ファッション誌「装苑」の文房具特集に驚いて買ったら、意外とフツウだった。

今回、ご紹介するのは、服飾誌の「装苑」。以下、リンクを兼ねた画像です。

 

 

 

流行を追う「ファッション誌」というよりは、

服飾関係を目指す人や、すでにその分野で働いている人が読むような、

業界人向けの「服飾誌」なのでしょう。

巻末にポートフォリオの作り方が載っています。

 

今号の特集 

そんな「クリエイター向け服飾誌」の現最新号の特集は、

なんと「(前略)紙と文房具。」!

これには驚きましたね。てっきり服飾関連の情報を発信する雑誌だと。

 

この「装苑」でわざわざ文房具特集だって?

珍しい。よし、久しぶりに買ってやろうじゃないか!

というわけで、現最新号のリンク画像です。

  

 

実際に読んでみると、いやあ、さすがは「装苑」!

p24~p29に、ファッションと紙を融合させた企画

「5人のクリエイターが作る限りなくもろくて美しいモード」が

掲載されています。

 

写っている紙製のドレスもすごいですが、背景の段ボール空間もすごい!

壁も天井も床も段ボール材で埋め尽くされています。

この空間は手作業で作られており、撮影の準備が大変だったとか。

 

で、この特集のこれ以外の企画は、というと。

これが、意外とフツウの文房具特集。

 

紙好きの人に、どんな紙製品が好きかインタビュー

(ブックデザイナーの祖父江慎さんへのインタビューは鉄板)、

様々な紙製品が買える(東京の)お店が載っていたり。

 

マスキングテープ「mt」のカモ井加工紙が今年の2月に

オープンさせた、予約制の路面店「mt lab.」を訪問したり、

「ツバメノート」の製造工程と名前の由来を取材したり。

 

あれ? 私が買ったのって、文房具の雑誌だったっけ?

思わず表紙を確認してしまうぐらい、フツウの文房具特集。

 

読んでみた感想

正直な話、残念半分・安心半分。

 

残念な点:「装苑らしい」ファッションに絡めた記事がもっと読みたかった。

     どんな記事になっているのか楽しみだったのに。また、

     紙製品にフォーカスされていて、他の文房具メーカーへの取材がない。

 

安心な点:「装苑」のことを知らない紙モノ好きが、今号を買っても平気。

     ファッションと紙を融合させた企画が新鮮で楽しめそう。

     見開きが三つ続く企画、

     「好きなテイストで集めたいステーショナリーカタログ」も

     鉄板だけど、今、流通しているものを知るにはいい。

 

まとめ

そもそも「装苑」は、遭遇率は高い割に、内容は尖っている気が。

近所の本屋さんにも、セブンイレブンにも置かれていますが、

尖鋭的な雑誌だと思います。

業界人か、よっぽどの服飾マニアじゃないと、定期購読はしてないのでは。

 

クラスに一人はいる、変わり者。そんな印象の雑誌です。

なぜこれがセブンイレブンにも置かれているのか不思議。

 

ちなみに、冒頭に載せた画像は、手元にあるバックナンバーと同じです。

この「(前略)アクセサリーはやめられない!」特集号は

わざわざ通販しました。アクセサリーを見るのが好きなんですよね。

この号は古紙回収に出さずにとってあります。

 

この号の内容は、いかにも「装苑」らしい気がするので

紹介記事はあえて書きませんが、

アクセサリー好きなら買って損はない号ですよ!

 

以上、クリエイター向け服飾誌「装苑」の紹介でした。

 

追記:「(前略)アクセサリーはやめられない!」特集号は、

   オリジナルキャラをつくりたい人にもオススメ。

   三次元の人がつけているとコスプレになりそうな、

   いかにも二次元の人がつけていそうなアクセサリーが多いです。

   個々のデザインをそのまま使ってはまずいでしょうが、

   参考にするにはいいと思います。

 

※本記事は、7月11日に加筆しました。