セブンイレブンのたまごサラダでオープンサンドをつくってみた。焼いた食パンと相性バツグン!

目次

 

今回、ご紹介するのは、セブンイレブンプライベートブランド

セブンプレミアムの「こだわりたまごのたまごサラダ」です。

 

パッケージの外見

以下、開封前の画像。

f:id:Mee6:20180131131629j:plain

1袋で221キロカロリーと、意外にハイカロリーです。

おまけに、サラダと言っておきながらパッケージ写真の

盛り付け例は、サンドイッチの具。

確かに、ポテトサラダみたいに単品で食べる人は少ないでしょうけど。

でも、でもさ。せっかくなんだから、メーカーからは

もっと他の使用例を紹介してほしかったよ。

 

オープンサンドにしてみた

できあがり図

まずは画像ですね!

f:id:Mee6:20180131132158j:plain

開封して盛り付けてみたの図。開封すると意外に量がある。

1袋で90グラムって書いてあったけど、90グラムって多い。

ウチにある食パンがたまたま4つ切りで分厚すぎて

普通のサンドイッチだと食べにくそうだったので

結果的にオープンサンドになりました。この状態は撮影用ではないのです。

撮影後、このまま食べました。

 

ちなみに、使用しているお皿は過去の一番くじの景品。

まどマギの柄です。よく見るとキュゥべえが描かれています。

私は朝食によくパンを食べるので、このお皿を愛用してます。

小さめのトーストならこのお皿一枚でOK。

一回¥900と高価なくじの景品ですが、長く使っているので

充分、もとをとっていると思います。

 

味(食べてみた感想)

中身が冷たいので、パンを焼いてみました。

固くて温かいパンに、冷たくてペースト状の具。

相性はバツグンです。食パンを消費するために

思いつきでつくったとは思えないおいしさ! 結果オーライ。

パッケージ写真に影響されて無難なものをつくってしまいましたが、

料理に必要なのは独創性じゃなくておいしさだと思っています。

 

今回使った食パンは工場生産品ではなく、一応、パン屋さんのもの。

といっても、イオンの一角に入っているお店ですが。

市販品ほどには塩辛くなくて、香ばしくておいしいです。

しかし、このたまごサラダを具にするのなら、市販品のほうがいいかも。

このたまごサラダには酸味料と調味料が入っていますが、

味はかなり生っぽい。卵くさい。塩辛いパンといっしょに食べたい。

生臭いのが苦手な人はコショウとかふりかけたほうがいい。

 

ちょっとした驚き

サラダと言っておきながらパッケージ写真の

盛り付け例はサンドイッチの具だったのも驚きでしたが、

さらに驚きなのは公式サイトには原材料名が書かれていないこと。

以下、たまごサラダ - セブン-イレブン~近くて便利~ より引用。

たまごやマヨネーズに、7プレミアムフレッシュこだわり新鮮たまごを使った、たまごサラダです。たまご本来の食感と風味がある仕立てです。

以上。これで全文なんです。あとは商品名と値段と販売地域だけ。

シンプルすぎます。こんな簡素な商品解説ページは初めて見ました。

味と原材料は、現物を食べて確かめろってか。

セブンイレブンさん、自社ブランドに自信ありすぎ。

 

以上。セブンイレブンのたまごサラダでオープンサンドをつくってみた件を

お送りしました。