シルク・ドゥ・ソレイユ公演DVD『クーザ』のオチがちょっと悲しかった。

目次

 

今回、ご紹介するのは、サーカス団シルク・ドゥ・ソレイユ

公演DVD(日本版)、『クーザ』。

アルファベット表記は「KOOZA」。

以下、リンクを兼ねた画像です。

  

パッケージに映っているのは、

トリックスターの一面、「混沌」さん。色合いがバッチリ!

 

シルク・ドゥ・ソレイユの画期的なところは、

公演ごとに世界観(物語)があることなのかも。

 

本作も、ただ単に演技を見せられるのではなく、

幕間をつなぐシーンがあり、

ちょっとした演劇を観ている気分になります。

 

それでは以下、あらすじを。

 

あらすじ(ネタバレ注意!)

主人公は幼いクラウン(ピエロ)。名前は「イノセント」。

モノクロの世界で一人、ツギハギの凧で遊んでいると、

郵便屋が大きな荷物を置いていった。

 

イノセントが、配達された荷物の大きさにとまどっていると、

中身の箱が、勝手に開いた。その箱はビックリ箱だったのだ!

その中から現れたのは、「トリックスター」。

 

トリックスターは「クーザ」という世界の住民。

杖を振ってイノセントの衣装の色を変えたうえに、

不思議な人々を呼びだした。

 

トリックスターは時に姿を変えながら、

クーザの世界の住民をイノセントに引き会わせていく。

 

途中、トリックスターから杖を借りてゴキゲンなイノセントだったが、

そのせいでガイコツたちから追われることに。

彼らの主人「死神」もまた、トリックスターの一面。

もしかしたら、主人の杖を取り戻すつもりだろうか。

  

しかし、気がつけばガイコツの鎌は奪われ、

いつのまにかイノセントがガイコツたちを追っていた。

 

ついにトリックスターに再会し、杖を返したイノセント。

王冠と新たな凧を受け取るも、

クーザの世界はトリックスターの微笑みとともに閉じて、

再びモノクロの世界に一人で残された。

 

観た感想。オチは悲しいけど、また会える?

物語のオチがちょっと悲しかった。

てっきり、イノセントくんクーザの世界の住民になるのだと

思っていたのに。あのままトリックスターさんと

親子みたいに暮らしてほしかったなあ。

   

クーザ」は情熱的で、恋多き世界らしい。

トリックスターの一面、赤い髪と衣装の「混沌」さんは、

空中ブランコ乗りの女性とワケありのようだし、

二人で一台の一輪車をこぐカップルもいるし。

おまけに、トリックスターの別面、「死神」は

色男で、歌姫から注目されている。

 

この世界はまだ、お子様には少し早いらしい。

そう考えると、また荷物が届くのかもしれない。

 

クーザの世界から荷物が届いているので、もしかしたら

イノセントくんは、ずっと彼らに見守られていて、

いつか、大人になった時に、クーザの世界に迎えられるのかも。

そう思うと楽しいですね。

 

意外だったのは、イノセントくんも少しだけアクロバットをすること。

ああ、そういえば、イノセントを演じてるのは小柄なアクトさんだ。

よく考えればできて当然なのですけども、世界観にのまれていると、

つい、イノセントくんを「迷い込んだ子ども」だと思ってしまう。

これも、ちょっとしたマジックですね!

 

マジックといえば、途中で観客を一人選んでステージに呼び、

マジックに協力してもらう、という幕間劇も。

イスに座らされた女性が、泥棒クラウンと入れ替わってしまうのですが、

なんと、あとでまたステージに登場します。

こっそり客席に戻ってたんじゃないんだ! 

これ、仕込みじゃないならすごいな!

 

他に印象的だった演技は、綱渡りです。

二人の男性が一本の綱に乗って、馬跳びをするのですが、

着地ならぬ着綱でバランスを崩して落ちかけました。

これはちょっとヒヤッとしましたが、DVDに収録されてよかったと思います。

おかげで、みなさん、本当は危ないことをしてるんだって、思い出せました。

こんな危ない演技が何度も観られるなんて、DVDはありがたいですね!

 

他の演目、「ホイール・オブ・デス」は「彼方からの物語」のほう、

シーソーはコルテオのほうが好きですが、

似た演目でも見あきることはありません。いつ観てもすごい!

 

以上、シルク・ドゥ・ソレイユ公演DVD

クーザ』のオチがちょっと悲しかった件をお送りしました。