ロマンというほどでもない

日常以上、ロマン未満のモノを紹介するブログ。たまに私見も書きます。

ホットミルクの完成形はハチミツによって変わることを知った日。

今週のお題「眠れないときにすること」

 

学生時代、一人暮らしをしていた頃は冬になるとハチミツ入りホットミルクをつくって飲んでいました。寝る前にホットミルクを飲むというオシャレな習慣に憧れていたのです。ただのホットミルクではつまらないからハチミツ入りにしよう。せっかくだからビン入りの高級ハチミツがいいな、と思ってデパ地下を物色していた時、驚くべき看板が目に入りました。「はちみつ専門店 L'ABEILLE」という看板が。

「はちみつ専門店? 世の中にはニッチな商売があるもんやな」

世間知らずの私はハチミツの専門店があることを知らず、その存在自体に感動しながらその店に立ち寄りました。店名の読み方がわからなかったので店員さんに「ラベイユ」と読むのだと教わった後、私は無邪気に質問しました。

「ホットミルクつくりたいんですけど、牛乳に入れるオススメはありますか?」

と。パンフレットをよく読めばホットミルクに入れるオススメ商品が書いてあることは後で知りました。無知な私は何も考えず、目の前の店員さんに全幅の信頼を置いたと言えば聞こえはいいけどつまりは商品選びを丸投げしたのです。

「そうですね…」

あまりに丸投げの質問に店員さんが戸惑ったのか、キレのないお返事。今思えば無知と思考停止のコンボが発動して他人様に迷惑をかけていたような気がするのですが、当時の私は店員さんの戸惑いに気づきもせず、商品が提案されるのをただ待っていました。だって相手は専門店で働いている店員さんなのだから、私よりははるかにハチミツに詳しいはずなのです。素人の私がこれ以上なにを言えるというのか。「正解」を教えてもらえるのを待つのは「生徒」たる客の正しい態度だと、私は信じていました。

私からはこれ以上なんの要望も聞き出せないことを悟った優秀な店員さんは数十秒後、

「でしたら、こちらはいかがでしょうか」

と、色が濃くて不透明なハチミツのひとつを提案してくれました。

「こちらをミルクに溶かしますと、ハーゲ〇ダッツのバニラ味みたいになっておいしいですよ」

完成形を身近なアイスで例えてくれたのはさすが。味が想像しやすくてわかりやすい。

「あ、それじゃあ、それをお会計お願いします!」

「かしこまりました。ありがとうございます」

私はウッキウキでそのハチミツを持って帰り、スーパーで買った牛乳と電子レンジで無造作にホットミルクをつくり、溶かして飲みました。そして感激しました。

「ほんまや。くどくてハーゲ〇ダッツに似とるww」

ビンが空になるまで何日かかったのかは忘れましたが、おいしかったです。京都の底冷えしてクソ寒い(失礼)冬には、このくどさがピッタリでした。明確にバニラ風味がするわけではないので、例えるならスイートポテトのほうが近かった気がしますが、いかにも無知な学生っぽい客に味を伝えるには適切な例えでした。パンフレットにあるホットミルク定番商品をおすすめすれば楽な接客だったでしょうに、真剣に考えて、あえて独自の提案をしてくれた店員さんには今でも感謝しています。あの店員さんのおかげで私は高級ハチミツのおいしさに目覚め、冬のホットミルクに良い思い出を持っているのですから。ありがとう京都大丸。ありがとうラベイユ。ありがとう店員さん。今はもうホットミルクなしでも眠れるけど、寒くなったらまたハチミツ入りホットミルクつくろうかな。

 

【ネタバレ注意】星新一が描くディストピア「ピーターパンの島」を読んで

 

 最近は電車を待つ間に星新一ショートショート集を読んでいる。今読んでいるのは『悪魔のいる天国』だ。この中の一篇に「ピーターパンの島」がある。タイトルに反してピーターパンは登場しないのだがウェンディという名の少女は登場するし、子供たちが想像した海賊船長はフックらしき姿をしていたので、やはりあの『ピーターパン』をモチーフにしているのだろう。そもそも星新一が他人の作品を下敷きにすること自体が珍しいのだが、これがまさかのディストピアものなのだ。星新一作品にはバッドエンドものも少なくないとはいえ、ここまであからさまにディストピアものなのは珍しいだろう。あまりにも衝撃的だったので今回、ブログのネタにさせていただくことにした。

 いかに文明が進んだ社会でも、予防できず治せない病は存在する。作中の世界で問題になっている病、子供だけがかかる病に名前はついていないが、症状は描写されている。例えば、誰にも教えられていないのに「花の中に小さな子供がいる」と言い出したりするのだ。この社会の教育界からは、おとぎ話のような非科学的コンテンツは一掃されているのにも関わらず。こんな症状をみせた子供たちの行きつく先は? 悲しいことに殺処分である。子供たちは家族から引き離され、特殊学校という体になっている古城のある島に集められ、一定期間観察されたあとに処分される。他の子や先生が語るおとぎ話に科学的な観点から疑問を抱く様子がない子供は残らず同じ運命をたどる。なんとも残酷な話だ。お子さんがいる星新一がこんな世界を描いていたことに驚いたが、お子さんがいる星新一だからこそ、子供が殺される世界がいかに間違っているかを描きたかったのかもしれない。

 子供が殺される世界の他に驚いたことは、非科学的な内容のコンテンツが一掃されていることだ。先述したように、この世界にはもう(表向きは)おとぎ話の類は流通していない。ということはおそらく、この世界にはテーマパークもファンタジー映画も幻想小説も存在しないのだろう。我々の世界、この現実の世界でこんなことが可能か。百歩ゆずって役立たずの人間が殺処分される社会が実現したとして、非科学的なコンテンツを、巨大なフィクション産業を根絶することはできるだろうか。ディ〇ニーランド、ユニバーサ〇スタジオ、ムーミ〇バレー、ハリウッド、ジブ〇を叩き潰し*1異世界転生系ライトノベル小松左京夢枕獏の小説を発禁にすることは・・・不可能だろう。これがもし実現してしまったらそれこそ、不適合な子供が殺処分される世界が到来してしまう。

 フィクション産業を根絶した世界は実現させにくいだろう。より現実的な変化として考えられるのは、支配体制を維持するために、支配者がフィクション産業を利用するようになることだ。

 「ピーターパンの島」では、左手がフックになっている船長が率いる海賊たちが、新エネルギー実験の標的になる島に子供たちを置き去り*2にして、間接的に殺処分する。このように、夢の国が消えてなくなることよりも、夢の国が悪魔の手先になってしまうことのほうがよほど実現可能性があると思う。

「ピーターパンの島」で星新一が考えたディストピア像をまとめると、

・おとぎ話が子供の殺処分に利用され、現代社会に適合する子供だけが育てられる社会

になる。こんな社会は考えるだけで怖ろしいので、フィクション産業に従事する方々は支配体制に抵抗し、支配者に利用されることなく、子供たちの夢を守ってほしいと思う。おとぎ話の類が流通しなくなる社会は、夢見る子供たちが殺される社会だから。

 以上が「ピーターパンの島」のまじめな考察だ。最後に「ピーターパンの島」初読時の率直な感想(小並感)をお送りしよう。

 

「ピーターパンの島」感想:ウォルト・ディ〇ニー社を廃業させるとか、この世界線の政治家強すぎ。いったいどんな手を使ったんだ。本社に爆撃でもしたのか?

 

 上記の感想はディストピアものを鑑賞するたびに抱いている。この現実の延長線上に、同じ地球の上で実現した未来社会という設定の作品だとどうしても「ディ〇ニー社を廃業させるなんて不可能に決まってんだろバカ」と思ってしまうのだ。ディストピア系作品は一種の思考実験なのだから、ディ〇ニー社*3が廃業させられた世界を素直に思い描けばいいのだがどうしてもできない。我ながら大人気ない。

 

 

追記:この記事の公開後に読者登録が反映されたらしく、読者数が46名様になりました。登録ありがとうございます。通知が来ていなくても、記憶より増えていたらお礼を述べることにしております。テーマがあいまいなブログですが、末永くお付き合いいただければ幸いです。

 

※本記事は、2021年9月23日に追記しました。

*1:真の悪夢とは全ての人間が同じ服を着て生活するようになることではなく、全てのテーマパークと遊園地がディズマランドにされることではないだろうか。

*2:海賊船で島に行くことは、子供たちが希望したことだ。子供たちはサンタクロースに、クリスマス・イブに島へ航海させてほしいとお願いした。この航海の問題点は、帰れないことだ。

*3:みなさんご存じの超有名エンタメ企業。自社のオリジナルコンテンツだけでも十分に強かったのに、いつの間にかピ〇サーを傘下におさめ、マーベ〇系やス〇ーウォーズ系コンテンツの権利まで保有するようになった。強すぎ。ここまで強いと、平和的な手段で穏便に廃業させることは不可能だと思われる。

炭火焼ステーキが食べられる奇跡の店にはお世話になりました。

今週のお題「肉」

 

幼少期、家族ぐるみでお世話になっていたステーキハウスがある。郊外にあるファミリーむけの店らしくお子様連れ歓迎。ベビーカーOK、お子様用イスあり。焼かれた肉の香り漂うホールの一角にあるイスには、いかにもお子様ウケしそうなキャラクターぬいぐるみ(大)が座らされていた。そのくせディナータイムには一人前一万円のコースがあり、予約すれば数十万円のワインでも仕入れて提供してくれるという妙な店だった。

このステーキハウスは鉄板に調理済みの肉が乗せられて提供されるタイプの店ではなく、客がセルフで焼くタイプである。この形式はステーキハウスというより焼き肉店のほうが近いだろう。テーブルの中央には囲炉裏があり、そこにウェイターさんが炭をセットして網をかぶせてくれる。あとは網が十分に温まるのを待ち、客が自らの手で野菜と肉を焼いていく。この過程を見ているだけで外食感が高まり、子供心にテンションが上がった。インドア派の両親に育てられた私がバーベキュー経験もなく「炭火焼はうめえ」と学習できたのはこの店のおかげである。ありがたや。ブランド牛という概念を知る前に神戸牛を食べて「ヒレ(ヘレ)肉うめえ」と思い、生まれて初めて炭火焼の松茸を食べて「めっちゃいい香りしてうめえ」と思った。

お子様歓連れ歓迎でセルフスタイルというカジュアルさでありながら神戸牛が食べられるこのステーキハウスを両親はいたく気に入り、年に数回通ってくれたおかげで我が一家はめでたく常連に認定された。おかげさまで私と弟にはコップではなくビールジョッキ(小)でお冷が提供されるようになり、時にはメニューにない美味しい苺をデザートにこっそり食べさせてもらったりと優遇されるようになった。今思えば、あの奥まったコーナーは常連様用だったのだ。もちろんあの苺の代金だってきっちり請求されたはずだが子供の私には関係なかったし、他の客に隠れてメニューにないものを密かに食べるのは得も言われぬ背徳感があったのでワクワクした。オーナーが客のいるテーブルに挨拶しに来てくれるような小規模独立系飲食店ならではのエピソードだろう。大人になった私はドライな接客と明朗な会計のチェーン店を好んでいるものの、幼少期に特別あつかいしてもらったことは良き思い出である。あのステーキハウスは末永く営業していてほしい。

 

追記:この記事の公開後に読者様が増えました! 登録ありがとうございます! 不定期更新で匿名かつ素人のブログですが、末永くお付き合いいただければ幸いです。

字数が少なくて短い記事特集

古参さまもご新規さまも一見さんもこんにちは。今回は当ブログ内で字数が少なくて短い記事を特集しました。実は当ブログでは筆者に「最低1000文字」のノルマを課しており、ほとんどの記事は1000文字以上になっております。いくら素人ブログとはいえ、いや、素人ブログだからこそ、1000文字以下だと読み応えがないからです。しかし、みんながみんな1000文字読むヒマと元気があるわけではない。そこで私は考えました。このブログで特に短い記事を特集してみようと。

それでは以下、(筆者が覚えている限りで)本文が1000文字以内の短文記事特集をお送りいたします。

 

まずは、当ブログで最も短いと思われる記事(⇩)

mee6.hatenablog.jp

実は「美文調でしょうもないことを描写する」という文体が好きなので、あえてくだらないことを文学調に書いてみました。

 

初めて1000文字縛りをやめてお題に参加した記事(⇩)

mee6.hatenablog.jp

近所でみつからないコスメを友人ちゃんに代理購入してもらった話。後日、手渡しでいただいた。この頃はまだお互いに危機感が薄くてランチしている。さすがに最近は会っていない。

 

お題「住みたい場所」に参加した記事(⇩)

mee6.hatenablog.jp

今住んでいる部屋がすでに理想を叶えている部屋なので引っ越したくないという内容を語っているだけの記事です。

 

郵便局でクリスマスカードをみつけた記事(⇩)

mee6.hatenablog.jp

普段は行かない大きな郵便局に行ったら猫のクリスマスカードをみつけたんですけどこれがまた抜群に可愛いのでもし今年も売ってたらぜひ買ってください。そして、人に贈らずに飾ってください。

 

お題「急に寒いやん」に参加した記事(⇩)

mee6.hatenablog.jp

市販の赤ダシになめこを入れて飲んでみたらおいしかった件をお送りしています。あと、好きな汁物ランキングも発表。

 

ゲーム系のお題に参加した記事(⇩)

mee6.hatenablog.jp

今年の8月に投稿した記事なので既読の方も多いと思いますが一応。ろくにポケモン以外のゲーム歴がないけど自ブログに「ゲーム」というカテゴリをつくったのはなんでかというと、好きなゲームを広めたいから。

 

言葉よりも画像が内容を物語る記事(⇩)

mee6.hatenablog.jp

最近買った壁掛け時計をオススメする記事。文字盤というより影が美しい時計なので、壁が余っている人はぜひ購入してほしい。ついでに言うと短針も美しい。

 

以上。この記事も1000文字以内で終わりたかったけどダメでした…。

 

※本記事は、2021年9月14日に加筆しました。記載もれの記事をみつけてしまったもので(汗)

 

好きより面倒くささが勝るフレーバーティーアソート

今週のお題「好きなお茶」

 

過去記事の流用だけでは芸がないので新記事をアップします。本当はさらに、もうひとつの過去記事(⬇︎)にタグをつけて投稿しようと思ってたんですが

mee6.hatenablog.jp

正直な話、フレーバーティーは好きより面倒くささが勝る。たかが市販品でも意外に香りは強くて調理器具に香りが残りそうで、おちおち調理用の鍋で抽出できません。だからフレーバーティーはこの器具(⬇︎)でいれてるんですが

 

これがまあ面倒くさいんですよ。この器具はいわば水筒型ティーポットで、出先でも茶葉からお茶がいれられるという器具でして。当ブログの「日常以上、ロマン未満のモノを紹介する」という趣旨にはすごく合致してるアイテムなんですが、あまりにも面倒くさいのでとてもおすすめできないと思って、あえて紹介記事を書いてません。パーツが少ないのはいいんですけど、抽出するには回さないといけないのに回す部分は固いし、お湯は2杯分ぐらいしか入らないし。もらいものなのでありがたく使ってはいるんですが。冬になるとくどい香りの紅茶(⬇︎)を飲みたくなるので

ホットティーをつくるべくこの器具を食器棚の一角から引っぱり出してきて使っています。「フレーバーティーは調理用鍋で抽出しない」というマイルールに則るとこうするしかない。ああ面倒くさい。おまけに私、フレーバーティーアソートでは日東紅茶とリプトンのどちら派なのか、断言できないんです。お値段では日東、香りではリプトンがおすすめなんですけどね。でもさあ。リプトンだって、クリームブリュレ以外はほぼ同じ味じゃない? 脳みそが香りにだまさてるだけでベースの茶葉は同じじゃないかな。それを考えると日東でよくない? でも日東だと、わざわざホットで飲みたいほど香り高くないんだよな。ああ悩ましい。とりあえずフレーバーティー初心者の方はアソートパックを買えばいいと思います。アソートを買えば好みの味がみつかるし、コンビニで売ってる紙パックの〇〇ティーとちがって甘くなくて茶葉の味はするし、ファミレスのドリンクバーよりは安いし。50個パックとかよりは割高だけど一度、お試しあれ。

 

以上。フレーバーティーアソートはどちら派と言えない件をお送りしました。ぶっちゃけ、両方買って試したらいい。コープならきっと売ってる。

 

追記:この記事の公開後に読者様が増えました! 登録ありがとうございます! 不定期更新の匿名素人ブログですが、末永くお付き合いいただければ幸いです。

読者様数の過去最多記念に、週刊はてなに掲載された記事特集!

いや、実は私、過去2名様ぐらいに読者登録解除されたことがありまして。読者様数が40台に乗ったのもつかの間、39名様まで減って、しばらく停滞していたんですね。それが今、気がつけば43名様! とてもうれしいので今回は、読者様数の過去最多を記念して週刊はてなに掲載された記事を特集します!

 

まず最初に採用されたのは、開設した年のお題「家飲み」(⇩)

blog.hatenablog.com

このお題に採用されたのは、アップルタイザーを紹介した記事(⇩)

mee6.hatenablog.jp

 

次に採用されたお題は「うるう年」(⇩)

blog.hatenablog.com

このお題で採用されたのは、ドライヤーを買い換えた記事(⇩)

mee6.hatenablog.jp

 

次に採用されたお題は「夏うた」(⇩)

blog.hatenablog.com

このお題に採用されたのは、きゃりーぱみゅぱみゅの曲の記事(⇩)

mee6.hatenablog.jp

 

次に採用されたお題は「大人になったなと感じるとき」(⇩)

blog.hatenablog.com

このお題で採用されたのは、母のパスタの記事(⇩)

mee6.hatenablog.jp

 

次に採用されたお題は「自由研究」(⇩)

blog.hatenablog.com

このお題で採用されたのは、コインロッカーの記事(⇩)

mee6.hatenablog.jp

 

以上、5回です。1回目の採用から2回目の採用まで3年ぐらい間が空いているのは、この3年間クズ記事しかアップしてなかったってことなのか?…そうかもしれない。でもその期間のおかげで共感力とか文章力とかが上がって、2020年から調子が良くなったのかも。なんか採用される頻度が上がってる気がするし。素人匿名ブログとしちゃ上出来でしょう。これも読者のみなさまのおかげです。これからもどうぞよろしくお願いいたします。みんな、読者登録ありがとう!

 

疑い深いから加工食品をおいしく食べられない。

最初にお断りしておくが、私は加工食品を日常的に食べている。何もかもを手作りするほど健康意識が高いわけではない。メーカー不信で安全性に疑問を持っているわけでもなければ、これといったアレルギーも今のところない。加工食品をそのものを食べられないのではなく「おいしく食べる」ことができないだけだ。

食品に対する評価(態度)には大まかに言ってふたつある。ひとつは、パッケージに書かれているうたい文句を信じて自己暗示にかかり、メーカーの目論見通りに「おいしい」と思いながら食べるパターン。これが私の言う「おいしく食べる」ということだ。もうひとつは、大げさなうたい文句を疑いながら調理して「そんなにおいしくない」と思いながら食べるパターン。私の場合は後者が多い。それというのも私が疑い深いからだ。CMで見た商品を食べてみても、素直においしいと思えない。うたい文句が大げさであればあるほど疑い、猜疑心が高まっていく。この状態でものを食べると評価が厳しくなる。だから、市販の加工食品を食べて感動したことが一度もない。

最近の消費生活で発見したのは「〇〇が香る」とか「〇〇風味」とか書かれているものは肝心の〇〇が足らないこと。もちろん〇〇が成分的にまったく入っていなければ詐欺なので少しは入っているのだが、量は少なく香りはわずかで味は薄いと感じることが多い。素直な人間ならばわずかな香りでも「わあ、〇〇の香りがする!」と感動し、薄い味でも「すごい、本当に〇〇風味だ!」と思えるのだろう。しかし、私はそう思えないし思いたくもない。結局のところ私は、メーカーのうたい文句に影響されるような人間になりたくないのだろう。食品メーカーのうたい文句を信じ、機嫌よく食べられるような人を、私はつい「バカじゃないの」と思ってしまう。貧乏舌の愚か者だと思ってしまうのだ。我ながらこの思考はよくないので直したほうがいい。他人の味覚や感性をジャッジする権利なんて誰にもない。ただ私が近所のスーパーで、いつか掘り出し物に、大げさなうたい文句に値する美味な加工食品に出会うことへの期待を捨てればいいだけの話だ。加工されていないもののほうがおいしいし、真に美味なものは産地にしかないのだから。

 

以上、疑い深いから加工食品をおいしく食べられない件をお送りしました。正直な話、下手な冷凍おかずよりもスナック菓子のほうが断然おいしい。