IVRのボディミスト「ジャスミン&ピンクペッパー」。スパイシーなのがいい。

お題「好きな香り、匂い」

 

目次

 

今回、ご紹介するのは、IVRのボディミスト「ジャスミン&ピンクペッパー」。

以下、リンクを兼ねた画像です。

 

 

このお題をチョイスしといてなんなんですけど、

香りって文章じゃ魅力を伝えにくいと思うんですよね。

結局のところ香水類って、現物を試さないと

気に入るかどうかわからない。

だから、この記事は参考までに読んでほしいのですよ。

 

IVRのボディミストってどんな商品?

IVRというブランドはイタリア産。

このボディミスト、実はイタリア産。

ブランド名のIVRは「INSTANT VISIBLE RESULT」の頭文字。

グーグルの翻訳では「即時表示結果」と出ました。

意訳すると「すぐに現れる効果」でしょうか。

香水類のブランドとは思えない、洒落っ気のない名前です。

 

ブランド公式サイト(日本版)を見ると、

商品ラインナップはこのボディミストシリーズとハンドクリームのみ。

高価な香水をつくる気がないから、凝ったブランド名はいらないのですね。

洒落っ気のないブランド名に納得しました。

 

IVRのボディミストシリーズ

現在のラインナップは、小ボトル(75ミリリットル)が14種類。

って、マジですか! え、買った時に店頭にそんなにあったかな。

 

ちなみに大ボトル(150ミリリットル)は5種類しかありません。

小ボトルのなかでも人気が高いものを選んであるようです。

自分のお気に入りが大ボトルになっていなかったら悲しい。

私のお気に入り「ジャスミン&ピンクペッパー」は幸い、

大ボトルに採用されています。

 

気に入った方は大ボトルで買ってもいいかもしれませんが、

私は一夏かけても小ボトルが使い切れませんでした。

よくワキにふきつけてたんですけどねえ。

大ボトルを買うかどうかは、香水の使用頻度によります。

あまり香水を使わない方は小ボトルで十分でしょう。

 

ジャスミン&ピンクペッパー」ってどんな香り?

目次からここまでジャンプしている人が多いとみた!

順に読んでくださった方は、お待たせしました。ここが本題です。

 

主観を述べる前に、まずは公式の情報から。

この「ジャスミン&ピンクペッパー」は以下、

 

トップノート:ペアー、ラズベリー、レモン

ミドルノート:ローズ、ジャスミン、オレンジフラワー

ベースノート:ホワイトシダー、パチョリ、バニラ、ムスク、ピンクペッパー

となっています。

 

香りの「ノート」とは揮発する速度のことらしいです。

トップ→ミドル→ベースの順に揮発していきます。

 

ふきつけると最初に香ってくるのがトップノートで、

買うかどうかの判断基準になるものですが、

持続時間は20分前後らしいです。

トップノートが気に入っても長続きしないのは悲しいですね。

 

商品名のジャスミンはミドルノートに入っています。

ミドルノートの持続時間は四時間ほどだとか。

ピンクペッパーはベースノートに使われているので、一番長く残ります。

ベースノートの持続時間は六時間以上のようです。

 

ここからが、私の感想です。

今、手につけて改めてかいでみたんですけど、ぶっちゃけ

素人の鼻ではジャスミンとムスクぐらいしかわからないです。

ただ、ふきつけた瞬間はツーンとするので、苦手な方は要注意!

 

華の香りならジャスミン派の方にはオススメです。

ワキ臭を抑え込んでくれるぐらいスパイシー!

汗臭いところに甘い香りが混ざると地獄ですが、

この香りならうまく上書きしてくれます。

 

おわりに。最初のが一番って、本当だよね。

友人から最初にオススメされたのがこの香りでした。

他にもあるから試してみなよ、と誘われてドラッグストアに行きましたが、

やっぱりこの香りが一番好きでした。

 

みなさん。自分の直感は意外とあてになります。

特に、ぜいたく品なら。香水のように実用性ではなく

すききらいで選ぶものは、だいたい最初に選んだやつが

一番、気に入ります。

 

一番、気に入ったやつだけを買え。

一番が選べないなら買うな、が私のモットーです。

みなさんも、ご自身の直感を信じてあげてください。

 

以上、IVRのボディミスト「ジャスミン&ピンクペッパー」を

ご紹介しました。