ロマンというほどでもない

日常以上、ロマン未満のモノを紹介するブログ。たまに私見も書きます。

【Zoff】実はもう一本メガネを買っていた。

今週のお題「かける」

 

かけるものといえばやっぱり、眼鏡ですね。実は昨年末にもう一本、Zoffで眼鏡を買っていました。昨年中は500円OFFクーポンが使えたからです。お気に入りながらも青サビがついていた古い眼鏡を引き取ってもらい、500円引きで買ったのがこちら(⇩)

ベージュのテンプル、表緑で裏金のフレーム。

実は手に取らずにフレームの色だけで決めたので、フレームの裏側が金色なのに気づかず、テンプルのディテールが爬虫類の肌っぽいことにも気づいていませんでした。緑×金×爬虫類で、推しの要素が盛り盛りなので最高。緑は推しの髪色。金は推しの能力。爬虫類は推しが変身する蛇。それぞれ別のキャラのイメージですが、それが一体となった奇跡の一本になっております。細部を見ないで買ったら結果的に運命の出会いだったなんて運が良すぎる。昨年末に買っておいてよかった。これを年始に買ってたら、危うく一年分の運を使い果たすところだった。今はこっちをゲーム用にしています。テンプルの素材が汗で変質しそうなので、夏場はまたアースラ様の眼鏡に交代しよう。…と、ここで終わってしまうと文字数が少なすぎるので、それぞれの要素がどのキャラに対応している(と思った)のか書いてみます。

フレームの表カラー(緑):「バットマン」のジョーカー様と、『ONE PIECE FILM GOLD』のテゾーロ様の髪色。お二人とも長身男性でグリーンヘア。今では緑色のアイテムを見るだけで推しを連想してしまう。色合いは深緑がベスト。

フレームの裏カラー(金):テゾーロ様が「ゴルゴルの実」の能力で黄金を操るイメージ。および、ご本人のイメージカラー。衣装持ちなのでイメージカラーを定めるのは難しいお方だが、普段着はピンク色のスーツなので、2色ならピンク×ゴールド。

テンプルの爬虫類ぽさ:ジャファー様が変身した蛇の腹は黄色いので、間近で見たらこんな感じだったかも。第一印象は蛇というよりワニの肌だが、蛇肌に見えないこともない。よく見ると溝の交差が不規則なので、かなり生物らしい。

以上が各要素と推しキャラの対応なんですが、もう一人の推し『映像研には手を出すな!』の金森さんは眼鏡キャラなので、そもそも自分が眼鏡をかけている時点で気分が良い。しかし、金森さんの眼鏡はよく見るとなんの変哲もないな(⇩)

デザイン性が低くていかにも実用性重視ですが、これは金森さんの価値観が現れているというより、大童先生が作画の労力を省いたデザインにしたのではないかと。だってさ、金森さんが登場するたびに描かないといけないんだからさ、そりゃ複雑なデザインにはしたくないって。金森さんは普通の女子高生だし、これでいいんだ。いつか、Zoffが『映像研には手を出すな!』とコラボして「金森さやか」モデルを発売してくれないかな? デザインは作中そのまんまにして、テンプルの内側にこっそり「映像研には手を出すな!」ってタイトルだけ入れておいてさ。外側だけ見たら変哲なさすぎてキャラグッズに見えないのが逆に良いと思うんですが、どうでしょう?

 

以上、実はZoffでもう一本メガネを買っていた件をお送りいたしました。この眼鏡は爬虫類好きの方にもオススメなので、欲しい方はリンクをどうぞ(⇩)

www.zoff.co.jp

 

私が2022年買ってよかったものベストに選んだ眼鏡の記事はこちら(⇩)

mee6.hatenablog.jp

髪を切ったので展覧会に行けるかもしれない。

人混みの中へ出た日の晩には髪を洗うことにしているものの、下手に洗髪すると乾かすのに時間がかかり、寒い時期だと風邪をひきかねない。だから、冬に髪を切らずして都会の展覧会へ出かけることは許されないのである。久しぶりに美容院へ行き、ようやくにして髪を切ったので、やっと展覧会に行けるかもしれない。今はあべのハルカス美術館に「特別展アリス」が来ているのでぜひ観に行きたい。(⇩)

alice.exhibit.jp

今年初の美術鑑賞はぜひこの展覧会にしたい。とっくに会期に突入しているので前売券は買えず当日券のみだが、差額はたった200円なので惜しくはない。惜しいのはむしろ、この展覧会を知ったタイミングだ。1月に電車でお出かけして、車内広告で初めて知った。会期が始まる前に知っていたなら、バンクシー展のように前売券を確保していただろう。私は「不思議の国のアリス」の熱烈なファンではない。しかし「不思議の国のアリス」といえば、サブカル界の超メジャー作品だ。分類はファンタジーではなく児童文学なので、サブカルどころかメインカルチャーかもしれないが、この展覧会は観ないと後悔するような気がする。チェシャ猫は好きなのでグッズが買えたら嬉しい。思えば最後に行った美術展はそれこそバンクシー展で、梅田で地下へ降りた。だから今度は天王寺で天空へ登りたい。

 

以上。髪を切ったのでアリス展に行きたい件をお送りいたしました。

 

バンクシー展に行った時の記事はこちら(⇩)

mee6.hatenablog.jp

 

追記:この記事の公開後に読者様が増えました! 登録ありがとうございます! 当ブログは展覧会専門ブログではありませんし、会期中にアリス展に行けるかどうかわかりませんが、末永くおつきあいいただければ幸いです。

【ポケモン】パラドックスポケモンも色ちがいが出る!【バイオレット】

前記事で「いつの間にか隔日更新になった」だの「更新したい欲がわいてきた」だの書いておいて、舌の根の乾かぬ内に「ネタがないからまた明日更新しよかっかな」とか思った自分。だらしなすぎる。断じて許せん。だから無理やりにでも更新してやる。この際だから1000文字に達しなくてもかまわない。とにかく何か書くんだ。文字数が少なくても画像が多ければ、見て楽しい記事にはなるはずだ。ということで今回は「ひかるおまもり」無しに野生ゲットした色ちがい個体特集です。※証拠画像があるものに限る。それではどうぞ(⇩)

ムウマージは黄色系。

色エクスレッグも黄色系。

フォレトスは黄を通り越して金色!

色テツノツツミは銀色。

色テツノツツミその2。また出会うとは幸運。

色オトシドリ。クチバシと足だけ色ちがい。

フラージェス。胴体と瞼が紫色。

あれ、おかしいな。色ちがいに初遭遇した色ロトムとかうっかり逃がした色ミニリュウはともかく、手元に2匹もいる色モルフォンの画像すらないのか。我ながらうかつな。他にも、グルトンを進化させてまんま豚のビジュアルにしてしまったピンク色のパヒュートンとかがボックスにいるんだけど。まあいいか。記事にするには証拠画像が必要だからな。何にせよ自慢したけりゃ撮り忘れるなってことだ。みなさんもお気をつけて。実際にフィールドで色ちがいをみつけるとスクショを撮るどころじゃなくて見失う前に突撃してしまうし、ゲットしただけだとオートセーブしてくれないし、ボックスに送ってレポートを書かないと安心できないから、スクショを撮る余裕ができるのは色ちがいとの遭遇に慣れた後なんだけど。みなさんも色ちがいに恵まれますように。

以上、野生ゲットした色ちがい特集でした。パラドックスポケモンも色ちがいが出るというのは我ながら大いなる発見だ。

自分の引き出しの少なさに驚いたけど、まあいいか。

いつの間にか更新の頻度が上がり、隔日更新するようになった。隔日更新になった時期はわからないが、理由はわかる。読者様が増えて更新するモチベーションが向上したのだ。以前とちがって更新したい欲がわいてきた。しかし、肝心のネタがない。私は映画通でも読書家でもないので、ものすごい頻度で映画や小説を紹介する人にはなれないのだ。困った私はどうしたかというと「私見」カテゴリでエッセイ的な文章を書いた。要するに元ネタがなくてお金のかからない記事を書くようになったのだ。他人の作品を紹介するだけのブログではどうしても二流感が否めないし、私が好きなブログはエッセイ的なブログだし、私が書いた記事で「週刊はてなブログ」にピックアップされたのはエッセイ的な記事だった。やはり、他人が読んで面白いのは、その人にしか書けない体験談や人生訓なのだ。それに気づいてからはお題に参加したりしてせっせと「私見」カテゴリの記事を増やしていたのだが、最近の記事はポケモンとメイクの話ばかり。ポケモンでは感想の他にプレイ成果や世界観の考察を書き、メイクの記事ではリップアイテムをクリームアイシャドウとして評価するという、少しひねった記事を書いている。私には他にひねった記事を書ける話題がないから。我ながら自分の引き出しの少なさに愕然とした。今のところ私の引き出しは「ポケモン」と「ポイントメイク」のたった2段しかないのだ。これは私の興味の幅がめちゃくちゃ狭いせいだが、それにしも少なすぎる。もしも私がこのまま死んで、私の死後に誰かがこのブログをみつけたら、話題の少なさに驚くだろう。思えば私は興味の幅を広げたり話題を増やしたりする努力は一切しないで書いてきた。このブログは私の、成長を放棄した自堕落な性格が表れている。これはこれで驚くべきことだと思う。自堕落な人間が私見を述べているだけのブログに86名もの読者様がいることに感謝しつつも、改めて驚いている。まさに、継続は力なり。私は「自分」というコンテンツを30年以上維持しているのだから、30数年かけて少しは面白くなったのかもしれない。もしかしたら読者100名様だって達成できるかもしれないから、今のうちに記念記事の内容を考えておかなければ。

 

以上。自分の引き出しの少なさに驚いたけど、まあいいかと思ったことをお伝えいたしました。

ある日、リップは自分で買うべきだと気づいた。

ある日、ご近所のショッピングモールのお手洗いで鏡を見た私は心底から思いました。

「自分の唇にガーリーな色が乗ってるの、イヤだ」

トイレで化粧直しにリップ(ティント)を塗って鏡を見たら、せっかくダークにまとめた大人っぽい目元に似合わないガーリーな唇になっていました。昔の私は家で使うリップと出先で使うリップを分けており、それぞれ別の商品を使っていたのです。持ち歩いていたのは友人ちゃんからもらったプチプラのスティック型ティントでした。この一本しか持ち歩いていなかったので、どんなメイクで外出していようが化粧直しに使えるのは一色だけ。それがまたガーリーな色、ビビッドなコーラルカラーだったのです。このティントリップはもらいものなので心情的に捨てづらかったし、これを含めてリップは合計2本しか持っていませんでした。リップは他に何を買えばいいのかわからなかったので使い続けていたのです。しかし、私は気づきました。リップの色はアイシャドウに合わせればよいのだと。アイシャドウがダークトーンなら、リップもダークカラーであるべきなのだと。そして、自分にはビビッドなコーラルカラーは似合わないのだと。漠然と「イエベだからオレンジ系かな」なんて軽いノリで買ってもらうべきではなかった。昔の私はメイクの知識どころか自己分析すら不足しており、自分の顔面への理解が足りなかったのです。今なら自分に似合うものがわかります。正確なパーソナルカラーは知らなくても、瞼にはイエベ秋むけの色、唇にはブルベ冬むけの色が合う。瞼にはブラウン、唇にはボルドー。これが一番、私に映える色なのです。もはや私の唇には、オレンジもピンクもお呼びじゃない。ブラウンとボルドーになってから出直してきやがれ。ということで、今はブラウン系とボルドー系ばかり塗っています。よく考えれば「似合わないものを知る」ことも貴重な経験。あのコーラルリップをもらってよかったのだと思います。似合わないうえに気に入っていないことに気づき、自分でリップを選んで買う勇気を与えてくれたから。結局このコーラルリップは使いきらずに捨ててしまいましたが、もらったこと自体には今でも感謝しています。ありがとう友人ちゃん。これからもずっと友達でいてくれたら嬉しいな。

 

以上、リップは自分で買うべきだと気づいた件をお送りしました。

 

 

【ポケモン】「マメバッタのツメ」入手しやすさは異常だよね【バイオレット】

今週のお題「マメ」

 

「まめ」とつくキャラは初代「たまごっち」の「まめっち」ぐらいしか知らない私は、このお題でもポケモンの話題しか思いつきませんでした。申し訳ない。でもホント「おとしもの」では「マメバッタのツメ」はぶっちぎりで手に入りやすいと思うんですよ。個人的な「おとしもの」入手しやすさランキングは

1、マメバッタのツメ

2、ルチャブルのうもう

3、コダックのうもう

以上の3つなんですよ。ストーリー攻略を進めていったんエクスレッグの生息地にたどり着いたら、行く先々でエクスレッグをみかけるようになります。竹林にも谷間にも岩場にもいる。「マメバッタのツメ」はためすぎてカンストしたことがあります(⇩)

証拠画像。本当にカンストするんです。

あとは、水辺のゴルダック多すぎですよね。淡水域にはほぼ確実にゴルダックがいるので大量発生なんか待たなくていい。「コダックのうもう」もかなり入手しやすい。水辺のゴルダックを倒しまくればたくさん手に入る。エクスレッグ・ゴルダックは進化形態なのに、いつも大量発生を疑うほど密集しています。色ちがいに出会いやすいのはありがたいけど。色エクスレッグは黄色でした(⇩)

色エクスレッグ。実は2匹目でようやくゲット。

他に入手しやすい「おとしもの」は、大量発生するポケモンのもの。ゴーストから取れる「ゴースのガス」、ドロンチから取れる「ドラメシヤのこな」、ドータクンから取れる「ドーミラーのかけら」、モルフォンから取れる「コンパンのきば」、ムウマージから取れる「ムウマのなみだ」は入手しやすい印象です。ゴーストタイプは夜にしか現れないので夜明けまでに群れを一掃しないと、出直すことになって面倒ですが。しかし、石で進化するムウマージの大量発生はぜいたくな気分になれて良いですね! ゲーフリ様グッジョブ! おかげさまでムウマをすっとばしていきなりムウマージの色ちがいを野生ゲットしました。ムウマージも黄色かったです(⇩)

ムウマージ。黄色いので夜は目立つ。

進化形態の大量発生は、初期形態の大量発生に比べておとしもの・経験値が大量に入手できるうえに色ちがいに出会いやすい(かもしれない)驚異的な現象なので、ライドポケモンの全機能が解放されたら、片っ端から突撃してください。そして「おとしもの」をLPに交換しまくってください。そうすればお小遣いが不足しないので、高価な「どうぐ」やファッション用品のお値段にビビることはなくなるでしょう。こう考えると、パルデア地方で大量発生に突撃するべきなのはバトル勢ではなくファッショニスタかもしれない。LPをためれば着替え放題。ただし、今作には制服があるので、どれだけ着替えてもベースは制服だから、制服のアレンジにしかならないけど。

 

以上、「マメバッタのツメ」入手しやすさは異常だと思う件をお送りしました。ゲーフリ様はエクスレッグに恨みでもあるのか?

【ポケモン】世界を救うのは成り行きでいいし、共に戦うのは獣がいい。

共に戦うのは獣がいい

アニポケのサトシが「大丈夫か、リザードン!」と言うたびに母は「いや、おまえが行かせたんやろ」と言っていました。確かにその通りです。心配するぐらいなら戦わせるなって話ですね(笑) ゲームでもポケモンたちは「おや」と呼ばれる飼い主(トレーナー)の自己顕示欲の道具にされています。小遣い稼ぎに戦わせたり、飾り立ててコンテストに出してみたりと手段は様々ですが、現代のポケモンは人間と共存しているというより人間に利用されていると言ったほうが正しいでしょう。人間と獣の友情を信じない私はつい「何が『力を合わせている』だ。何が『トレーナー』だ。ジムリーダーも四天王もチャンピオンも、ポケモンを戦わせるしか能のないクズじゃねえか。この自己顕示欲の塊どもが!」と思ってしまいます。しかし最近は、これはこれで良い世界観なのだと思えるようになりました。手持ちのポケモンたちはコレクション兼戦闘員にすぎず、いくらでも替えがきく道具であってくれたほうが、共に旅する身としては安心できます。そもそも、図鑑のために数百匹のポケモンを捕獲する主人公が「ポケモンは友達」だなんて思ってるわけがないですし。正直な話、共に旅するならば、祖国を背負った悲壮感のある人物よりも、そこらへんで捕まえられる獣のほうがいい。人間キャラが死亡すると罪悪感を抱きますが、ポケモンなら「ひんし」になっても良心が痛みません。要するに、旅の共は人間キャラよりポケモンのほうが心理的な負担が軽くて良い。メンバーの全員が獣のパーティ、最高!

 

世界を救うのは成り行きでいい

ファイアーエムブレムif」をプレイして気がついたんですがどうも私は、重大なことであればあるほど関わりたくない。二国の存亡をかけた戦争の時点で関わりたくなかったのだから、世界の滅亡を防ぐ戦いなどもってのほか。その点「ポケットモンスター」シリーズはすばらしい。博士から図鑑を託されて旅立つ主人公は、旅するうちに悪の組織があることを知り、その野望を食い止めようとしますが、それはあくまでも成り行き。旅のはじめは、チャンピオンを目指すトレーナーのひとり。図鑑を持っている以外は他の子と同じです。ポケモン本家シリーズの主人公は最初から世界の命運を託されているわけではなく、生まれつき特別なわけでもありません。これが気楽で良い。世界を救うのは成り行きでいい。子供に世界の命運を託すのは反対派の私は、子供が世界を救う話ならば「特別な存在だから」ではなく「巻き込まれたから」とか「強いから頼りにされている」とかいう理由のほうが納得できるのです。だから、子供が世界を救うのは成り行きがいい。大人になってもポケモンにハマりっぱなしの人がいるのは、これも理由のひとつだと思うのです。ポケモン本家シリーズはもちろんゲームとしても面白いのですが、大人でも子供むけのタイトルを抵抗なくプレイできる理由のひとつに「ストーリーがわざとらしくない」ことも含まれるのでは。私は子供の頃「特別な存在」とか「自分にしかできないこと」に憧れていたのですが、アラサーの今となっては「特別な存在」になんか死んでもなりたくないですし「これは君にしかできないことだ」なんて言われたくないので「世界を救え」なんて絶対にお断りです。しかし、ポケモン本家シリーズの主人公は成り行きで巻き込まれていくのでお断りしている場合ではなく、仕方なしに悪の組織と戦い、図鑑のために伝説のポケモンを捕獲して、結果的に世界を救います。そう、ポケモン本家シリーズの主人公は巻き込まれ型なのです。巻き込まれ型主人公は主体性がなくて嫌いな人もいるでしょうが、巻き込まれ型のほうが自然でいいと思いません? どうしても世界を救うのなら、やっぱり成り行きがいいと思うのです。

 

以上。世界を救うのは成り行きでいいし、共に戦うのは獣がいいと思う件をお送りいたしました。

 

追記:この記事の公開後に読者様が増えました! 登録ありがとうございます! いつの間にかポケモンの記事が多くなってきました。なんだかんだ言って私はポケモン本家シリーズが好きです。今回は好きな理由を言語化できてよかった。ポケモンやゲームの専門ブログではありませんが、末永くお付き合いいただけたら嬉しいです。