セブンイレブンのカフェラテ3種を飲み比べしてみた。ビターショットが好き!

目次

 

今回、ご紹介するのはセブンイレブンのカフェラテシリーズ。

リニューアルしたとかで、近所のセブンイレブンで大きなポップが

つけられて目立っていたので3種とも買ってみました。

 

セブンイレブンのカフェラテシリーズ外見

以下、ウチで撮った画像です。

f:id:Mee6:20181003171710j:plain

まずは真上から撮った画像を。色がちがうので見分けやすいですね。

左:ダブルクリーミー。カロリー、ミルクの割合ともに1番多くて最も甘い。

中:カフェラテ。ミルクの割合は約半分。普通にコーヒー牛乳の味。少し甘い。

右:ビターショット。1番苦くて、ミルクの割合とカロリーが少ない。

このシリーズはチルド飲料ですがプラスチックのフタはなく、

フィルム(?)しか貼られていません。運送中に穴が開いたらこぼれそうで心配

ですが経費とゴミの削減にはなっていますね。では次に、横から撮った画像を。

 

f:id:Mee6:20181003172221j:plain

ミルクの割合が多い順に色が明るいようですね。

ビターショットだけ明らかに色が暗い。

 

セブンイレブンのカフェラテシリーズの味(感想)

私が1番好きなのは苦いビターショットです!

ダブルクリーミーは甘いし、カフェラテは普通すぎて面白くないし。

ビターショットは明らかに苦いのでコーヒーを飲んでいる感じがして好き。

以下、3種を飲んだ感想です。

 

ダブルクリーミーコーヒー飲料とは思えないほど甘い。ミルクの割合が多いのでミルクの味はわかりやすくておいしい。しかし、コーヒーの味はしないのでカフェインのとり損のような気がする。

カフェラテ:ミルクは半分ほどだが意外と苦い。よくあるコーヒー牛乳って感じ。コーヒーの味がわかるのはうれしいが無難すぎる。

ビターショット:低カロリーなのがうれしい。菓子パンと合わせられるぐらい苦い。コーヒー飲料は苦いのが好きなので、これぐらいの苦さがいい。

 

内容量とお値段はどれも同じで税込¥138! だからこそ、自分好みのものを買わないと損です。

 

飲み比べて、好みの割合を知ろう

この飲み比べで好みのミルク量を把握しておけば、カフェなどで

「これぐらいの割合が好きなんですけど、どのメニューが近いですか?」

ときいてからオーダーできます。詳しい店員さんならきっと、各メニューのミルクの割合をご存じのはず。この手間を省きたい場合は自分で下調べしましょう。私はコーヒー多めミルク少なめが好きなので、ミルクが少なめのメニューを調べたところ「カフェ・マキアート」というのが合うかも。カプチーノの上に薄いフォームミルクが乗せてあるんだとか。このメニューは見たことがありませんが、みつけたら注文してみようと思います。

こうやって日々、自分の好みを知って積み上げていけば、積み木方式で自分像ができあがります。自分で自分のことがよくわからないけど、自分について知りたいという方はまず、こういう小さなことから始めてみてはいかがでしょう。

 

以上。セブンイレブンのカフェラテ3種を飲み比べしてみた件をお送りしました。