ロマンというほどでもない

日常以上、ロマン未満のモノを紹介するブログ。たまに私見も書きます。

ちふれのゴールドリップが入手できなかったので断捨離を兼ねてニュアンスチェンジリップ特集します。

ニュアンスチェンジリップ好きのみなさんこんにちは。もう春ですね。コスメブランドが夏に向けて派手なカラーの新色を出す時期になりました。みなさんはちふれの新色「002 ゴールド系ラメ」は入手できましたでしょうか。私の身近な店だと、オレンジ色の「473」とリップケースだけ入荷して、ゴールドリップは入荷していないところばかりでしたので、入手はあきらめました。電車に乗って運賃払ってまで欲しかったわけじゃないので。それというのもなんと私、すでに手元に3本もゴールドリップがあるんですよ。いや、だからこそ、ちふれの新色も加えてプチプラゴールドリップ特集記事を書こうと思ってたんですけど、もういいかと。ちふれの新色が手に入らないのであれば他のテーマで記事を書けばいいんですよ。そう、ニュアンスチェンジリップ特集をすればいい。ニュアンスチェンジャーもたまっているし、ついでに言うと今朝、新しいリップが届いたのでいい加減リップを整理しないといけないので断捨離しないと。だから未開封品を使って捨てるものを決めます!

ということで、今回のニュアンスチェンジャー達はこちら(⬇︎)

f:id:Mee6:20200404140340j:plain

手元にあるニュアンスチェンジャー。口紅だけで6本ある。

では、向かって左から順にご紹介します。

・ロレアルパリ、カラーリッシュルルージュ G101

・ウィッチズポーチ 、ポポリップスティックゴールド G01

・メディア、シャイニーエッセンスリップA BE-02(ルーセントカラー)

ダイソー、SPINNSリップスティック ゴールド

ダイソー、SPINNSリップスティック ブラック

ダイソー、SPINNSリップスティック パールブルー

はい。以上6本です。メディアのシャイニーエッセンスリップは正確にはニュアンスチェンジャーではなくパール入りできらめく口紅なのですが、ベージュ系だからなのかイエベ秋の私の唇では驚くほど発色せずきらめきだけがわかります。おまえは口紅じゃなくてクリーム状のハイライトだろって勢いです。だから私はこのリップをニュアンスチェンジャーだと思っています。ブラシで塗れば輝きだけを乗せられそう。まだ試してないですけど。

次に、各色を折り紙に塗ってみたところ(⬇︎)

f:id:Mee6:20200404141823j:plain

色紙に塗ってみたところ。黒だけ驚くほど発色していますね。

ちょっと画像が暗いですがあえて編集していません。これ以上明るくなるとパールブルーが見えなくなるからです(笑) ウィッチズポーチのリップは箱ごと未開封だったので開封して塗りました。リップ本体も外箱と変わらないデザインでちょっと感動。しかしブラックは驚きの黒さですね。意外とマットな発色なのでブラシ塗り不可避だと思います。以前、100均でブラックのリップは買わないと言っていましたが、このSPINNSリップスティックシリーズは断面がハート形でかわいいので思わず買ってしまいました。最近はダイソーの店頭であまりみかけなくなりましたが、私の近所ではまだ置いている店舗があります。郊外住みだと商品の入れ替えが遅くて助かる。

で、問題はゴールドリップ各種の使い心地というか発色ですよね。以下、ゴールドリップ各種を唇に直塗りした感想をお送りします。

ロレアルパリ カラーリッシュルルージュG101:ラメが細かいせいか輝き方に品があるが、ゴールドリップなだけあってやはり派手。ブラシで塗るとおとなしくなるので、単体でもニュアンスチェンジャーとしても使えて優秀。3本の中では1番バランスがとれている。

ウィッチズポーチ  ポポリップスティックゴールドG01:3本の中では1番派手。ぎっしり金ラメで発色がすごい。黄みが強いイエローゴールド。ここまでバキッと発色してくれるのならアイシャドウ にしてもいい。唇よりもまぶたに塗りたい。遠目にもわかりそうなのでイベント向き。

ダイソー SPINNSリップスティック ゴールド:直塗りしてもゴールド味は薄い。遠目にはわかりそうにない。おまけに伸びにくいテクスチャーなので単体使いには不向き。あくまでもニュアンスチェンジャーとして使うものらしい。粘土っぽい匂いがするので注意。3本の中では1番薄い。

ざっとこんなところ。お気に入りはやっぱりロレアルパリ。最初に買ったやつが結局1番いいというあるあるネタ。今思ったんだけどコレが廃番になるまでは他のゴールドリップ買わなくていい気がしてきた。ウィッチズポーチも置いとくけど。

 

次にダイソーの他のニュアンスチェンジャーをゴールドリップに重ねた感想(⬇︎)

SPIINSリップスティック ブラック:確固とした黒さ。ブラシで塗ればシアーになるがゴールドリップの上から塗っても黒みがわかる。明かにイベント向き。アイシャドウのかわりにブラシでまぶたに塗れば目力がアップ。ダークなアイシャドウベースに使えるかと思いきや、指でアイシャドウを重ねたらハゲた。リップをアイシャドウのかわりにすると落ちやすいので仕方ない。

SPINNSリップスティック パールブルー:ゴールドリップの上から塗ってもわからなかった。かなり薄い。元から青味があるリップだと変化がなさそう。発色には期待しないほうがいい。

 

手元にあるニュアンスチェンジャーの感想は以上。今回は断捨離を兼ねているので、この中から3本捨てます。今回捨てるのはやはりダイソーのリップ。ブラックは奇抜すぎたしゴールドとブルーは実力がイマイチなので断捨離。メディアのリップは細くて塗りやすい・金属ケースで高見えする・テクスチャーが柔らかくて伸びがいいの三拍子が揃ってて、安い割に優秀なので死守。メディアのシャイニーエッセンスリップAはカラバリを増やしてもう少し値段を下げてくれたら、ちふれを押しのけてプチプラの覇者になれる気がする。ロレアルパリはお気に入りなのでキープ。ウィッチズポーチはアイシャドウを務めてもらう予定なので保持。ということでさよならダイソーリップズ。

 

以上。断捨離を兼ねたニュアンスチェンジリップ特集でした。