次より。

 

私がこの目次を読んだ第一印象。「なんだこの分類のテキトーさは!」

素人には優しくてうれしいですが、著者の主観的分類じゃない?

この分類のテキトーさから、私は本書を「簡易辞典」と呼んでいます。

 

それでは、目次を勝手に補足説明しちゃいましょう。

 

ラテオレ語:カフェラテ・カフェオレより。微妙にちがうけど似ている語を解説。

ギャバジャバ語:ギャバ・ジャバより。使われる分野はちがうのに、語感だけが似て                               いる語を解説。

ジャムチュル語:ジャム・コンフィチュールより。ほぼ同じものを指しているけれ                                  ど、呼び方が変わりつつあるものを解説。

サクイン:索引のカタカナ表記。学術書の巻末によくついているヤツ。

 

以上、本書の概容でした。本文の具体的内容は、実物を読んでのお楽しみです。

 

本書の効能

さて。ここまでで、本書の概容をつかんでもらったところで。

この本の効能をお話ししたいと思います。

 

カタカナは、漢字とちがって表音文字表意文字ではありません。

漢字のように、見ただけでだいたいの意味がわかるような

便利な文字じゃないんですよね。

 

そんなカタカナで書かれた語は、見ただけでは意味がわかない単語ばかりです。

その単語の意味を想像するとっかかりがありません。

 

今、みなさんが「ジャム」とか「ペン」とかいうカタカナ語を見て、

すぐに意味がわかる、実物を想像できるのは、

幼少期にがんばって意味を覚えたからですよね。

 

カタカナ語は外来語に多く使われるので、

時代とともにカタカナ語も増えていくし、せっかく覚えたカタカナ語

時代遅れになって通じなくなることだってあるかもしれません。

 

でも、膨大なカタカナ語を自分で覚えておくのは大変。

そこで、このテの本を一冊、手元に置いておきます。

わからない語が出てきたらメモしておいて、

あとでこっそり、辞書を引けばいいのです!

 

本文はイラストつきで楽しいので、

辞書として使うだけでなく、ヒマをみて一度、通読するのをオススメします。

読み終わるころには、以前より物知りになっていることでしょう。

知ったかぶりでその場しのぎをすることが減る、はず!

 

以上、言葉の分類が主観的でおもしろい辞書、

『ザ・カタカナ語ディクショナリー』の紹介でした。