メモを書くならやはり、コピー用紙よりもメモパッドなのか。

今回は私見を述べる記事です。

 

目次

 

みなさんはホテルなどで、机があるお部屋に泊まったことはありますか?

その机の上には何がありましたか?

 

ホテルなどの机の上にあるものといえば、

ルームサービスなどを頼む時に使う、内線用の電話。

その脇にメモパッドが置かれていることも。

 

この他に、リモコン類が置かれていることもありますが、

今回、お話ししたいのはメモパッドについてです。

 

もしかして、ウチにもメモパッドを導入したほうがいいのかな?

ウチのデスクにも常駐させておくべきか、今、悩んでいるのです。 

 

ウチのメモ取り環境 

まずはウチのメモ取り環境を説明しましょう。

ウチのパソコン用デスクでは、

筆記具をペン立てに、メモ紙を紙の箱に入れて、置いてあります。

ペン立てを使うと、引き出しからペンを取りださなくても、さっと書けて便利です。

ウチでは、雑誌の定期購読で思いがけずもらったペン立てがいい仕事をしています。

 

では、メモ紙はどうでしょうか?

ウチにはプリンターもあるので、時々、ミスプリントが出ます。

古紙回収の日まで貯めるのはアホくさいけど、

自己責任で出たミスプリントを可燃ごみにするのもどうなのか。

捨てるのはもったいないし、裏面は白いので、

適当に切ってメモ紙にしているのです。

 

でも、これだと書きにくいことに気がつきました。

元はコピー用紙なので、表面のインクの乗りやすさは考えられていますが、

裏面だとそこまで考えられていないのでは。

おまけに、人間が文字を直接手書きすることなどは想定外でしょう。

書きやすいわけがありません。

 

メモ帳って明らかに書きやすい!

次に、メモパッド導入を考えた理由をお話ししましょう。

それは、メモ帳は明らかに書きやすいと気がついたからです。

 

私はネットで集めた情報を、まずはメモ紙に書いておき、

あとで持ち出し用に、内容を整理しながらメモ帳へ書きなおします。

この時、たまたま同じペンを使ったことがありました。

 

この時まで、メモ紙が書きにくいとは思っていなかったのですが、

同じペンを使うと、その差は歴然でした。

メモ帳ではペン先がひっかかることもなく、スルスル書ける!

 

ペンは同じもの。つまり、書きにくさの犯人は紙のほうだ!

ということが判明しました。

 

ちなみにこの時使ったペンは、百均で買った「ジェットストリーム」。

メモ帳は一番くじの景品(ポケモンの)でした。

どちらにしろ高級品ではないので、紙とペンの相性とかいう

次元の話ではなく、もっと根本的な差のような気がします。

 

メモパッドは見かけだけじゃない。実用性もある。

ホテルの客室に置かれているメモパッドは、

お客様に提供するサービスの一部なので、

まちがってもコピー用紙の裏なんて使えません。

 

ですが、それは外見の美しさと管理のしやすさが理由で、

書き心地がいいからではないと思っていました。

 

でも、メモ帳を使ってみたら書きやすかった。

やっぱり、そのために作られた紙は書き心地がちがう!

ホテルの客室にあるメモパッドは、実用性もあったのです。

 

まとめ。でも、メモパッドって有料じゃん? 

しかし、それがわかったからってウチにも

メモパッドを導入する必要はあるのか?

 

コピー用紙の裏面を使えばタダだぜ?

メモ帳とかメモパッドはもちろん有料だぜ?

生活必需品じゃない消耗品に、お金を払うわけ?

 

うーん、悩みどころです。

とりあえず、手元にあるメモ帳と便せん類は大事に使おう。

 

結論。我が家では当分このまま、コピー用紙の裏面を使います。

メモパッドには憧れてるんですけどね。

 

以上、我が家のメモパッド導入問題をお送りしました。