自分がイメージする程度におしゃれな店は意外と近所にもある。

目次

 

今回はたぶん、ご近所カフェ自慢になると思いますが、

家バレ防止のため、店名は書きません。あしからず。

 

アクアリウムが見られる飲食店に行ってみたい

実は前々から行って入ってみたいと思っているバーがあるのですが、

www.opefac.com

 

なにせバーですし、オープンは18時からです。

誰か、お酒が飲める人と二人以上でないと入る気にならないし、

一人で昼間っから入ることはできません。 

うーん。困った。心斎橋店はたまたま通りかかっただけなので、

他にアクアリウムが見られる飲食店があればいいのですが。

 ググッてみたところ、

beauty.biglobe.ne.jp

 

上のリンクのリストを発見しました。しかし、どこもバーか居酒屋みたいです。

もうちょっと気軽に、お酒抜き・女性一人で入れるお店があればいいのに。

 

クリームブリュレクレープが食べたい

 他にも行ってみたいお店があります。

hysteric-jam.com

 

上のリンクのクレープ屋さんにも行ってみたいのですが、さすがに

クレープのためだけに電車に乗って遠出する気にはなりません。

所在地が大阪城公園なので、梅田みたいにハシゴすることができないんですよね。

ここのクリームブリュレクレープも食べてみたいのですが。

 

一挙に解決してくれるカフェを近所でみつけた!

 行きたいところに行けなくてモンモンとした日々を送っていたのですが、今年になってご近所に新しいカフェができていたことを知りました。おまけにそのカフェはクレープがメインで、5月にアクアリウムを導入したというのです!

 なにこの巡り合わせ! これはもう行くしかないだろ! ということで、さっそく行ってクレープを食べてきました。以下、撮影した画像です。

 

f:id:Mee6:20180612162907j:plain

オープンサンドならぬ、オープンクレープ。

※本来はアイスクリームがトッピングされています。

 今回はカロリーカットのために、トッピングはお断りしました。

 

 これで一皿¥680。ヒステリックジャムよりも¥30高いですが、皿代だと思えば納得です。おまけに、わずか¥30の差額でソファに座って、熱帯魚の水槽を眺めながら落ち着いて食べられます。ヒステリックジャムよりもコストパフォーマンスがいいのでは。

 さて。肝心のお味ですが。カスタードクリームの上からカラメルがかけられているようです。それがバーナーでこがされているのでしょう。ほろ苦くてサクサクの食感で、カスタードクリームの中でアクセントになっていました。よく考えたら、巻かれているタイプよりもカラメルの面積が多くて、お得なのかも。

 オープンタイプのクレープは初めて食べたのですが、まずは折りたたんでしまい、端からフォークで食べていけばいいかと。まあ、中身が不定形なものだと食べにくいことに変わりないですが。

 アクアリウムはどうしたと。はい。熱帯魚ファンの方にはそっちのほうが気になるでしょうし、私の目的その2でもあるのですが。いかんせんブログにアップする許可はいただいていませんし、家バレ防止のため、内装の写真はアップしません。

 ということで。ここはひとつ、ウィキペディアからの引用でご容赦を。

 

f:id:Mee6:20180612164645j:plain

ベタ - Wikipedia より。

 

 もちろん、熱帯魚(グッピー?)の水槽もあったのですが。カウンターテーブルに、ビンがいくつか置いてありまして。その中に、一匹ずつベタが入れられていました。カウンター席なら一人でも座りやすいし、ビンなら水槽とちがって上から眺め放題です。これはうれしい!

 

まとめ。自分がイメージする程度におしゃれな店は意外と近所にもある。

 はい。まとめと言ってもそんなに書くことはなくて、記事タイトルのそのまんま。自分がイメージする程度におしゃれなお店は、意外と近所にもあるものです。個人的に、今回おじゃましたクレープカフェは(フードメニューを充実させてくれれば)理想のカフェでした。みなさんも、あきらめずに情報収集してみてください。

 ご近所情報を集めるのに役立つのは、タダで配られているタウン誌です。これでご近所に新規オープンしたお店がわかりますし、割り引きクーポンが載っていることも。普段は読まずに捨てていた方も、これを機に一読してみては。新しいお店の開拓につながるかもしれませんよ。

 

以上。自分がイメージする程度におしゃれな店は意外と近所にもある件をお送りしました。今回、気がついたことは、我が家は立地がいいってこと。これだから引っ越しする気が起きないのですよ。