ロマンというほどでもない

日常以上、ロマン未満のモノを紹介するブログ。たまに私見も書きます。

リッスンハートビートの猫Tシャツ。もう着れないのにとってある服。

目次

 

今回、ご紹介するのは、リッスンハートビート(LISTEN HEARTBEART)の

猫(フロッキー加工)Tシャツです。

以前の記事でタンスを卒業するついでにワードローブを整理したことを

お話ししたんですけども、その時に捨てられなかった服です。

何年来、ろくに着ないのに持ち続けています。もはや、服というより記念品。

 

1、合皮ポケットつき。ヘッドホン猫Tシャツ。

f:id:Mee6:20180117225651j:plain

当時、一目ぼれして買った服。あまり気に入ったので、

予備に同じ色のヤツをもう一枚買いました。

色違いもありましたが、私はこの色(白)一択でした!

アラサーの今はとても外出着にはできず、かといって

部屋着にするには伸縮性のない生地で窮屈な一着。

現在ではタンス、いや、棚の肥やしと化しているのですが、

デザインが好きすぎて捨てられない。もう買えないとなると余計に。

 

これを買った当時(何年前だっけ?)はティーン向け服屋さん

(ザ・キタノ・ショップとか)の店頭でけっこうみかけたんですけど、

今はどうなんだろ。流通してなかったらすいません。一応、

ザ・キタノ・ショップ店舗リストのページへのリンクを貼っておきます。

 

THE KITANO SHOP * ザ キタノ ショップ

 

記事を書く前に少しネットで検索してみたのですが、メーカーサイトがみつからず

取り扱いのある実店舗がわかりませんでした。

アマゾンではカタログにはあるものの、再入荷のメドは立っていないそうです。

おいおい。アンタ、地球一の品ぞろえとか言ってなかったか?

まあ、元々ファッション関係は弱いみたいだから許すか。

 

2、シンプルな、ふりかえり猫Tシャツ。

f:id:Mee6:20180117231959j:plain

このブランドの猫が気に入ったので、他の猫柄も

おさえておこうと思い、ふりかえり猫も買っていました。

こちらにはヘッドホンのプリントと合皮ポケットがありません。

シンプルにふりかえっているだけですが、体があるだけいい。

この猫はこのブランドの持ちキャラらしく、このブランドの猫柄はみんな

この猫のようですが、なかには顔しかプリントされていないものも。

これはさすがに愛想がなさすぎます。体があるほうが珍しいし、

頭身がよくわかってカワイイと思います。

 

古着屋って意外とありがたい存在?

おしゃれに敏感な人は古着屋さんに行くといいますが、

私にはいまいちピンときていませんでした。

関係者の方には申し訳ないんですが、どうしても不衛生なイメージが。

古着を買ってまでおしゃれしたい人の気持ちがわかりませんでした。

 

でも、今回のことでちょっとわかったかも。

古着屋さんには古着屋さんの存在意義がある(当然)。

よく探せば、ただ古いだけではなく、生産中止になったレアな服が

買えるわけですよね。そう考えるとありがたい存在なわけで。

きっと今日も、玉石混合のなかからレアものを発掘している

おしゃれハンターさんたちがいらっしゃるのでしょう。

 

最後に。着ない服は捨てろと言っておいてなんなんですが、

捨てたら後悔しそうな服は捨てないでおきましょう(あたりまえ)。

2、3着ぐらいなら、着ない服を持っていたっていいじゃない。

〇年前の記念品だということにしておけば。

 

以上。もう着れないのに捨ててない服がある件をお送りしました。

2着とも大好きなんだよバカヤロー!