『左利きの本』の付録は、左利きのお子さんにオススメ!

目次

 

今回、ご紹介するのは、まんま『左利きの本』というタイトルのムック。

宝島社から¥1180+税で出ています。以下、リンクを兼ねた画像です。

 

 

値段のほとんどは付録の左利き用アイテム代だと思います。

筆者も左利きなので買いました。この商品は左利きの人がみつけた時に

買ってあげないと、はけないと思います。

 

それでは開封(という名の解体)していきます。まずは、付録を取り出します。

厚さ2センチほどのグレーの箱に入っているので、天地に貼られたテープをはがして、中身を取り出します。続いて、背表紙とハンドブックを分離させます。

f:id:Mee6:20180908120141j:plain

すると、こんな感じになります。ここまで解体すれば、かさばる背表紙+外箱は捨ててよし。あとは付録をダンボールから取り出して、ダンボールを捨てたら完了です。付録はビニール袋に入っているので、開けるかどうかはご自由に。私は定規は未開封で保存することにしました。

 

付録について

左利き用定規

まずは定規から。

f:id:Mee6:20180908205804j:plain

左:付録の左利き用。

右:通常の30センチ定規

通常の定規は、目盛りを左にすると0が下になります。

これに対して、左利き用では目盛りを左にすると0が上になります。

長さに関係なく、ただ直線を引くだけならどちらも同じですが、

左利きの人が、決まった長さの線を引くなら左利き用定規が便利です。

これで「この定規は30センチで、今は16センチのところだから、14センチの線を引いたんだな」なんて逆算しなくていい! これは画期的!

だけど大人になったら、決まった長さの線を手描きする機会なんてたぶんない!

だからこれは、左利きの小学生のお子さんがいる人が買うといいかも。

 

左利き用メジャー

f:id:Mee6:20180908210821j:plain

上:付録の左利き用メジャー。反対の面にはLeftyのマークが入っている。

下:我が家に昔からあるメジャー。凝った柄なので気に入っている。

どちらも、中心のボタンを押すと巻き取ることができます。ボタンの色は

本体とちがうほうが見えやすいですね。

 

上の画像をよく見てもらうとわかりますが、左利き用メジャーは通常のメジャーと目盛りの向きが上下逆になっています。物の長さを計るには逆に不便ですが、自分のウエストを計るのには便利です。このメジャーは一見すると左手でしか使えないように見えますが、実は裏面にも目盛りが印刷されています。

 

f:id:Mee6:20180908211921j:plain

右手で引き出すとこうなっています。つまりこのメジャーは、右利きの人でも使えるようになっているのです! 私は逆差別反対派なのでこれはうれしい。

 

ハンドブックの内容

このハンドブックの主な内容は、

・左利きにまつわる噂の真相

・3人の有名人にインタビューした「左利きあるある」

・左利き用グッズカタログ

 

○○さんの左利き度を教えてください、という質問があるあたり

わかってんじゃんと思います。質問者も左利きなのかな。

なんせ世の中、右利き用にできてるものだから左利きっておのずと

左右の手を使い分けるようになるんですよね。インタビューを受けた人には

右手で字を書く猛者や、逆に、全部左手でしますという人も。

 

ああ。世界中の左利きの人たちに、マウスはどっちで使ってるのかききたい!

左利き用マウスもあるらしいですが、実際の左利きユーザーは

どれぐらいいるんでしょうか。私は右利き用マウスを使っていますが。

 

終わりに。私の左利き度がわかる過去記事

 

mee6.hatenablog.jp

 

以上。左利き用のメジャーと定規が付録が付録のムック『左利きの本』を

ご紹介しました。左利きのお子さんがいらっしゃる方はぜひどうぞ!

 

 

※本記事は、2018年9月15日に改題しました。