春におすすめ。気まぐれサクラ系食品特集、2018年版

目次

 

この記事では、私が飲み食いしたサクラ味のものを特集します。

 

例によって、

※入手難易度が低くても好みじゃないとレビューしません。

 また、食べた順に書くので記載順は発売順ではありません。

 なのでご注意ください。

それでは以下、食べた順にご紹介していきます。

上から順に、最近食べたもの。下にいくほど過去に食べたものです。

 

サクラ系食品

パイフェイス もちもち桜わらび餅パイ

f:id:Mee6:20180406174517j:plain

向かって右のパイが、もちもち桜わらび餅パイ。

イートインして撮影。お値段は一個¥345。

 

公式フェイスブック(⇓)によると、2月から登場していたようです。

ja-jp.facebook.com

 

中にはピンク色の桜クリームが入っていますが、そんなに桜味じゃない。

また、わらび餅はスーパーの市販品ほどプルプルしておらず、食感というほどの

食感はありませんでした。餅というより、透明なこし餡って感じ。サクラ味を

期待して食べるというより、常連さんが春限定メニューを食べる感じか。

パイ生地自体はおいしいですが、この皮の食感とバター風味のせいで、

中身の味が濃くないとバター風味に負けてしまうようです。

 

スイートサクラティー 桜花

f:id:Mee6:20180321140752j:plain

カルディで買ったスイートサクラティーシリーズの「桜花」。

カルディでは一個¥432でした。同シリーズの他の商品よりも割高。

 

桜の花の塩漬けを抽出して飲むという、豪華にして美しいお茶。

以下、ウチで撮った画像です。

f:id:Mee6:20180321140939j:plain

冷やしてデキャンタに入れてみたの図。これなら透明でよく見えるはず。

上から見るとこうなっています(⇓)

f:id:Mee6:20180321141047j:plain

どうよ! 美しくない? 外見は申し分なし。

問題は味ですが。塩漬けをお湯に入れて抽出するので、

できあがったお茶はちょっと塩辛い。苦手な人は苦手かも。

しかし、和菓子には合いそう。試してないけど。

自分で飲むお茶というよりも、お客さんに出して話題づくりにするお茶かと。

 

独特の味で飲みにくかったので、一部未開封で保存していました。

箱の中身(個包装)はこんな感じ(⇓)

f:id:Mee6:20180507131113j:plain

この中にサクラの塩漬けが入っています。

私は5月に入ってヒラメキました。これ、オニギリの具にしたらおいしいのでは?

 

そして、実際につくったオニギリがこちら(⇓)

f:id:Mee6:20180507131320j:plain

普通においしかったです。コンビニで売っててもおかしくないクオリティ。

私って天才かもしれない。麦飯と相性バツグンです!

お茶として飲むのが辛い方は、オニギリにしてみてはいかがでしょう。

白米でもおいしいかも。

 

ドトール 桜のパリパリチョコミルクレープ

f:id:Mee6:20180319125021j:plain

ドトールでテイクアウトを頼んだのは初めての気がする。

一個¥410。断面を見たい方は、公式サイト(⇓)の商品写真をどうぞ。

季節のおすすめ|メニュー|ドトールコーヒーショップ

 

てっぺんのピンクのソースと、中のチョコがサクラっぽい。

2層目の赤いジャムはたぶん、苺ジャム。どうせなら苺かサクラ、

どっちかに寄せてほしかった。サクラで統一するならジャム抜きとか。

サクラ好きよりもミルクレープ好きの方に、変わり種としておすすめ。

 

ハーゲンダッツ 華もち 桜あん

f:id:Mee6:20180304235011j:plain

ハーゲンダッツの新商品。一個235キロカロリー。

上のモチがおいしい。甘くてやわらか。

印象としては、雪見だいふくハーゲンダッツ版。

ベースのアイスはバニラかと思いきや、

公式サイトによるとミルク+桜の葉パウダーのアイスらしい。

残念ながら桜あんの味はほとんどわかりませんでしたが、

あんの味はサクラというより栗に近い気がしました。

 

もちとろ さくらみるく

f:id:Mee6:20180304133903j:plain

セブンイレブンのオリジナル商品。税込¥100、一個134キロカロリー。

クリームが甘いけど、ほんのりサクラ味。成分的にはサクラは入ってないけど。

洋酒入りなのでご注意を。表面に粉がふられているので、

素手ではなく楊枝などで食べるのがおすすめ。中も外もやわらかい。

午後のがっつりお茶会より、お昼のデザートに食べる感じ。意外と小さい。

 

プティエコルセ桜

f:id:Mee6:20180303164229j:plain

本高砂屋の2018年ホワイトデー好適商品、

S A K U R A B I T O(さくらびと)シリーズから。

イオンスクエアのホワイトデーコーナーでみつけました。

ショコラエコルセというお菓子の、桜味です。

桜葉パウダー入り。一個、税込¥378。

中身はこんな感じ(⇓)

f:id:Mee6:20180303164804j:plain

開封後は缶などに移してください、とのことだったので、

チョコが入っていた缶に入れてみました。さて。肝心の味は。

甘いけど、後味がサクラ。食感がサクサク。

小さくて食べやすいけど、意外に甘いので食べすぎない。

 

スイートサクラティー ほうじ茶

f:id:Mee6:20180302144616j:plain

カルディで買ったスイートサクラティー(ほうじ茶)。

日本緑茶センターのオリジナル商品です。カルディでは一個¥360でした。

ホット:アイスよりもサクラの香りがする。ほのかなサクラ味。基本はほうじ茶。

アイス:ほぼ、ほうじ茶。サクラの香りはほとんどしない。

結論:さくらのお茶とは言えない気がする。ほうじ茶好きにはいいかもしれない。 

 

さくらもこ

申し訳ありませんが、開封後の画像(⇓)です。

f:id:Mee6:20180301204349j:plain

うっかり開封前に撮影するのを忘れました。

値段は税込¥140、一個225キロカロリーです。

パッケージ写真では2層あるようにも見えますが、実際は1層しかありません。

公式サイト(⇓)の写真を見ると赤い部分はやはり空洞です。

セブン‐イレブンのすてきなスイーツの時間|セブン‐イレブン~近くて便利~

 

生地を噛んでいるとすっぱくなってきて、クリームの味がよくわからなくなります。

クリームは桜風味レアチーズとのことですが、レアチーズも桜もいまいちわかりませんでした。もっとも、成分的には桜は入っていないのでわからなくて当然なのかも。皮が薄くてクリームの量はたっぷりあるので、桜が入っていないのがよけいに残念です。カスタードクリームよりはあっさりしているので、カスタードのシュークリームが苦手な人にはおすすめですが、洋酒入りなので要注意。

 

桜と抹茶のロールケーキ

f:id:Mee6:20180224135915j:plain

ローソンのオリジナル商品。税込210円。カロリーは未確認です。すみません。

スポンジは一応、抹茶味。クリームは人工的なサクラ味。クリームとスポンジを一度に食べてはいけない気がする。相殺されて、両方の味がわからなくなる。ゼリーはクリームまみれで、単品の味がわからず残念。原材料表示によると、なぜか抹茶よりもインゲン豆が多い。このインゲン豆はどこに使われているのか。味なのか色素なのか。サクラのお菓子というよりは、抹茶のお菓子の変種だと思います。

 

無印良品の「桜バウム」と、カルディの「さくらバームクーヘン」

f:id:Mee6:20180221185826j:plain

上が無印良品の「桜バウム」。一個257キロカロリー、税込190円。

下がカルディの「さくらバームクーヘン」。一個340キロカロリー、税込237円。

 

それぞれの感想は、

桜バウム:桜ソース入り。少しパサついている。口に入れると即、サクラの香りがする。噛むまでもない。見かけ倒しかと思いきや、意外とサクラ味。

 

さくらバームクーヘン:粉砕サクラ入り。食感はしっとりしており、柔らかくておいしいが、集中しないとサクラ味がわからない。噛むとわずかにサクラ味。サクラ味を期待しているとがっかりする。純粋に焼き菓子としては桜バウムよりおいしいかも。

 

という感じです。サクラ味が強めがお好きなら無印良品の「桜バウム」がおすすめ。バウムクーヘン好きの方にはカルディの「さくらバームクーヘン」がおすすめ。

 

桜のクリームサンドクッキー

無印良品の「桜のクリームサンドクッキー」。

パッケージ&中身はこんな感じ(⇓)

 

f:id:Mee6:20180221113805j:plain

一個148キロカロリーで、税込120円。クッキーがサクサクでおいしい! 単品でも食べたい。意外とバター風味のクッキーだなと思いきや、使われているのはマーガリン。クリームは桜風味が強いので、初心者には不向きかも。トッピングは桜の塩漬け。この部分をかじるとしょっぱくて、いいアクセントになっています。洋酒入りなので要注意。このクリームサンドは全体的においしくて満足度が高く、リピートしたいところですが、一個売りで少しお高いのが残念。

 

桜のクッキー(無印良品

まずは、公式サイトよりパッケージ画像を。

f:id:Mee6:20180220232229j:plain

 次に、個包装の画像です。こちらは自分で撮影。

f:id:Mee6:20180220232011j:plain

一個34キロカロリー、一袋、税込250円。桜の花フレーク入りでも、桜味は控えめ。

ほんのり甘くてサクサクの食感。「北の卵のサブレ」と似た感じですが、バター臭くはなくあっさりとしていて、後味が桜風味です。クッキーの食感は好きでもバター臭いのは苦手という方と、桜味の初心者におすすめ。ちなみに、この商品で使われているのはバターではなくマーガリンです。道理でバター臭くないわけだ。安いしリピートしてもいいかも。コンビニでも売っているのか調べてみたい。

 

スイートサクラティー アールグレイティーバッグ

f:id:Mee6:20180218235916j:plain

カルディで買ったスイートサクラティー(アールグレイ)。

日本緑茶センターのオリジナル商品のはずですが、

なんと、メーカーサイト(⇓)に載っていません。どんだけ新商品やねん!

スイートサクラティー | 日本緑茶センター株式会社

 

おまけに、パッケージには英語とひらがなで商品名が書かれているのに、メーカーサイトにはカタカナで商品名が書かれているという、正式表記がいまいちわからないシリーズです。ラベルにはカタカナで書いてあるので、たぶんカタカナが正式なんでしょうが。それで、肝心の味なんですけども。

アイス:サクラの風味が弱まる。サクラ風味が初めてならアイスがおすすめ。

ホット:サクラが強め。アールグレイが弱め。紅茶だけど意外とサクラが合っている。

紅茶好きには物足りないかもですが、サクラのお茶を探しているのならおすすめです。ご近所にカルディがあるなら、ぜひお試しを。

 

スターバックス® さくらキャラメリーミルク WITH ミックスベリー

f:id:Mee6:20180219140234j:plain

パッケージの緑のドーム部分は取ったほうが飲みやすい。

果肉入りなので、よく振ってから飲みましょう!

一応、サクラ味。成分的には入ってないのでたぶん香料。キャラメルミルクとのことですが、キャラメルが苦手な私でも飲めました。入っている果肉はわずかなので、はっきりとした食感を期待するとがっかりします。果肉好きの方にはおすすめしません。ベリー果肉入りって書いて強調してあるけど、言うほど入ってない。136キロカロリーと、チルド系飲料の割には低カロリーです。レシートはうっかり捨ててしまいましたが、量の割りに値段が高かったような。この手の飲料って、割高な気がします。

 

番外編:サクラっぽいけどサクラじゃないドリンク

コメダ珈琲の「小豆小町 桜」

f:id:Mee6:20180221115337j:plain

右に写っているのがコメダ珈琲の「小豆小町 桜」。

小豆の砂糖煮がミルクティーの中に沈んでいます。

桜風味はしません。名前だけが桜。公式サイトには

¥480

小豆+ミルクティ。茶葉の旨みとまろやかさ

以上 コーヒー | 珈琲所コメダ珈琲店 より

 

と、こう書かれているのですが。正直な話、小豆の甘さで

茶葉の味がわかりませんでした。まあ、ミルクティーになってる時点で

望み薄なんですけども。

 

スパークリング日本酒 出羽桜 咲(さく)

f:id:Mee6:20180223150459j:plain

「出羽桜」はメーカー(蔵元)名。

商品名は「咲」。アルコール度数は9度。250ml。

フルーティな香りで、スパークリングには合っている。

しかし、スパークリングとフルーティさのせいで、何と合わせるのか悩む。

いったいどんな料理に合うんだこの酒は。B級の日本食か。

我が家では、トンカツとかき揚げだろうと結論しました。

 

みなさま、この時期の「桜」系食品は、原材料を確認してからお求めください。

 

※本記事は、2018年5月7日に加筆しました。