道満晴明さんのマンガ『ヴォイニッチホテル』。登場人物がみんな楽しげ。

目次

 

今回、ご紹介するのは、道満晴明(どうまん せいまん)さんの

マンガ『ヴォイニッチホテル』。全3巻で、秋田書店から出ています。

以下、リンクを兼ねた画像です。

 

 

三巻一度にお見せしようと、三冊セットの画像を貼ったのですが、

ちょっと小さかったですね。

三冊セットの出品はマーケットプレイスのみ。

ちょっと残念です。

 

それでは以下、この作品を解説していきます。

 

あらすじ

舞台は、ホテル「ヴォイニッチ」。このホテルは

太平洋の南西に浮かぶ小国・ブレフスキュ島にある。

スペイン兵がこの島に侵攻してきた時、

三人の魔女、通称「三人の母」が

スペイン兵と戦ったという伝説が残っている。

 

歴史上、スペイン兵に敗北したことになっている

三人の魔女は姿を変え、いまだこの島で生きていた。

 

そんな島にあるホテルに来た主人公は、

アニキとともに組の金を持ち逃げした元・ヤクザ者の

クズキ・タイゾウ。

 

ホテルのメイドのエレナに惚れられて、

島でデートをしたりして過ごすうちに、組が雇った殺し屋が

島へやってくる。しかし、彼らは全員、タイゾウを殺すことに

失敗する。ある者は殺人鬼に、ある者はエレナに始末された。

 

メイド・エレナの正体は?

はたして、タイゾウは無事に島を出られるのか?

 

読んだ感想(ネタバレ注意)。主人公が活躍してない!

はい。ここまであらすじを書いといてなんですが、

ぶっちゃけ、主人公はそんなに活躍しない!

タイゾウさんの知らないところで事件が起き、

タイゾウさんが(ほとんど)知らない人が解決していきます。

 

タイゾウさんの役割は、

・新しい人物を登場させること

・エレナちゃんに行動の動機を与えること

ぐらいのものです。

 

タイゾウさんと子供たちの探偵団に焦点があたっています。

そのため、タイゾウさん、又は探偵団に関わる人たちが順に登場。

ヤクの売人・幽霊・刑事ロボット・悪魔など。

また、タイゾウさんが追われる身であるおかげで、

殺し屋たちが登場します。

 

エレナちゃんは実は魔女の生き残りなのでやたら強い。

殺し屋を始末し、悪魔を成敗し、組の連中を返り討ちにします。

圧倒的勝利! このエレナちゃんの活躍のおかげで、

物語の半分は進んでいきます。

 

物語のもう半分は、探偵団を軸にした殺人鬼「スナーク」探しです。

スナークは両手が義手の女性で、行きずりの男と寝ては

その男をバラバラにして殺すことをくりかえしています。

 

スナークの凶器は両手の義手。これは悪魔と契約して得たもので、

料理にも人殺しにも使える、便利アイテムです。

もちろんその代償は大きく、契約の期日が来ると、

幼い妹を遺して死んでしまいます。

こうしてスナーク事件は、表向きには犯人不明のまま終結

 

多少の死人は出ますが、一応、ハッピーエンドの作品です。

一番の見どころは、エレナちゃんが魔女であることが

タイゾウに伝わるのは、いつ・どんな形であるか、でしょう。

 

さすがにその点までネタバレするわけにもいかないので、

本編を読んでいただければ、と思います。

 

最後に。この物語ではけっこう死人が出るのに、

読んでいて気分が悪くなりませんでした。

 

それはなぜか。画風もあると思いますが、なにより

登場人物がみんな、それぞれの人生(悪魔生)を

楽しんでいるのが伝わってくるからでしょう。

 

たとえ死んでも、それは自分が選んだ生き様の結果です。

作中の死人たちは、自分を殺した相手を(ほとんど)恨みません。

各々の生き様がぶつかりあった結果、負けたほうが死んでいるだけ。

それが、読んでいて気分が悪くならない理由かと。

 

組の連中以外には、悪人らしい悪人は出てきません。

どの人物にも、好きになれるポイントがあると思います。

 

みなさんもこの、南の島の(人が死んだりする)

ハッピーエンドをご覧になりませんか?

 

以上、道満晴明さんのマンガ『ヴォイニッチホテル』の紹介でした。

 

 

 

 

追記:新刊『メランコリア』(上巻)に、エレナちゃんが登場している!

2018年3月に発売された新刊『メランコリア』(上巻)の第4話「入室禁ず」に、

エレナちゃんと後輩メイドのマルタちゃんという娘が登場しています。

これは『ヴォイニッチホテル』の後日譚らしい。

エレナちゃんはタイゾウさんといっしょにブレフスキュ島に住んでいるのか?

二人は結婚したのだろうか。二人のその後が気になります。