ロマンというほどでもない

日常以上、ロマン未満のモノを紹介するブログ。たまに私見も書きます。

お好きなフィギュアを眼鏡キャラにできるカプセルトイ「EYEWEAR COLLECTION Neo」

今回ご紹介するのは、お好きなフィギュアを眼鏡キャラにできる(かもしれない)アイテム、エポック社から出ているカプセルトイの「アイウェア コレクション ネオ」です。この商品は全9種展開。そのなかで私が今回ゲットしたのはアンダーリムと角型ケースのセット(⬇︎)

f:id:Mee6:20190830214911j:plain

上:アンダーリム眼鏡のミニチュア

中:ボールチェーン付き角型ケース

下:同封されているパンフレット

この3点セットがこんな感じ(⬇︎)でカプセルに入ってお値段は¥200。

f:id:Mee6:20190830225213j:plain

このシリーズではアンダーリムが一番ほしかったので、1回で当たってくれて嬉しかったです。2回まわして当たらなかったらあきらめようと思っていました。大掃除の時に非実用的なものは買わないようにしようと決意したのにこのガチャガチャをまわしてしまったのは、このシリーズにこのアンダーリムがあったからなのです。それぐらいほしかった!

ちなみに、このミニチュア眼鏡の横幅は約5センチです。ウチにあるぬいぐるみで試してみたところ、体長10センチほどのクマにちょうどいいサイズ感(⬇︎)でした。

f:id:Mee6:20190830214651j:plain

©︎ガーリーベアプロジェクト

あいにくと私はフィギュアのスケールには詳しくないのですが、ご参考までに。

このドレスを着たクマはセガのプライズ品でして、ガーリーベアプロジェクトというシリーズのハロウィンバージョンです。私がこの子をゲットしたのはUSJでした。サイズ感がバラバラの人形を持ってると意外に役立つものですね。この子は長いことしまいこんでいたのを久しぶり引っ張り出しまして、初めて撮影してあげました。そのせいか心なしか嬉しそうに見えます。

 

アンダーリムと聞いてもピンとこなかった人でも、上の画像みたいな形のメガネをかけたキャラクターは見たことがあるのでは。みなさんは誰を思い浮かべたでしょうか。私はそんなにたくさんの眼鏡キャラを知っているわけではありませんが、マンガ『亜人』に登場する戸崎 優(トサキ・ユウ)という男性を思い出しました。このキャラをご存じない方は、以下のリンク(⬇︎)からピクシブ百科事典をご覧ください。

https://dic.pixiv.net/a/戸崎優

ピクシブにあるのは2次創作ばかりですが、だいたいのキャラデザはわかるかと。

戸崎さんの眼鏡はテンプルが途中で下向きに曲がっているデザインをしており、 横からでも目元の表情がわかる構造をしています。私はこの眼鏡のおかげで、眼鏡のレンズの形だけではなくテンプルの形もキャラデザのうちなのだと知りました。まあ、このデザインのせいで表情がわかってしまい、表情が読めず思考も感情もわかりにくいというミステリアスな魅力を損なっているので眼鏡キャラ好きの中では賛否両論あるキャラだと思いますが、私は戸崎さん(の眼鏡)が好きです。

ということで、みんなもこのシリーズでお好きなフィギュアやぬいぐるみを眼鏡キャラにしてみようぜ! このシリーズにはサングラスもあるぞ! 

以上。カプセルトイの「アイウェアコレクション ネオ」よりアンダーリム型をご紹介しました。マンガ『亜人』(の戸崎さんの眼鏡)と合わせて、みかけた際にはよろしくね!

 

追伸:今月で8000PVを達成しました! みなさんありがとう! これからもがんばります!

 

追記:単行本で戸崎さんの眼鏡を確認したところ、アンダーリムではありませんでした。大変失礼いたしました。戸崎さんの眼鏡にはそもそもリムがない! このタイプの眼鏡はなんというのか『眼鏡の本』で調べたところ、ツーポイントまたはリムレスというらしいです。後輩の曽我部くんも眼鏡男子なので、もしかして曽我部くんがアンダーリムの眼鏡をかけていたのかと確認したところ、なんと曽我部くんもリムレスでした。マジか。どうやら『亜人』にアンダーリムの眼鏡が登場していたというのは完全に私の記憶ちがいだったようです。それでもマンガ『亜人』はオススメですが。

 

こちら(⬇︎)は1巻へのリンク。  

マンガ『亜人』は「人間が寿命以外では死ななくなったらどうなるのか」「死んでも復活できる人間に人権は認められるのか」という、人命と人権に関わる重大な問題提起をしています。そして、死なない軍人vs死ぬ一般人のバトルマンガでちゃんとエンタメもしている! 人が死にまくるうえにシリアスな展開なのが苦手じゃなければ試しにどうぞ。

  

こっちは最新巻を含めたセット売り。

実は私、14巻が出てるの知らなくて、発行されてから2ヶ月後に読みました。

この巻では高橋とゲンの関係がわかります。そうか、こういう関係だったのか…。

いったん離れた人も、14巻だけは読んでみ?