抹茶味の特集をするには遅いのでセブンイレブン縛りでお送りします。

目次

 

 春のスイーツといえば抹茶味も人気ですが、今年はサクラ味を特集しました。サクラ味のほうがマイナーで入手難易度が高いから紹介するべきだと思ったわけではなく、単に自分が春生まれだからです。私が生まれた日は桜が咲いていたらしいので、桜の花には愛着があります。

 あ、話が脱線しましたね。そうそう。抹茶味の特集をするにはちょっと遅いから、セブンイレブン縛りでお送りしようと思った、という話です。抹茶スイーツを買う場所をセブンイレブンに限定してお送りします。これなら、この記事を読んで後日、買いに行っても間に合うのではないでしょうか。

 ということで以下、セブンイレブンの今年の抹茶スイーツから、私が実際に食べたもののレビューをお送りします。

 

ふわっとろ宇治抹茶レアチーズわらびと、濃い宇治抹茶ロール

f:id:Mee6:20180503145832j:plain

上:ふわっとろ宇治抹茶レアチーズわらび

下:濃い宇治抹茶ロール

同日に買ってきて、別々の日に食べました。値段表記があるのはありがたい。

レシートを捨ててしまっても、公式サイトを見なくても値段がわかる。

 

ふわっとろ宇治抹茶レアチーズわらび

124キロカロリー。手づかみで食べるには少し大きい。抹茶とレアチーズを組み合わせる意味がわかりませんでしたが、アンコや抹茶クリームよりはおもしろい組み合わせだし、意外と合っていて、お菓子としてはおいしかったです。小腹が空いた時用かと。

 

濃い宇治抹茶ロール

235キロカロリー。スポンジがしっとりしていて、柔らかい。全体的にほろ苦くて、どの味がどれなのやら判別できなかった。抹茶ホイップは甘くない。食べ進めると口の中に抹茶の香りが広がってくる。食べ終わるころには、口の中が少し抹茶風味。

 

抹茶のミルクレープ 宇治抹茶

f:id:Mee6:20180505132946j:plain

なぜか公式の情報がみつらからなかった不思議な一品。

319キロカロリー。ちょっとわざとらしい、人工的な抹茶味。

一番下のプレーンスポンジと、一番上の焦がしたクレープ生地がおいしい。

抹茶好きの人よりも、ミルクレープ好きの人に変わり種としておすすめ。

 いつものミルクレープは食べ飽きたという方に。

 

抹茶チョコレートバー

f:id:Mee6:20180503150959j:plain

開封済みの画像で失礼します。うっかり撮影前に食べてしまいました。

レビューしたいものを寝起きに食べるなってことですね。みなさんもご注意を。

こちらはカロリー表記がありますが、値段表記はありませんね。

公式サイト(⇓)によると税込¥203です。

抹茶チョコレートバー - セブン-イレブン~近くて便利~

 

クランチがサクサクでおいしい! しかし、冷凍庫から出したてだと、いまいち抹茶味がわからない。意外と甘くない。一番味が濃いのはたぶん、外側の抹茶コーティング。アイスの抹茶味を楽しみたいなら、やはりハーゲンダッツか。

 

この商品はセブンイレブンと明治の共同開発品とのことですが、パッケージによると製造者は「林一二株式会社」のようです。知らない企業なので少し調べてみました。

 

抹茶チョコレートバーの製造者、林一二株式会社とは

 この会社のホームページによると、

会社名 林一二株式会社
創業 昭和5年9月
設立 昭和24年12月

長い歴史のある会社でした。 事業内容は、

会社目的 菓子及び冷菓の製造販売
     菓子・食品原材料及び食料品の販売
     合成樹脂製品の製造販売
     前各号に付帯する一切の業務

とのこと。以上、会社概要 | 林一二株式会社 より。 

 

自社ブランドには、「センタン」というアイスのブランドがあるようです。

あの、「あいすくりん」のメーカーなんですね! 久しく食べていませんが、

子どもの頃、あれが好きでした。この会社は、セブンイレブンのお仕事も

受けていたんですね。知りませんでした。

 

以上。セブンイレイブン縛りで抹茶味特集をしたら意外なことがわかった件をお送りしました。これでまた少し物知りに。