PHP新書より『ロボットは涙を流すか』。人間とロボットのちがいを考える。

目次

 

今回、ご紹介するのは、PHP新書の『ロボットは涙を流すか』。

PHP研究所から、2010年に出ています。

著者は「ジェミノイド」で有名な工学博士、石黒 浩氏。

以下、リンクを兼ねた画像です。

 

 

本書の目次

本書は、

第1章 ロボットは予言する

第2章 アンドロイドになりたい

第3章 「不気味の谷」を越えて

第4章 ロボットの森へ

第5章 人とアンドロイドの間

第6章 ロボットの生きる道

第7章 人とロボットが出会う街角

以上、全7章からなっています。

 

章の数が多いですが、本文は189ページとコンパクト。

さすがは新書! 意外と薄くて、これといった専門用語もなく

素人むけで、読みやすい文章で助かる。

ひとつの章につき一作ぐらい、SF作品*1が登場します。

 

著者が目指しているロボット像

ここに書く解説は、本書の目次とは順不同なのでご注意ください。

 

本書では、「人間とは何か」を考えながら、

それを元に著者が目指すロボット像が書かれています。

 

著者が目指していることの一つは、自分がつくったロボットが

フィクションに登場するような「ロボットの墓場」に

捨てられないようにすること。なんの儀式もなく捨てることに

抵抗感を持たれるようなロボットをつくることです。

 

そのためにはどうしたらいいのか。まずは「不気味の谷」を越える

人間らしい外見を持つこと。次に、ロボットに対面した人間に

このロボットには「こころ」がある、と感じてもらえること。

 

では、どうしたらロボットにも「こころ」があると思ってもらえるのか。

著者は以下のように考えています。

 

社会性のループに入る

    ⇓

社会の一員として認められる

    ⇓

メンバーならば「こころ」を持っているとみなされる

 

「こころ」があると認められるかどうかは、社会の一員になれるかどうかだ。

こう考えてしまえば、あとはそのための手段を考えるだけです。

著者はそのためにロボットが「社会性のループ」に入ることを目指しています。

 

本書によれば「社会性のループ」とは、

話の内容が伴わない、人々の間をゆるくつないでいるコミュニケーションの輪

のようなもの、だそうです。

 

これに参加するのに必要なのは、長くて複雑な話ができることではなく、

うなずいたり、微笑んだりできることなのではないでしょうか。

本書では看護師さんアンドロイドの例があげられています。

診察室にいて、患者さんの話に同調できるタイミングでうんうんと

うなずいたり、ぱっと微笑んだりしてくれるのだとか。

 

著者はメンバーになってしまうのが先で、

メンバーだと認められれば「こころ」を持っていることになると結論しました。

 

もし「人間とは何か?」をこのような社会的な面から定義するならば、ロボットが人間社会の一員になる日も決して遠くはないだろう。

以上、同書 P137 第五章 人とアンドロイドのあいだ より。

 

人間とは何でないか

著者は「人間とは何か」を考えながらも、同時に

「人間とは何でないか」という問いの答えを探っています。

様々な行動を機械に置き換えていって、この問いを突きつめ、

最後に残ったものが人間らしさの正体、なのかも。

 

私たちが「これこそが人間だ」と考えるもの、「人間らしい」ものとして行っていることのうち、新たに実現できる振る舞いをロボットに実装していく。これを人々が実際にどう認知するのか実証実験で追いかけていく。

 以上、同書 P29 第一章 ロボットは予言する より

 

つまり、技術者の目線で「人間らしさとは何か」を考えている。

人間らしさを定義するのは難しいから、外堀から埋めていって

最後に残ったのが人間らしさなのではないか、と考えられているのでしょう。

 

読んだ感想

本文は189ページとコンパクトな新書のはずなのに、

いざ解説してみたら長文気味になりました。

 

技術者の目線で考えられた「人間とは何か」論は、わかりやすい。

哲学的な「人間とは何か」論にうんざりしていたり、

そもそも理解できない、と思っている方にオススメの本です。

 

人間らしさに確かな核などなく、消去法で残ったものが、

真の人間らしさなのではないか。人間がしていることリストを

塗りつぶしていき、最後に残るのが人間の正体なのだろうという発想は、

怖いけどおもしろいです。

 

以上。PHP新書より『ロボットは涙を流すか』をご紹介しました。