スターバックスの『ミルクティープリン』を2個も食べてしまった話。

目次

 

今回、ご紹介するのは、スターバックスの『ミルクティープリン』!

久しぶりにスタバに行って、久しぶりにプリンを見たら、

まさかのミルクティー味を発見!

とても気に入ったので、二日間で2個、いだたきました!

 

ということで以下、ミルクティープリンのリポートをお送りします。

 

スターバックスの『ミルクティープリン』

外観

家で撮影した画像がこちら(⇓)。

f:id:Mee6:20171115143129j:plain

 

外側は紙のパッケージです。側面にミシン目が入っているので、

そこから開封して食べるようですが、家では好きなところから

ハサミで開ければいいかと。

 

ちなみにこのパッケージを上から見ると(⇓)

f:id:Mee6:20171115143502j:plain

 

こうなっています。ここにもミシン目が!

これに沿ってうまいことハートを分離させる(⇓)と、

f:id:Mee6:20171115143636j:plain

こうなります。一応、スタバでもらったフタにさして撮影。

クリスマスのオーナメントを兼ねているのかな?

 

食べてみた感想。やわらかくてほんのり苦い。

あんまり甘くないです。以前、抹茶味を食べた時も思いましたが、

スタバのプリンは意外と素材の味がします(失礼)。

鼻先に持ってきても香りはしませんが、

口に入れると紅茶の香りが広がります。

 

食感はやわらかく、口どけが良い !

いいプリンって、やわらかいんですねえ。

 

プリンなのでカラメルも入っているのですが、

個人的にはいらないです。カラメルをつけると苦くなり、

せっかくのミルクティー味が吹き飛ぶ!

最後に飲んでしまうのがいいかと。味のアクセントには

なっているんですけども。

 

家でよく見たら、ムースのような部分があり、2層になっていました。

これは、明るいところで見ないとわからない。

 

実は1個目は店頭で食べたので、ムースの存在に気づいていませんでした。

家で2個目を食べてよかった!

 

なぜこれを選び、食べることにしたのか。

私は紅茶味のものが好きだ、というようなことを、

こちら(⇓)の記事で書いたのです。

mee6.hatenablog.jp

 

以前、午後の紅茶味のクッキーや、ミルクティー味のチョコパイが

売られていた時期。喜んで買って食べていました。

基本、紅茶味のお菓子にハズレはないと思っています。

 

ですから、スタバの店頭でこのプリンをみつけた時、

私に迷いはありませんでした。おまけに、わずか207キロ・カロリー。

個人的には、300キロ・カロリー以下なら、間食の許容範囲です。

 

おわりに。公式からの情報など。

それでは最後に、公式からの情報なんかを。

以下、ミルクティープリン|スターバックス コーヒー ジャパンより

 

ケニア・アッサム・セイロンの3種類の茶葉を使用し、牛乳と生クリームで濃厚な味わいに仕上げました。底には紅茶とカラメルを合わせた紅茶ソースを敷いていて、最後まで紅茶の風味をお楽しみいただけます。

¥320
 
価格は本体価格(税抜価格)です。

 

実物は意外と小さく、量の割に値段は高いかな?

でも、おいしくて満足度は高いので、私は割高だとは感じませんでした。

 

以上、スタバの『ミルクティープリン』を2個も食べてしまった話を

お送りしました。