石鹸の洗剤SOMALIシリーズの、「衣料のリンス」を使ってみた。

目次

 

今回、ご紹介するのは、石鹸の洗剤SOMALIシリーズの「衣料のリンス」。

以下、買うまでのいきさつを。

 

なんでこれを買ったの?

先日、近所のショッピングセンターに久しぶりに行ったら、

テナントのクリーニング屋さんに異変が!

なんか、受付カウンターの横に物販コーナーができてた!

 

「クリーニング屋さんで何を売ってるんだ?」

興味津津で見て回った私。クリーニング屋さんが選んだ、こだわりの

洗剤とかいいんじゃない? プロのオススメってことだよね?

 

その日、特に気になったのは「衣料のリンス」ってヤツ。

なんだこれ? このジャンル自体、初めて見たんですけど。

いっぺん使ってみたい! 使うと仕上がりが変わるのかな?

 

その日はパンフレットだけもらって帰りました。

買って帰りたくても重そうだったし、徒歩で来てたし、また後日ってことで。

 

このシリーズ、もちろん衣料用洗剤もあります。

というか、メーカーの木村石鹸工業(株)は、

本品を同シリーズの洗剤と組み合わせて使う

ことを前提にしているのでしょう。

でも、洗剤にまでこだわると、経費がバカになりません。

年中使うものだし。

 

そこで私は、この「衣料のリンス」を秋冬だけ使うつもりで買いました。

秋になって水道の水温が下がると、洗剤が溶けにくくなって、すすぎが不安です。

でも、すすぎの回数は増やしたくない。水も電気も、もったいない。

 

そこでこの「衣料のリンス」を試してみることに。

 

「衣料のリンス」って、どんな製品? 

後日、通販したのがこちら(⇓)

f:id:Mee6:20171024150257j:plain

うーん。壁は白いわ、中身もパッケージも透明だわで

非情に見えにくいですね、すみません。

 

実物が手元に届いたので、背面のラベルを読んで使用法を確認。

全自動洗濯機の場合、

・柔軟剤の投入口に使用量の目安に従って本品を入れてください。

だそうです。柔軟剤の投入口に入れるんですね、気をつけます。

 

このシリーズ、成分面では「5つの不使用」を掲げており、

パンフレットによると

1、合成界面活性剤不使用

2、合成香料不使用

3、合成着色料不使用

4、防腐剤不使用

5、石油由来成分不使用

なんだそうです。敏感肌の人にはいいかも。

 

洗い上がり

さて、本品の合成洗剤との相性はいかに!?

ということで実際に使ってみたところ、

合成洗剤のにおいが薄れて、ほんのり衣料のリンスの香りに。

 

あ、これはいい!

部屋干し用の洗剤はにおいがキツイと思っていたので、

私にはちょうどいいです。

 

ちなみにこの商品、ボトル入りもあります。

しかし、私は詰め替え用だけを買い、

あえて百均の容器(⇓)に入れて使っています。

 

f:id:Mee6:20171026225019j:plain

 

こちら、ミーツで買った麦茶入れです。

アマゾンで見たら、ボトルのフタの評判が悪かったので。

この画像の容器はオススメです。パックから容器に移すのが楽!

 

乾いた服の使用感

乾いたらどんな感触になるんだろう。

ワクワクしながらさわってみました。

強いて言うなら、買った直後の感触、でしょうか。

でもこのTシャツ、そんなに着てないし気のせいかな?

 

うーん。乾いたTシャツを半日、着てみたけど

着心地は特に変わらないような。

 

結論。乾いた服の着心地は変わらないけど、

洗い上がりのにおいは抑えられる。

服の着心地よりも、洗い上がりに効果がある製品。

あとは、柔軟剤とちがって、服が柔らかくなりません。

 

においだけを抑えて、着心地を変えたくない方にはオススメ。

 

以上。「衣料のリンス」を使ってみた件をお届けしました。