ロマンというほどでもない

日常以上、ロマン未満のモノを紹介するブログ。たまに私見も書きます。

劇場版ポケモン『ボルケニオンと機巧のマギアナ』 悪役のジャービスはクズで有名だとか。

目次

 

今回、ご紹介するのは、2016年に公開された劇場版ポケットモンスター

ボルケニオンと機巧のマギアナ』。ツタヤのカードを更新したら旧作・準新作の

DVD、CDが一本タダで借りられるということでレンタルしてみました。

だから私にはこの作品を悪く言う権利はカケラもありません。お金払ってないからね。

そこで、この記事では主に、ポケモン界隈ではクズで有名な悪役ジャービスについて書こうと思います。基本的に主人公たちより悪役が好き。この作品をレンタルしようと思ったのは有名なジャービスのクズっぷりを観たかったからなんですよ。ポケモンハンターとロケット団も登場するけど、やっぱり見どころはジャービスのクズっぷりかと。

 

ボルケニオンと機巧のマギアナ』あらすじ

 サトシたちが今日もバトルの練習に勤しんでいると、空から大きなポケモンが降ってきた! そのポケモンは大きくて頑丈で、すぐにまた飛んで行こうとする。しかし、その左前足には不思議なリングがはまっていた。

 そのリングのもう一つは、いつの間にかサトシの腰にはまっている。そのリングは、サトシと大きなポケモンボルケニオン)を繋ぎ、離れられなくしていた。

 構わず飛び立つボルケニオン。一緒に行くことになったサトシが見たものは、ラケル王子とジャービス大臣たち。そして、不思議な人造ポケモンマギアナ

 サトシは偶然、マギアナを奪い返す。三人はその場から飛び立った。

 ジャービスたちはなぜ、マギアナを奪ったのか? サトシたちはマギアナジャービスたちから守りきれるのか。サトシたちと、ジャービス一派の戦いが始まる。

 

 観た感想。ジャービス大臣はやっぱりクズ(ほめ言葉)。

 まず言っておくと、ジャービスは優秀な人です。大臣なんて要職についているし、神秘科学を応用して独自のネオ神秘科学を作りだし、ポケモンを強制的にメガシンカさせる装置「メガウェーブ」を発明しました。天才的です。おまけに、ラケル王子の先生役もしています。

 こんなに優秀な人なんですが、なぜかキミア王女からは信頼されていません。本編が始まる前の時間軸で、何か不審な動きをしていたのでしょうか。メガウェーブを発明したこと自体を問題視しているのかもしれません。キミア王女は、弟のラケル王子がジャービスと一緒にいるのをよく思っていない。キミア王女はジャービスのことを、今のところ明らかな悪事はしていないけど要注意人物、と認識しているようです。あまりに優秀なので難癖つけて追い出すわけにはいかないんですね。明らかな罪状がないと追い出せないようです。って、あたりまえか。罪状もなく追い出せたら独裁国家だよ。

 後にネーベル高原までマギアナを奪いに行くジャービス。小さなポケモンたちを人質にとり、マギアナが抵抗するとポケモンたちを痛めつけます。ここまではお約束。フィクションを見慣れていると、特別にクズだとは思いませんね。

 問題はこの後です。王子に催眠術はかけるわ、マギアナのソウルハートを抜き取ってボディを捨てるわ、サトシたちがいる高原にむかってはかいこうせんを撃つわ、ロケット団を空中艇から落とすわ。これだけしてればそりゃあ、界隈で有名になって当然だわ。というクズっぷりを発揮。アニポケでは随一のクズでしょう。すごい。予想以上にクズだった。ここまでクズだといっそ清々しい。遠慮なくやっつけてしまえサトシ! 

 冷静に考えれば高原にはキミア王女がいたので、王族を殺そうとしたことになります。この時点で立派な反逆罪でしょう。下手したら死刑なのでは。まあ、アゾット王国にそんな刑罰はなさそうですが。極刑は国外追放ですかね。

 このあともジャービスは順調にクズっぷりを発揮。マギアナの心が残っていて抵抗しているのを知ると、ネーベル高原を攻撃させて心を消そうとしたり。メガウェーブは連動して壊れることを知っていたジャービスの部下たちが、メガウェーブが壊れた時点でジャービスのことを心配しているのに、部下の安否を確認せずに一人でさっさと逃げたり。いやあ、ついていく価値のないボスですね! これもお約束ですが。

 このクズなジャービスは、よく考えると小物。悪の組織のボスたちとちがい、世界を変えるという方向の目標はない。悪の組織のボスたちは目的のためにはいくら犠牲が出ても気にしないので十分酷いですが、クズだとは思いません。しかし、ジャービスは部下が少なく自ら動くせいか、クズな小物に見えます。アゾット王国を支配したら世界を征服する気だったのでしょうが、ベタすぎる。

 地上波だけで観た人からは、ジャービスは墜落して死んだのかと思われているようですが、エンドロールまで見ると生きていてキミア王女に捕まっています。部下たちは牢の中です。最終的にキミア王女に自分の発明品で拘束されるという間抜けさ。自業自得なところまで小物! 大物は捕まらずに逃げ切っちゃいますからね。

 

以上。観てるだけなら楽しい悪役、クズなジャービスが登場する作品

劇場版ポケットモンスターボルケニオンと機巧のマギアナ』を紹介しました。小物な悪役が好きな方は一度、観てみてください。