こってり外国産アイス、ベン&ジェリーズ

目次

 

今回、ご紹介するのは、アメリカ産のアイスクリーム ベン&ジェリーズ。

英語表記は「BEN&JERRY'S」です。

最近食べたのはチョコレート・チェリー味。

それでは現物画像をどうぞ。

 

f:id:Mee6:20170609131717j:plain

 

カロリー表示があるのがうれしい。

しかし斜め上からだと、フタの柄がよく見えませんね。

 

f:id:Mee6:20170609132001j:plain

 

もう一枚アップしてみました。こんな柄です。

フェアトレードの表記がありますね。好感度が上がります。

輸入しているのはユニリーバ・ジャパンです。

 

チョコレート・チェリー味の感想

それでは、この味の感想を。

味はチョコレートというよりはココア寄りです。

プレーンの部分は、こってりチョコレートアイス。

 

しかし、チェリーをかむと印象が変わります。

成分上は入っていないはずなのに、洋酒みたいな香りが。

正体はチェリーシロップのようです。

 

このシロップ漬けチェリーのおかげで、食べ進むと

大人っぽい味になってきます。

 

しかも固形チョコを砕いたものまで入っているので、

食感のアクセントになり、食べ飽きません。

 

あと、アメリカ産だけあって甘いです。糖分が高そう。

甘さひかえめが好きな方には合わないかも。

 

ブランドとの出会い 

それで、このアイスはどこで買えるのでしょうか?

一応、ブランドの実店舗もあるようですが、公式サイトによると、

常設店は東京に2店舗しかありません。

 

なに、その入手難度の高さ!

これって、地方の人は食べられないんじゃない?

そう思ったあなた。ご心配なく!

 

ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、

実はこのアイス、ツタヤで売ってます!

そう、あのレンタルビデオショップのTUTAYAです。

 

訂正:一部のツタヤで売っています。

   その他、販売店を詳しくお知りになりたい方は、

   以下のリンクでお確かめください。

reizoko.benjerry.jp

 

かくいう私も、近所のツタヤでこのブランドを知りました。

ある日、久しぶりに行ったらなぜかアイスのケースが!

ミニカップばかり並んでいます。

 

全部、同じブランドらしい。

ベン&ジェリーズ? 知らないブランドだなあ。

どれ、初めてだし何かプレーンのやつは、と。

 

あれ? よく見たら具材(チャンク)が入ってないのって、

バニラしかない!

すごいなあ。さすがはアメリカのブランド、こってりだ。

じゃあ、とりあえずバニラ味を買おう。

 

で、食べてみました。

牛乳よりはバニラの香りが強く、まさにバニラ味!

牛乳ソフトが好きな方よりも、バニラアイスが好きな方むけ。

 

このベン&ジェリーズは、人工の香料・着色料が使われていません。

私が買った時はハーゲンダッツよりも高かったですが、

安心でおもしろいアイスクリームを食べてみたい方にはオススメです。

 

以上、アメリカ産のアイスクリーム ベン&ジェリーズ の紹介でした。

 

後日追記

「チャンキー・モンキー」という味も食べてみました。

バナナ味のアイスに、クルミとチョコのチャンクが入っています。

バニラ味よりあっさりしていて食べやすいですが、しっかりバナナ味。

しかし、食べ物の名に「モンキー」という語を入れる、

このネーミングセンスは、さすがアメリカ!

以下、画像もつけておきますね。

f:id:Mee6:20170625224310j:plain

 

※本記事は、6月25日に加筆・修正しました。

 

追記2

「クッキーカーニバル」という味も食べてみました。

この味はチャンクが珍しい。ベン&ジェリーズのチャンクは、

よく見るとチョコ・チェリー・クルミの三種が使いまわされて

いることが多く、他のチャンクは珍しい。

ということで食べてみたのですが、ベースはバニラ味です。

チャンクが入っている分、プレーンのバニラより食べやすい。

とりあえず、クッキー入りのアイスが好きな人にオススメ。

 

f:id:Mee6:20170712113818j:plain

 

※本記事は、7月12日に加筆しました。