ロマンというほどでもない

日常以上、ロマン未満のモノを紹介するブログ。たまに私見も書きます。

微妙にマイナーなオススメのマンガ9選。我が家の本棚に残った作品たち。

目次

 

今回は、まとめの記事です。

 

私が実際に読み、我が家の本棚に残った作品。買って読んだからって、全作が本棚に残るわけではない。読みあきたものは古本屋さんに叩き売ったり、古紙回収に出したりしました(ヒドイ)。

次の見出しから、微妙にマイナーなオススメのマンガ9選をお送りします。せっかくまとめたので、無難な順にご紹介しましょう。たぶん、上から順に一般受けするんじゃないかと。

 

おすすめマンガ9選

1、『リストランテ・パラディーゾ』(全1巻)

2、『GENTE』(全3巻)

3、『惑星9の休日』(全1巻)

4、『ドレース(Do race?)』(全3巻)

5、『秘密のレプタイルズ』 (連載中)

6、『宝石の国』(連載中)

7、『ヴォイニッチホテル』(全3巻)

8、『ツノウサギ』(全1巻)

9、『パンデモニウム ―魔術師の村―』(上・下巻で完結)

 

それでは以下、各作品を簡単に解説していきます。

 

1、『リストランテ・パラディーゾ』と 2、『GENTE』

この2作品は、以下の記事(⇓)でご紹介しました。 

mee6.hatenablog.jp

 

『GENTE』は『リストランテ・パラディーゾ』の外伝ですが、リストランテ・パラディーゾ』が全1巻なのに対し、『GENTE』は全3巻というアンバランスなことに。それというのも、『GENTE』に『リストランテ・パラディーゾ』の過去編と未来編を両方とも詰め込んでるからなんですけども。つまり、この作品は実質、全4巻ってこと! おいしい料理と、老眼鏡の紳士と、イタリアの雰囲気が好きな方にはオススメの作品です。読後にはあなたもきっと、ニコレッタちゃんの1人になっていることでしょう。

 

3、『惑星9の休日

この作品を紹介した記事はこちら(⇓)。

mee6.hatenablog.jp

 

全1巻なのでご新規さんも読みやすい。全話描き下ろし。

夏にオススメの短編集。隕石で地軸が傾くぐらい小さくて、これといった産業がない惑星9で暮らす人々の話が淡々と描かれます。線がパキッとしててみやすい絵柄。ファンタジーとSFの中間ぐらいの世界観で、静かで涼しげな作風です。たむらしげる氏が推薦しているので、たむらしげる作品が好きな方にもオススメ。

 

4、『ドレース(Do race?)』

この作品を紹介した記事はこちら(⇓)。 

mee6.hatenablog.jp

 

3巻で完結しました!

主題となる競技に抜群の適性を持つ隠れ天才主人公とか少女の成長物語とかストーリーは王道ですが、舞台は宇宙! 華麗なるSFレースマンガです。レーシングマシンをドレスという形で着る! そして、少女が宇宙を駆ける! 少女とドレスが好きな方にオススメ。SF的な設定なんて、わからなくてもいい! 本当のレース好きには物足りない、なんてちゃってレースかもしれませんが、画面がカワイイ女の子ばっかりで華やかだからいいんだ!

 

5、『秘密のレプタイルズ』 

この作品を紹介した記事はこちら(⇓)。

mee6.hatenablog.jp

 

現在、9巻まで出ています。隙あらばハ虫類ウンチクを語りたがる、無邪気にウザイ系ヒロイン! いかにもフィクションな名前の登場人物と、中二病の主人公! そしてハ虫類と奇虫! イラストだとグロさ大幅減! イラストならハ虫類も大丈夫。というか、いつか飼いたい。そんな人にオススメ。とりあえず知識は増えるし、読み進めるとヒロインがウザイどころかカワイく思えてくるマンガです。

 

6、『宝石の国

この作品を紹介した記事はこちら(⇓)。

mee6.hatenablog.jp

 

アニメ化されて最近、話題の今作は現在、11巻まで出ています。なんでこれが6番目に来てるかというと、よく考えたら人間が登場しない作品だから。キャラクターは人間らしい姿をしていますが人間じゃない。舞台は地球のようだけど環境は大きく変わっていて、SFとファンタジーが混ざっている感じ。作者の世界観についてこれないと置いてきぼりを喰らうけど、ついていけたらハマる。絵柄はちょっと読みにくいかも、ですが。

 

7、『ヴォイニッチホテル

この作品を紹介した記事はこちら(⇓)。 

mee6.hatenablog.jp

 

じゃあ、なんでこの作品は7番目なのか? 普通の人間だって登場するのに。それはね、主人公はハッピーエンドだけど、途中で人が死んだりするからだよ! 画風のおかげでグロくはないけどその分、簡単に死んじゃうからなあ。 ついでに言うと、主人公は全然活躍しないよ! 自主性がない、巻きこまれ型の主人公が嫌いな人は読まないでね! ここだけ口調がちがうのは、この作品のテンションにちょっと影響されてるからだよ! 

 

8、『ツノウサギ』と 9、『パンデモニウム ―魔術師の村―』

この作品を紹介した記事はこちらの二つ(⇓)。

mee6.hatenablog.jp

 

mee6.hatenablog.jp

 

 いや、『宝石の国』の紹介文に「作者の世界観についてこれないと置いてきぼりを喰らうけど、ついていけたらハマる。絵柄はちょっと読みにくいかも、ですが」って書いておいてなんなんですけど、これ、柴本さんの作品こそ、ですわ。モナーさん向けっぽいもんなあ。人間が出てこないし。でもね、テーマとしては、人間の世界の話として読めると思うのです。どっちもシリアスですけど、動物の擬人化に抵抗がなければ、いっぺん読んでみてほしいんですよ。正しさってなんだ?と考えさせられます。

 

以上。当ブログの書籍カテゴリから、オススメのマンガ9選をお送りしました。

適度に記事数がたまったら、また別のカテゴリもまとめてみよう。

 

番外編:『百万畳ラビリンス』(上・下巻で完結)

個別記事は書いていませんが、ご紹介したい作品があります。

それは『百万畳ラビリンス』。以下、リンクを兼ねた画像です。

 

 

ネットのどこかで紹介記事を読み、タイトルからして面白そうなので買いました。案の定、初読はめちゃくちゃ面白かったです。もうこの作品の魅力は九割が設定と物語なので、ネタバレしてしまうと魅力は九割減に。だから個別記事は書かず、あらすじは短めに書きます。

 

あらすじ:奇行に走りがちな、おかしなルームメイトの礼香とともにゲームのバグ探しのアルバイトをしていた庸子は、ある日突然、礼香とともに、デタラメな構造の建物に迷い込んでしまった。異常な状況が大好きな礼香と、神経が図太い庸子による、意外と動じない冒険が始まる!

 

面白そうと思った方はどうぞ。残念ながら2巻セットは出品者のみなので、各巻へのリンクを貼っておきます。

 

 

 

※本記事は、2020年7月に修正しました。