化粧は女の義務か、それとも権利か。

目次

 

 今回は私見を述べる記事です。

 化粧を女の義務と捉えると鬱陶しいですが、「自分の顔を好きに変化させることができる権利」と考えると、むしろ楽しいことなのではないかと気づきました。

 

私が、化粧は楽しいと思うようになったきっかけ

 以前の私は、化粧は女の義務のように感じていて、嫌いでした。在学中に就活を始めて、ようやく化粧の仕方を覚えたぐらいです。十代はノーメイクでした。

 就活の時に覚えた地味な化粧(ナチュラルメイク)はその後、コンビニバイト時代に役立ちました。まさか自分が接客業に就くとは思いもしませんでしたが。

 接客業なんだから、たとえバイトの身であろうとも、キレイにしておかなければいけない。バイト時代も、化粧は義務という意識のままでした。

 三年務めたコンビニを辞め、化粧をしなくてもよくなった私はその後、基本的にノーメイクで過ごしました。友人に会う時も、プレゼントされたリップだけを塗ってあとはスッピン。リップを塗っているのは、プレゼントしてくれた友人への気遣いであって、半ば義務でした。

 そんな私に最近、転機が訪れました。あるキャラにハマって、緑色のマスカラを買ったのがきっかけです。以下、グリーンマスカラの記事へのリンク。

mee6.hatenablog.jp

 

 おでかけする時にこれを塗っていくようになり、気がついたんですよ。自分の顔を好きにいじれるのって楽しいなって。さすがにヘアカラーまで推しキャラと同じ色にする勇気はないけど、マスカラなら遠目にはわからないし、地味な顔のアクセントになっていいかと。マスカラに限らず、他のアイテムでも、推しキャラのイメージカラーを顔につけておでかけできるなんて楽しいじゃんって。

 まあ、これはあくまでもオタク女子の場合であって、非オタクの女性は、自分の理想の顔になるべく日々努力されているんだと思いますが。それはそれできっと楽しいのだろうと思います。

 

男性の場合、好きな顔になる権利はないのか?

 ここまで考えて気がついたんですけど、男性の場合、こういうふうに自分の顔を変化させる権利がないのでは? 少なくとも、現代日本では一般男性が化粧をすることは「普通」ではないのでしょう。化粧品のモデルさんって女性ばかりな気がするし、「男性用化粧品」でググってみたところ、スキンケアに偏っているみたいだし。アイシャドウとかアイライナーとかで好きな色を顔に乗せるって感じではない。女性用化粧品市場が飽和してきたから男性もターゲットにすることにしたのなら、男性むけの派手なカラーのポイントメイク用品とか開発すればよさそうなものですが。

 男性用ポイントメイク用品が開発されないのは、男性の肌質ではすぐに落ちてしまってあまり意味がないから、という理由なら納得なのですが、実際のところはどうなのか。もしも男性用のポイントメイク用品が発売されたら、めちゃくちゃ落ちにくくて、女性にも大絶賛されるのではないでしょうか。ぜひ、大手化粧品メーカーにつくってほしい。男性のほうが大柄なんだとしたら、きっと顔の面積も広いんだから、女性よりも化粧映えするかもしれないじゃないですか!

  いつの日か、男性用ポイントメイク用品が棚に並んでいるのを見てみたいです。そんな日がきたら、きっと、男性も「好きな顔」になれる日がきたと言えるでしょう。今の男性用化粧品だと、清潔な顔にしかなれないみたいですし。清潔=美、というのは一理あるというか、大前提なんですけども。今の女性が化粧によって得ている美は、さらにその上にあって、まだ男性にはお届けされていないのではないかと思います。男性にだって「好きな顔」になる権利はあるんじゃないでしょうか。

 

損している人を得している人に合わせるべきだ論(持論)

 前々から不思議だったことがあります。電車の女性専用車両と映画館のレディースデーはあるのに、男性専用車両とメンズデーは見たことがありません。

 また、女性は人前で胸を出してはいけないのに、男性は胸を出してもいいことになっています。だから水着の形がちがう。男性が乳首を露出しても犯罪ではありません。これが女性だとモザイクがかけられるというのに。

 胸をはだける権利の問題は海外で話題になっていて、女性にも人前でトップレスになる権利を、と戦っている人もいらっしゃるとか。

 そのニュースを見て思いました。「損している人を、得している人に合わせればいいんじゃないか」と。

 男性にだけ胸を出す権利があるのが現状ならば、女性にも胸を出す権利を。女性専用車両とレディースデーしかないのが現状なら、男性専用車両とメンズデーをつくればいい。損している人を、得している人に合わせれば間違いなく平等になるでしょう。

 だから。もし現代日本では女性にしか化粧をする権利がないのなら、男性も化粧をする権利を持てばいいのです!

 ということで。この記事を書いた私自身が、偏見を持たないように気をつけようと思います。男女別先入観を持っているのはよくないよね。

 いつか、男性とも化粧品談義ができる日が来るといいなあ。「新作出てたよ」「私、まだ買ってない。試した?」「うん。なかなかいいよ」なんて。

 

まとめ

 あらゆる権利が、すべての性別に対して平等な権利になりますように。なんか話がいつの間にか大きくなっちゃったけど、これが今日の結論です。

 

以上。