かっこいいボールペンクリップ

今回、ご紹介するのは、かっこいいボールペンクリップ。

はい、フォーカスするのは、あくまでもボールペンのクリップです。

 

ボールペンのクリップには、何パターンかありますよね。

私がご紹介したいのは、一本の針金でできているタイプです。

いや、これがかっこいいのなんの!

それでは、手元にある二本のボールペンをお見せしましょう。

 

f:id:Mee6:20170520193317j:plain

 

 ほらね、このクリップ、こうして見るとかっこよくないですか?

個人的にはすごく好き。スタイリッシュ!

 

はずしたら厚紙にあとがついている。

それぐらい圧力が強いタイプのクリップです。

薄い紙と厚い布につけるのに向いているのかも。

 

よく考えたら、クリップは主にポケットにさすもの。

だからこれぐらい圧力が強くないと心もとない。

バネタイプと違って無理すると折れるという、

武骨な外見に反して打たれ弱いところも好きです。

 

さて、それではここで、クリップの持ち主をご紹介しましょう。

 

f:id:Mee6:20170520192054j:plain

 

今回は厚紙にさして撮影しているので、ひっくり返すとこうなります。

 むかって右にあるのが、黒いクリップの持ち主。

むかって左にあるのが、銀色のクリップの持ち主です。

 

右のペンは、言わずと知れた ラミー のボールペン。

それも去年の、2016年限定カラー! 色名はライラックです。

万年筆は使いませんし、キャップを失くしそうで恐い。

しかし一本ぐらい、ラミー製品がほしい。

 

そこで選んだのがこちら。サファリシリーズは毎年、

限定カラーを出していると雑誌で読み、

じゃあ今年は? と調べたら、なんと紫色!

これはほしい。どこで買えるんだ。ロフト?

 

2017年5月20日現在、アマゾンでも買えるようです。

一年前ぐらいのモデルなら通販できるらしい。

みなさん、あきらめることはありません!

 

私は、ららぽーとエキスポシティ1F

に入っているロフトで買いました。私の手には少しゴツイけども。

ちなみに太さは0.5ミリで、黒いジャバラの部分をノックして

ペン先を出します。

 

じゃあ、向かって左のヤツは?

すみません。実は、詳細がわかりません。

学生時代に京都の 古今烏丸 の1F・2Fに入っている

アクタス で買った記憶はあるのですが。

 

これに至っては、純粋に外見のみ! で買いました。

透明な部分に入っている茶色いものは、

植物の種子(本物)です。他にもいくつか種類があったような。

 

で、どうやってペン先を出すのかと言いますと。

なんと、本体をつかんで、ひねる!

そう、ペットボトルのフタと同じ要領です。

 

ふ、不便だ! 買ったあとに気がついたけど、不便だ!

だって、両手が使えないとペン先が出せない!

でもいいんだ、かっこいいから。

 

 今では、観賞用としてカベの華ならぬ「ペン立ての華」に。

実はラミーもそうです。まあ、いざとなったら使えるんだから、

このままペン立てにさしておきます。

 

たまには、ボールペンのクリップにも注目してあげてください。

今日も健気に、あなたのペンを制服のポケットにホールドしている、

縁の下の力持ちのことを。