ボーカロイドのアルバム『Vocalospace』(2014)は当時、豪華版を買いました。不便だけど見ごたえがある画集。

目次

 

このブログに音楽ってカテゴリをつくったのはいいんだけど、

記事数が少ない。でもCDはあんまりに持ってない。

そんな自分が人さまにオススメできるCDってなんだ。

あ、そういえば珍しく予約までして買ったアルバムがあったな。

 

ということで、今回、ご紹介するのは、

「EXIT TUNES」から2014年に出た

ボーカロイドアルバム『Vocalospace』の、豪華版のほうです。

 

ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、豪華版と書いた通り、

このアルバムには豪華版・通常版の2バージョンがあります。

ジャケットイラスト自体はどちらも同じようですが、

豪華版のケースは画集と一体になっています。

 

つまり、豪華版はCD+画集という構成なわけです。

以下、リンクを兼ねた画像。

 

こちらが通常版のジャケットイラスト。

  

こちらが豪華版。表紙が縦長なので、

ミクちゃんのつま先まで見られます。

基本的にイラストは全身バージョンが好きです。

キャラクターの配置もちがっていて、

こちらのほうが見えているキャラが多いのも好感度高し。

 

それでは以下、通常版と収録曲がちがうわけでもないのに、

でかくて場所取りな豪華版をわざわざ買ったわけをお話します。

 

いや、それ以前にこのアルバムを買う(予約する)と決めた

理由からお話しするべきですよね。 

 

このアルバムを買うと決めた理由

直接の理由は、聴きたい新曲(当時)があったから。

3曲目の「EveR ∞ LastinG ∞ NighT」です。

ひとしずく×やま△ さんの新曲! しかもシリーズの完結編!

 

ひとしずく×やま△さんの曲「 NighT」シリーズは

この「EveR ∞ LastinG ∞ NighT」で完結するらしいのです!

4曲で完結ってちょっとキリが悪い気がするけど、

とにかくこれは買おう。情報を得てすぐに予約しました。

 

実はこのアルバムで初めて聴いた曲も多く、

あまりボーカロイドの曲を聴かないことがいい方向に働いて、

結果オーライでした。

 

備考

ひとしずく×やま△さんの曲「 NighT」シリーズは全4曲。

古い順に

1、Bad ∞ End ∞ Night

2、Crazy ∞ nighT

3、Twilight ∞ nighT

4、EveR ∞ LastinG ∞ NighT 

 

有名なシリーズだと思いますが、聴いたことない方は

この機にどうぞ。PVがステキです。

 

このシリーズは、マンガ、小説版が出ているようですが、

私はマンガだけ読んで小説版は読んでいません。

両方とも読んでいなくても楽しめます。

公式設定を知りたくない、独自の解釈を楽しみたい方は、

楽曲を聴くだけにしておいたほうがいいかも。

 

問題の画集なんですが。見ごたえあります。

次に、問題の画集ですね。

予約受付当時は、この画集のせいでお値段が

通常版+¥2000になっていました。

 

これ、イラストのせいっていうより製本のせいじゃない?

(手元の現物を見ながら)

印刷のクオリティは画集としては普通だし。

お値段の原因は、画集にCDケースを兼ねさせようとして、

ハードカバーにしたせいじゃないかなと。

まあ、CDケースとして考えれば、ソフトカバーより安心ではある。

 

しかし、この親切心がアダになり、

「表紙が固くて開きにくい」「そもそも、なぜ一体型なのか」という

内容のレビューがアマゾンで書かれることに。

 

うん。気持ちはわかる。サイズ的には本棚で保管することになりますが、

あまり高い段に入れておくと、落とした時にCDが割れそうで恐い。

かといって、CD用の棚には入らないし。不便なんですよね。

 

でも、豪華版を買ってよかったです。

私はこの画集目当てに豪華版を買いました。いいですよこの画集!

意外と見ごたえあります。

 

てっきりCDのジャケットイラスト(集合絵)だけが収録されてるのかと

思いきや、各ジャケットイラストの、キャラ単体の絵も収録されていた!

こちらもまた結果オーライ。

 

集合絵だと、キャラが重なっている部分がよく見えません。

せっかくの、凝った衣装の細部がよくわからない。

これはもったいない、といつも思っていました。

それが、この画集なら細部も眺め放題! すばらしい!

 

おわりに。「EXIT TUNES」のCDを買ってない人むけ。

すでに持っているCDのジャケットイラストを見せられるだけなのに、

こんな保存が不便なものを買えっていうのはヒドイかも。

 

ですから、この豪華版は普段、「EXIT TUNES」のCDを買ってない人むけ。

私の場合、ボーカロイドに限らず音楽は

配信(iTunes)又はレンタル派で、CDはめったに買わない。

 

「EXIT TUNES」のCDも買っていません。普段は

ほしい曲が入っているアルバムだけをレンタルしています。

  

ジャケットイラストだけなら配信でもあるし、

有名な曲の歌詞はネットで調べられるので、

歌詞カードのためにCDを買う気にはなりません。

しかし、この『Vocalospace』は例外です。 

 

本作は、久しぶりにCDも買ってみよう、

と思わせてくれたアルバムでした。

こういうふうに、物理的な存在感があってこそ、

モノを買う価値があるのではないでしょうか。

 

以上。ボーカロイドのアルバム『Vocalospace』は豪華版を買った件、を

お送りしました。