ロマンというほどでもない

日常以上、ロマン未満のモノを紹介するブログ。たまに私見も書きます。

日立の冷蔵庫「R-V32NVL」 300L級で3ドアなのは珍しいかも?

今週のお題「マイベスト家電」

 

買ってよかった2021でも書いたのですが(⇩)

mee6.hatenablog.jp

 

まあ冷蔵庫ですね。日立の「R-V32NVL」という機種ですが、現行品ではないようなので、一番近い機種へのリンクを貼っておきます(⇩)

kadenfan.hitachi.co.jp

「R-V32NVL」はご近所の家電量販店でカタログをもらいまくってやっとみつけた機種です。300L級で3ドアなのは珍しいかもしれません。小さめ・冷凍室・野菜室あり、を基準に選んだのですが、この基準を満たしてくれる機種の少ないことといったらもう。たまに野菜室があっても位置がなぜか最下段だったりして「野菜を取り出すたびにしゃがんでられるかよ」とか文句を言ってました。この機種は300L級なので本体は大きくない。しかし3ドアで野菜室と冷蔵室は別々になっている。しかも野菜室は中段にあるので取り出しやすい。そうだよこれだよこういうのがほしかったんだよ。だって我が家の台所は狭いんだもの。「よく自炊するから独立した野菜室がある冷蔵庫がほしいんだけど大きな機種は置けない」という人にはおすすめ。この機種だったらワンルームの屋内廊下についてるオマケみたいな(失礼)台所の片隅でも置けるかもしれない。家電は買う前に設置場所と本体の寸法はよく計測したほうがいいけど。我が家の台所は片側がリビングとつながっているので、冷蔵庫のドアがリビングを向くように設置しました。冷蔵庫をこの向きで置くとドリンクの取り出しが楽々で最高です。身びいき抜きにしてもこの向きに冷蔵庫を設置しようと言った我が弟は天才だと思います。あなたも小さな冷蔵庫でドリンク取り出し楽々ライフを始めませんか?

 

以上。小さな冷蔵庫に満足している件をお送りいたしました。

ポケモンの人間キャラデザにリアル調を求めてるのは誰だ?

ポケモン本家シリーズ完全新作「スカーレット・バイオレット」が発表されましたね。ファンの一人として、これは大変うれしいことです。しかし、手放しで素直に喜べているわけではありません。なぜならば、人間キャラ(ポケモン博士)のキャラデザがリアル調になっているからです(⇩)

www.pokemon.co.jp

まあリアル調といっても劇画風とかフォトリアルというほどではないのですが、それにしてもどこのRPGの登場人物ですか? この博士たちにも一応は公式の立ち絵(公式イラスト)があるようですが、その絵がそのまま3Dモデルになって動いてるわけではないので公式動画を初めて見た時はとてもポケモンの登場人物には思えませんでした。あんたらべつにポケモンの登場人物である必要はないよね? ぜんぜん別の作品に出演しててもよくない? 3Dなのはいいけど中途半端に髪の毛の質感を向上させたのは誰得?などなど、私は文句たらたら。あえてメタフィクションなことを言ってしまえばポケモンは実在動物の特徴を誇張したデフォルメーションキャラクターです。つまり、ポケモンワールドにいる野生生物はみんなデフォルメキャラなのです。その隣に立つ人間キャラだけがリアル調なんて、しっくりこないじゃないですか。すでにポケモンGOのトレーナーがこんな感じだったので嫌な予感はしていましたが、本当に本家シリーズの人間キャラをこうしてしまうとは。まさか今作の成人キャラはみんなこんな感じなんですか? このキャラデザじゃまったく食指が動かないんですが。過去作の人間キャラのなかにはプレイヤー(消費者)の性癖にぶっ刺さるキャラが一作に一人はいた気がするんですけど。現にサブウェイマスターはノボリ&クダリの双子なのにノボリさんだけ人気すぎて、ノボリさんだけがレジェアルに出演するはめに陥っているし。ぶっちゃけ、フィクション作品のキャラクターはピクシブでファンに創作されまくってナンボじゃないですか。人の心の片隅に住み着き、数年おきに顔を出す。出演作の旬を過ぎても「〇周年おめでとう!」とか祝われて二次創作が描かれる。そういうもんじゃないですか。本当に愛されているキャラクターというのは。今までのポケモンでこれが可能だったのはひとえに、いかにも「フィクションのキャラですが何か?」なキャラデザのおかげじゃないですか。ポケモンワールドの魅力には人間キャラのデザインも含まれていたというのに。それなのにこんな画風にするなんて信じられない。これが商業主義、いや、グローバリズムなのか。ジャパニメーションのキャラデザはグローバルスタンダードではないので海外展開の際にはむしろ障害になるとの判断が下された結果なのか。それにしても無情じゃないですかゲーフリ様。本当に信じられない。今作のストーリー攻略は「街を通る順番が決まっていない」という前情報がなければ、プレイどころか予約する気さえしなかった。現に剣盾は「悪の組織が登場しない」という情報があったのでプレイしていません。「一人の子供が大人の集団に勝つ」というフィクションでしかありえないストーリー展開だって魅力のひとつだったのに。子供の主人公が大人(しかも犯罪者)とポケモンバトルして経験値と所持金をまきあげながらアジトの深部にずんずん進んでいく、あの展開が好きでした。もちろん悪役好きな私。もし今作が、リアル調キャラによる勧善懲悪ではないストーリーなんだとしたら。そんな、毒にも薬にもならない超健康的「ポケットモンスター」なんて誰がプレイしたがるんだ⁉ マジ信じらんねぇ!! ・・・すみません、柄にもなく叫んでしまいました。私が言いたかったことは、せっかくフィクションなんだからフィクションらしさを大切にしてほしかったということです。もう本当にこれだけなんですよゲーフリ様。いや、御社の存続のためにはこうするしかなかったんだろうなってことはわかってるんですが。人間キャラのファンはポケマスをプレイしてろってのはわかるんですが。それでも・・・まあいいか。一消費者の寝言はこのへんにしておきましょう。そろそろ日付が変わりそうだし。もう寝よ。いっぺん寝て冷静になろう。翌朝になってもまだムカついてたらこの記事を公開しよう。つまり、みなさんがこの記事を読む時は、私の怒りが収まらなかった時です。以上。

シャンプーとリンスのライン使いをやめたら髪がツヤツヤになりすぎて困った。

自慢話に聞こえるかもしれない。最終的には自慢話になるかもしれない。でもちょっと困ってるのは事実なんです。シャンプーとリンスのライン使いをやめたら髪がツヤツヤになりすぎて、家で使ってるパイル地(タオル地)のシュシュがしょっちゅうずり落ちてくるんです。おちおちベランダの洗濯物も取り込めません。パ〇テーンは使ってないのに。もっと安いシャンプーでもこんなことになるなんて予想外でした。私が今使っているシャンプーはこれ(⇩)で、

リンスはこれです(⇩)

暑くなる前から使用してて残ったシャンプー+薬用リンスという組み合わせで、風呂上りに服を着て即行でドライヤーをかけて8割ほど乾かしてから寝たら翌日には髪がサラッサラになっていました。はじめは自分史上最高のサラサラ具合を喜んでいたのですが、ちょっと家事をしたらまあシュシュがずり落ちること!ずり落ちまくって大変でした。これは困る。でも、このツヤはちょっと捨てがたい。どうしよう。まさに嬉しい悲鳴です。この体験でわかったことは、メーカー推奨のシャンプー+リンスを使わなくてもいいってこと。ライン使い推奨はあくまでも売手の都合です。求める洗い心地(さっぱりとかマイルドとか)と、求める仕上がり(しっとりとかサラサラとか)でシャンプーとリンスを選べばいいんだ。私は元からライン使い推奨を無視する派ですが(笑) バラで使えば今回みたいに偶然すごい相乗効果が出るかもしれない。逆に、シャンプーとリンスの成分が変に反応しあってヤバイ結果になる可能性もあるのであくまでも自己責任ですが。頭皮や髪のトラブルを引き受ける勇気があるのなら、シリーズを無視して求める効果だけでシャンプーとリンスを選ぶのも一つの選択肢です。

 

以上、シャンプーとリンスのライン使いをやめたら髪がツヤツヤになりすぎて困った件をお送りしました。いっそのことずっとこの組み合わせでいこうかな。

【コスメ】アメリカのレブロンが死にそうなんだってさ。

アメリカのレブロン(化粧品メーカー)が死にそうなんだってさ(⇩)

www.fashionsnap.com

 

破産法の適用を申請したんだとか。つまり財務的に死にかけってことですよね。私が生まれる前から日本で展開していた海外ブランドが破産したのはショックですね。他のサイトにはレブロンが破産した理由を分析したものがありましたが(⇩)

toyokeizai.net

 

正直なところ、どのポイントもピンときませんでした。結局のところコロナ禍でマスク生活になったので化粧品のニーズが減ったうえに、他社に勝てるような魅力的な、あるいは流行に合った商品をつくれなかっただけではないかと。有名なスターが既存ブランドのモデルになるかわりに個人のブランドを開発して売るようになってしまったという指摘は正しいと思いますが。「〇〇がプロデュースするブランド△△」って日本でもよくみかけますもんね。でも、大企業でたくさんの人が開発に携わってて流通している場所が多い商品が個人ブランドに負けるとか、そんなことあるんですかね。コロナ禍に某戦争が追い撃ちをかけて不況になったから、ぜいたく品にお金を使う人が世界的に減っているだけなのでは。特にカラーメイクって娯楽商品だし。メイクの何が面白いって、マナーの要素とぜいたくの要素が混ざっていること。ベースメイクとアイブロウとリップクリームはマナーなんだけど、そこから先はぜいたくというか遊びなんですよね。私はマナーを守ることも大事だと思うけど色で遊ぶのが好きなので、メイクではリップと派手色アイシャドウが好きです。レブロンのコスメは発色がハッキリを通り越してバッキバキ、ラメはキラキラを通り越してギッラギラなうえにパケが大きいアイテムが多いので顔に塗るよりも飾って眺めるものだと思っていますが。それにしてもさ。ドラッグストアの売場からレブロンの棚がなくなるとか考えただけでもさみしい。レブロンが破産したらドラッグストアで買えるアメリカンなコスメはメイベリンだけになってしまう。まあ素人目にはレブロンメイベリンって微妙にキャラ被りしてるから、いいといえばいいんだけど。でも今、個別記事を書くほど気に入ってるコスメ、両方ともレブロンなんだけどなあ(⇩)

mee6.hatenablog.jp

 

mee6.hatenablog.jp

 

あーあ。とりあえず日本撤退のニュースが流れたらスティックアイシャドウの予備を買いに走らないとなあ。コスメ業界は不景気なんですね、気の毒に。以上。

 

追記:この記事の公開後に読者様が増えました! 登録ありがとうございます! 実は当ブログ「ロマンというほどでもない」は匿名素人雑記ブログで、コスメ専門ブログではないのですが、たまにはコスメの話もします。ダークカラーのリップと単色アイシャドウの話ばかりになりますが。末永くおつきあいいただければ幸いです。

「ちくわの磯辺揚げ」という料理は知らなかったけど好きだった。

 私が通っていた小学校は給食センターが敷地内にあったので配送されるのを待つことはなく、温かくて美味しい給食が食べられたので食には恵まれた環境だった。そのかわり上級生は1階から3階まで階段で給食を運ばなければいけなかったので給食当番は面倒だったが、美味しい給食が食べられると思えば耐えられた。

 小学生が好きな給食のメニューといえばカレーライスが鉄板だろう。私だって例にもれずカレーが一番好きだった。しかしここでカレーについて書くとあまりにも平凡なので確実に他の人とかぶる。そこで他に好きだったメニューを思い出してみた。印象に残っているのは、ちくわの天ぷらである。給食で出されるちくわの天ぷらはなぜか衣に色と味がついていた。黄色いカレー味と緑色の青ノリ味だ。当時の私はどちらも「ちくわの天ぷら」と認識していた。

 私がこの「ちくわの天ぷら」の料理名を知ったのは大人になってからだった。偶然通りかかった物産展でたまたまみつけた藻塩をお土産に買って帰ったら、母がちくわの天ぷらを揚げてくれたのだ。母が揚げてくれた天ぷらの衣は、見覚えのある緑色だった。

「昔、こういうちくわの天ぷら食べたことあるよ。給食でね、黄色いカレー味のと、緑色の青ノリ味のやつがあったの」

「へえ」

「また食べられるとは思わなかったな。おいしいね」

「これ、ちくわの磯辺揚げっていうのよ」

 母はさらりと言ったが、私には衝撃が走っていた。知らなかった。あの「ちくわの天ぷら」には緑色のほうにだけ名前がついていたのだ。あれの正体は「ちくわの磯辺揚げ」だ! つまり、私が好きだった給食のメニューは「ちくわの磯辺揚げ」である。

 母は私が買った藻塩が尽きるまでちくわの磯辺揚げをつくってくれたが、藻塩がなくなってからはつくらなくなった。藻塩+ちくわの磯辺揚げは完璧な組み合わせであり、ちくわの磯辺揚げを食べる際には藻塩が必須なので、藻塩が尽きた以上、もう我が家でちくわの磯辺揚げを食べる必要はない、というのが家族全員の共通見解である。また藻塩を手に入れられたら、もう一度ちくわの磯辺揚げが食べられるかもしれない。

 

以上、「ちくわの磯辺揚げ」の思い出でした。

Oisix特別お題キャンペーン「好きだった給食メニュー」

Oisix(オイシックス)×はてなブログ 特別お題キャンペーン
by Oisix(オイシックス)

【レジェンズ アルセウス】仮死状態で時空の歪みから帰ろうとしてる人を止めたら予想外のことになった話【創作】

目次

 

前フリ、なぜこんな展開を思いついたか

今回は「レジェンズ アルセウス」で起きる「時空の歪み」について思いつき+創作です。私の思いつきは「時空の歪みなら死体も送れるのではないか」というもの。死体には生命活動がないから人間ではなくアイテムと認識されて、未来に戻されるのでは? 未来人の死体なら時を超えて未来に戻れるのではないかと、ふと思ってしまったんですよ。これをノボリさんが思いついたことにして。「死体になって戻る」という思いつきを主人公に話してくれたら、どうなっていたか。それが下記の「仮死状態で時空の歪みから帰ろうとしてるノボリさんを止めたら予想外のことになった話」です。ゲーム内でプレイヤーに読まれることを想定して創作したので、ゲームブック風に会話を分岐させてみました。選択したセリフの指示に合った番号をお読みください。おっと。我ながら前フリがちょっと長かったですね、すみません。

 

仮死状態で時空の歪みから帰ろうとしてるノボリさんを止めたら予想外のことになった話

 

分岐を読むのが面倒な方は、

0→1→2→3→4→8→9→10→11の順でお読みください。

たぶんこれがこの会話の最短ルートです。ちなみに最長ルートは、

0→5→12→6→7→8→9→14→15→16→17→21→22

となっていますので、心してお読みください。ただし、どんなルートをたどっても結末は同じなのでご安心ください。それではどうぞ(⇩)

 

0、ノボリ「時空の歪みは道具も送れるようです。死体になってあのなかに横たわれば、元いた場所に戻れるのではないでしょうか」
主人公:はやまらないで!→1へ
    危ないことはやめましょう!→5へ
1、ノボリ「もちろん、本当に死ぬつもりはございません。ただ、仮死状態になれれば・・・純白の凍土でなら可能でございます」
主人公:それでもだめです!→2へ
    命がけじゃない方法を!→6へ
2、ノボリ「しかし、私には他の方法が思いつかないのです・・・よろしければ、あなた様のお知恵を貸していただけませんか?」
主人公:はい!→3へ
    確信はありませんが・・・→4へ
3、ノボリ「自信満々でいらっしゃいますね。それでは聞かせていただきましょう」
主人公:アルセウスに送り込まれたことを話す。
4、「なんと! あなた様はご自分が来たルートを覚えていらっしゃるのですね。私は自分の通ったルートがわからなかった・・・だから、来た道を戻ることさえできなかったのです。しかし、あなた様はちがう・・・」ノボリはうつむいて思案する。→8へ
5、ノボリ「確かに危険ですが、未来ならば医療も進んでいるでしょう。うまくいけば助かります」
主人公:もっと安全な方法があります!→6へ
    逆に過去へ飛んだら?→12へ
6、ノボリ「何か他の案がおありなのですね。聞かせていただきましょう」
主人公:アルセウスポケモン図鑑について話す→7へ
7、ノボリ「なるほど・・・その図鑑を完成させればアルセウスに会えるのですね・・・」ノボリはうつむいて思考する。→8へ
8、ノボリ「・・・急で申し訳ありませんが、あなた様のお手伝いをさせていただけませんか?」
主人公:図鑑のことですか?→9へ
    なんのことですか?→13へ
9、ノボリ「はい。私もアルセウスに会ってみたいのです。アルセウスなら、私を送り返してくれるかもしれません。そのためにも図鑑づくりのお手伝いがしたいのですが」
主人公:ありがとうございます!→10へ
    みんなには秘密ですね。→14へ
10、ノボリ「こちらこそ。許可していただいて、ありがとうございます。それでは、次回から同行させていただきますね」
主人公:同行?→11へ
    次回から!?→18へ
11、ノボリ「はい。こう見えてゲットも得意ですので。お邪魔はいたしません。あなた様とともにフィールドへ出ます」
テロップ:ノボリが図鑑タスクを手伝ってくれるようになった! 道場にいるノボリに話しかけてみよう!→ノボリと一緒にフィールドへ出られるようになる。
12、ノボリ「!・・・言われてみれば、その可能性は考えていませんでした。今より過去の時代に飛ばされてしまうのはいけませんね。本当に死んでしまいますから」
主人公:だから、安全な方法を!→6へ
13、ノボリ「ポケモン図鑑のことです。ギンガ団の任務で図鑑づくりをなさっているのでしょう。そのお手伝いをしたいのです」
主人公:ぜひ、お願いします。→20へ
    団長に許可をもらわないと→16へ
14、ノボリ「みなさまには秘密ですか。ばれるとまずいのでしょうか?」
主人公:怒られると思います。→15へ
15、ノボリ「図鑑づくりで他人の援助を受けてはいけないのですね。あなた様が罰を受けるようなことはやめておきましょう」
主人公:なんとかします。→16へ
16、ノボリ「・・・デンボク様の許可をいただくということですか。しかし、そううまくいくでしょうか?」
主人公:貸しがありますので。→17へ
17、ノボリ「貸しがある?・・・ああ、あの、追放の一件ですか。確かに、復帰だけでは埋め合わせに足りないですね。今回は無理を通していただきましょうか。それでは、私もギンガ団本部にご一緒します」
主人公:一人で大丈夫ですよ。→21へ
    ありがとうございます。→22へ

18、ノボリ「早すぎるでしょうか? ゲットの腕も磨きましたので、お邪魔にはならないと思いますが」

主人公:心の準備が・・・→19へ

    一緒に来てくれるんですか?→11へ

19、ノボリ「急すぎましたか。申し訳ございません。それでは、準備ができましたらいつでもお声がけください。私は道場にいますので」

テロップ:ノボリが図鑑タスクを手伝ってくれるようになった! 道場にいるノボリに話しかけてみよう!→ノボリと一緒にフィールドへ出られるようになる。

20、ノボリ「これは私のためでもありますので、心からの善意とは言えませんが・・・こちらこそ、よろしくお願いいたします」

テロップ:ノボリが図鑑タスクを手伝ってくれるようになった! 道場にいるノボリに話しかけてみよう!→ノボリと一緒にフィールドへ出られるようになる。

21、ノボリ「いえ、これは私のお願いでもありますので。私からもデンボク様にお話ししましょう。ふたりなら説得できるでしょう」

主人公:ありがとうございます。→22へ

22、ノボリ「それでは参りましょう。目指すは勝利!・・・失礼、説得でしたね」

主人公:ノボリと一緒にデンボクに会い、ノボリ同行の許可を得る→ノボリと一緒にフィールドへ出られるようになる。

 

・・・はい。これで私の妄想は終わりです。要するに「仮死状態で時空の歪みから帰ろうとしてるノボリさんを止めたらフィールドへ同行してくれることになった話」です。もっとシリアスな展開になりそうだったのに気がついたら願望が炸裂していました。ブラック版をプレイしていた当時はサブマスにハマってなかったのに。ヒスイ地方のノボリさんは考察しがいがありすぎる。以上!

☆2000達成したので、お祝いに一番好きなスナック菓子の話をします【ヤマザキビスケット】

気がついたらいつの間にか当ブログは獲得した総スター数が☆2000を超えていたので、ご報告を兼ねてお祝いしたいと思います(⬇︎)

メールのスクショ。ついに☆2000越え!

読者の方々はもちろん、一見さんもありがとうございました。当ブログ「ロマンというほどでもない」は2017年に開設したので、今年で6年目に突入しております。それというのも、いつも3~5☆も気前よくくださる常連読者さまのおかげです…うそうそ、みんなのおかげですよ! とにかく何かお祝いの企画を考えたのですが、何も思いつきませんでした。それじゃあせめてまだブログに書いていないネタは…あった。まだ語ってない推しが。その名は「エアリアル」、コーンをベースにしたスナック菓子だ!(⇩)

www.yamazaki-biscuits.co.jp

これ! これの「しお味」がめちゃくちゃおいしいの! パッケージはこれ(⇩)

↑実はすでに完食されて空のパッケージ

母と二人で完食した空のパッケージ画像で失礼します。夜に撮ったのでおいしそうに見えないけど、食感は軽やかで味は香ばしくてあっさり塩味で例えるならトルティーヤチップスみたいな! とにかくいっぺん食べてみて。ポテト系のスナックに戻れなくなるぐらいにハマるから。見た目は地味だけど超うまいから。ヤマザキビスケット様、エアリアルを生み出してくれてありがとう。マジで現在のイチオシです!

 

以上。スナック菓子は断然エアリアル推しの件をお送りいたしました。

 

⇧誰も12個セットなんかいらないと思うけど一応。やっぱりスナック菓子はスーパーで買うのが便利ですよね。