タンスから卒業したい件の中間報告

今週のお題「今年中にやっておきたいこと」

 

目次

 

今年中にやっておきたいこと。というより、済ましておきたいこと。

それは、タンスからの卒業。衣類をタンスに入れるのをやめたい。

タンスという収納法をやめたいのです。

ご安心を。代案ならあります。本棚にしまうのです!

 

私がタンスをやめようと思った理由

おまえは何を言ってるんだ。本棚は本をしまうものだろうが!

はい、おっしゃる通りです。でもね、それって先入観というか、

ただの偏見じゃないですか?

他の方のブログ、アメブロの『ナコとムスメらあとダンナ』で、

「もう洗濯物は畳まない」という記事が前後編でありまして。

この記事へのリンクを貼りたいところですが、

なにぶん個人さんのブログですので、無断なのは悪いでしょう。

そこで、私のipad miniで撮ったスクリーンショット(⇓)を貼っておきます。

f:id:Mee6:20171225203055p:plain

 

この記事には、タンスを使っていると家族が着たい服を探してほじくりかえし、

部屋を散らかすので、下着以外はハンガーにかけてつり下げて収納している、

というようなことが書かれていました。

つまり、下着以外は全部、コートみたいに収納している家が実際にあるのです。

 

実は私も、タンスって面倒だと思っていました。収納するのにも、

着たい服を探すのにも、いちいち引き出しを開け閉めしないといけない。

 

そんな私は、この記事を読んでひらめきました。

「私も、タンスを使うのをやめよう」と。

私の衣類を引っ越しさせれば、タンスが空くので、

家人がタンスを使うことができます。

私は引き出しを開け閉めしないでよくなるし、

二人とも衣替えをしなくてもよくなります。一石三鳥なり!

 

実は我が家には本棚が複数あります。しかも、よく見れば

空いている段もあり、すきすきなのです。

ひとつの本棚に本とモノを集合させれば、ひとつの棚が空きそう。

だったら、そこに衣類を収納したらどうだろうか。

こうすればいい意味で丸見えだから、目的の服がどこにあるか

一目瞭然じゃないか! コート以外は、本棚にしまっちゃえ!

 

いや、それだとお客様からも丸見えでは? と心配してくださる方も

いらっしゃるかもですが、心配ご無用です。

使う予定の本棚は、カーテンで仕切られたスペースにあるので、

お客様からは見えないのです。急な来客があっても問題ありません。

 

もう記事にしちゃったことだし、

衣類がしまわれている本棚ってフォトジェニックな気がするし、

これはもうやるしかないな! 大掃除も兼ねて決行し、

結果報告のついでに、写真撮影しよう!

 

必殺! 自分を追い詰めて、やらざるを得なくする攻撃!

よ、よーし。や、やるぞー。今回は、予告の記事なのだ(結果的に)。

 

書いたおかげで利点がはっきりしたし、覚悟もできました。

年内には実行してやろうじゃないですか!

ということで、結果報告は十日ほどお待ちください。

 

以上。年内にタンスから卒業しておきたい件をお送りしました。

 

追記:中間報告

なんとか今シーズンの衣類+下着類を本棚にしまうことに成功しました!

以下、証拠画像です。

f:id:Mee6:20171225203811j:plain

 

どうだ! 私だって、やればできる子なんですよ!

もうちょっと近づいてみましょう。

f:id:Mee6:20171225203912j:plain

はい。奥にむかって近づいてみました。

右上の段なんて、まだ棚板がつけられそうですね。

改善の余地ありです。下の段にある白い箱に、

下着類が入っています。あとは夏服を入れれば完了です。

 

ここまでの所要時間は、約12時間です。

え!? なんでわずか三畳ほどの空間を片づけるのに

そんなにかかるんだ!? 我ながら驚きです。

一日の作業時間は三時間ほどなので、ここまでで四日かかっています。

 

私は、自分が貯め込んだモノの量をナメていました。

すでに、衣類と雑貨と空き箱類の合計で、ゴミが七袋ほど出ています。

 

私がもし一人暮らしだったら今頃、汚部屋に住んでいたでしょう。

片づけが苦手なみなさんは、モノを買いすぎないように注意!

あと、年に一度は荷物を整理したほうがいいよ!

じゃないと、私みたいになっちゃいますからね!

 

以上。タンスから卒業したい件の中間報告をお送りしました。

この記事の続きはこちら(⇓)

mee6.hatenablog.jp