ダッチベイビーというお菓子を初めて食べました。温かくてカワイイ。

目次

 

今回、ご紹介するのは、ダッチベイビーというお菓子。

温かい焼き菓子で、パンケーキの一種らしいです。

 

パンケーキカフェのショーウィンドウ(?)の片隅で、

大きなパンケーキたちのなかで肩身が狭そうに縮こまっている見本がありました。

なんだこれ。これだけ小さいし、なんかフライパンに乗っている。

商品名は「ダッチベイビー」? 見慣れないお菓子です。

初めて見るし、比較的安いし、いっぺん食べてみようと思ってオーダー。

 

私が食べたダッチベイビー

ということで、現物の画像を。

 

f:id:Mee6:20180214171955j:plain

これが、私が食べたダッチベイビー。乗せられているのは

上から順に、輪切りレモン・クロテッドクリーム・カスタードクリーム。

カスタードクリームはクロテッドクリームの下敷きになっていて、

見えていません。白いのは粉砂糖です。

 

私がこれを食べたのは、イオンのフードコートにあるカフェ。

直径は15センチほどだったでしょうか。提供するのに20分ほどかかると言われたので

おとなしく席で待っていると、小さなフライパンに乗ってきました。

このフライパンがカワイイ。ステーキの鉄板ほどには武骨じゃない。

鉄板で出てくるステーキと同様に、温かいままで食べられます。

寒い時にはうれしい。

 

生地は意外と薄くて、食べ応えはありません。

キツネ色になっている端っこはデニッシュパン的な食感です。

底のほうは黄色くてクレープ的でした。

 

量は控えめなので満腹感はなく、甘いので血糖値は上がる。

これで夕飯までもたせられるし、なおかつ夕飯を食べるだけのお腹の余裕は残る。

間食にぴったりのお菓子です。私にはカフェのパンケーキはボリュームがありすぎて、

一人でオヤツに食べる勇気はとてもありません。

 

ダッチベイビーとは?

ダッチ・ベイビー・パンケーキは卵、小麦粉、砂糖、牛乳から作られ、大抵はバニラやシナモンで風味付けされるが、果物や香味料を加えることもある。鋳鉄製(英語版)または金属製のパンで焼かれ、オーブンから出した直後に外される。一般的に搾りたてのレモン、バター、粉糖、果物のトッピング、シロップと共に供される。基本の生地は卵1個につき小麦粉1/3カップ、牛乳1/3カップである。

雑誌Sunsetによれば[3]、ダッチ・ベイビー・パンケーキは、Victor Mancaが所有するワシントン州シアトルの家族経営のレストランManca's Cafeで1900年代の前半に導入された[4]。これらのパンケーキはドイツのパンケーキ料理に由来するものの、「ダッチ・ベイビー」という名称はVictor Mancaの娘の一人によって命名されたと言われている。

 以上、ダッチ・ベイビー・パンケーキ - Wikipedia より

 

同ページには「朝食に出される」という一文もあります。

つまり、ダッチベイビーは

・アメリカ生まれ

・ドイツ由来のパンケーキの一種

・本場では朝食に出される

ということらしいです。

 

ダッチベイビーに興味を持たれた方は、

ご近所で食べられるカフェなどを探してみてください。

温かくてカワイイという点ではパンケーキと同じですが、

パンケーキよりは珍しいので、話のタネにはなるでしょう。

 

以上。ダッチベイビーというお菓子を初めて食べた件をお送りしました。