ガシャポンの Den:Q と空き箱で作った、簡易ドールハウス。

目次

 

今回、ご紹介するのは、ガシャポンの  Den:Q と、

ママラボの「ミルキーハウス」という限定コフレセットの空き箱。

 

なんでこんなものを紹介するのかと言えば、

この二つを使って、ちょっとした工作をするから。

さて、何ができるんでしょうか。

 

材料と手順

まあ、まずは画像ですよね。

 

f:id:Mee6:20170605124913j:plain

 

限定コフレセットの中身は未開封で保管してあったので、

箱に戻して撮影。店頭ではこんな感じで売られていました。

ボディクリームとハンドクリームのセットですね。

 

開封して中身を取り出し、

フタの中心、折れ目のところに穴を開けまます。

箱の準備はこれで終わり。

  

次に、ガシャポンの Den:Q を用意。

システムサービス というメーカーの商品で、

一回200円の、豆電池式LEDライトです。

元はカラビナがついているので、ヒモにつけかえます。

 

f:id:Mee6:20170605133041j:plain

 

最後に、Den:Qがついたヒモをフタの穴に通して、

結び目をつくったらできあがり! 簡単です。

 

それでは、これがどう変身したのかお見せしましょう。

 

f:id:Mee6:20170605125112j:plain

 

はい、こうなりました。

 

で、結局これは何?

はい、イメージ通りのものは完成しました。

でも、これがなんなのか、どうして作ろうと思ったのか、

説明しないといけませんね。

 

私はこれを「簡易ドールハウス」と呼んでいます。

普段はCOBECOBEのストラップサイズを入れているんです。

つまりCOBECOBEのおうち、というわけ。

 

店頭でこのコフレセットを見た時、外箱ほしさに購入。

中身はあとで使うとして、この箱、何かに使えないかな。

そうだ! COBECOBEのストラップサイズを入れよう!

 

箱の高さは約16.5センチです。

COBECOBEのストラップサイズは 

ドアの絵と同じぐらいの背丈なので、スケール感はぴったり。

雰囲気はいいな。でも、おうちの中が暗い。

そうだ! 照明をつけよう!

 

ウチには電球ならぬ Den:Qがある。

こいつを天井(フタ)からつるせばいいのです!

思いつきは即実行の私。上記の手順で、

簡易ドールハウスが完成。

 

完成はしたけども。

だからどうしたっていう。

小学生の時に図画工作で作ったやつのほうが

よっぽど複雑だったよね。これさあ、

夏休みの宿題の、自由工作に出したら不合格なんじゃない?

 

わかってます。 わかってますとも!

しかし、工作って自己満足でいいと思うんです。

少なくとも私の気は済みましたし、

COBECOBEにはおうちができました(この点は重要)。

 

みなさま。ぬいぐるみとかフィギュア類にはホコリがたかります。

複雑な造形だったり、ふわふわだったりするものの宿命です。

 

手製でも百均で買ったものでもいいから、

何かケースに入れてあげてください。

みなさまのコレクションたちが、長持ちしますように!

 

以上、ガシャポンの Den:Q と空き箱で作った、簡易ドールハウスでした。