パズルゲーム『猫のニャッホ』を紹介。猫なのに借金まみれ!? 貧乏画家猫を救え!

目次

 

今回、ご紹介するのは、ゲームアプリ『猫のニャッホ』。

すみすみの動画視聴ボーナスにつられて再生してみたことろ、

気になったのでインストールしてみた一作です。

 

このゲームの目的と、物語の進め方

 プレイヤーは猫のニャッホの亡き主人。借金を抱え、マダム・ヴィオレにお屋敷から追い出されそうになっている貧乏画家のニャッホを救うため、パズルを解いてニャッホに絵のインスピレーションを与えます。いくつかパズルを解くと絵が完成し、画商に買われて、お金になります。また、パズルを解いてもお金をもらえるので、少しずつお屋敷を直し、家具を買って、お屋敷をキレイにしていきます。ニャッホの借金を返し、お屋敷を元通りにすることが、プレイヤーの目的です。 

 物語の進め方は、MENUから「やること」を確認し、それにかかるお金をパズルで稼いで実行します。いくつかの「やること」をこなすと進行度(%で表示)が上がり、好進行度が100%になると次の章に進むことができます。

 

操作感など。ターン制限ありの入れ換え式パズル。

 本作はターン制限ありの入れ換え式落ち物系パズルです。ブロックが三つ以上並ぶと消えるので、隣り合うブロックを入れ替え、三つ以上の列を作って消していきます。一度に四つ以上消すとウエポンが出現します。ウエポンをうまく使って、より少ない手数でクリアすることを目指しましょう。残りターン数に応じてボーナスがもらえます。

 ウエポンは画材にちなんでおり、ハケやバケツ、チューブの形をしています。ブロックは魚・猫・ネズミなどの形をしており、猫らしさが出ています。ピース(ブロック)を眺めているだけで楽しいです。

 ただ、ブロックが小さくて、一画面あたりのブロックが多いので、すみすみよりも盤面がわかりづらい。ブロックの色はハッキリと違うので見えやすいのですが。

 パズルの難易度は主観なので、得意な方にとっては難しい部類に入らないかもしれません。真に問題なのは、起動時の読み込みが遅いこと。少しは改善されましたが、BGM二周分ぐらいかかります。オフラインなら起動が早いのか? 

 

世界観とキャラクター

 絵本のような画風で描かれるパリで、動物たちが人間のように生活しています。服を着て言葉を話し、それぞれの商売を営む動物たち。

 画家のニャッホの名はゴッホにちなんでいるようで、ニャッホを監視して励ますネズミの名前はテオといいます。ゴッホの弟さんの名ですね。ニャッホはまんまピカソゴーギャン、モネという画家猫とも交流があります。

 その他のキャラクターも魅力的なんですが、今のところ私が一番好きなのは、主人公のニャッホです。ニャッホは借金があるにも関わらず、テオのツケで買い物をし、テオからお金を借りていながら借用書を燃やしてしまうというダメっぷりを発揮しています。平たくいうとニャッホは、誘惑に弱い。だけど憎めない。いつのまにかテオみたいにニャッホをはげまし、助けてあげたいと思っているのです。

 みなさんも、ニャッホの思い出の人となって、ニャッホを助けてあげませんか? 物語を進めていくにつれて解放されていくキャラクター紹介と、ゴッホの絵にちなんだニャッホの絵も楽しいです。MENU⇒ギャラリーで、ニャッホの絵を見られます。ニャッホの絵は端末に保存することもできます。 

 

 私のプレイ状況

 今は第12章までしかプレイしていませんが、個人的には第3章の時点でパズルが難しいと感じました。クリア条件もどんどん複雑化していきます。シナリオは第21章が解放されているそうです。

 先日、初フレンド申請が来たんですが、初お断りしました。今作はパズルゲーとはいえアプリなので一応、フレンド機能もあるんですよね。使えば有利になるのはわかるのですが、一人でどこまでできるか試したいのでフレンドは一切受け付けていません。そう、フレンドなし縛りプレイをしているのです。ソシャゲはフレンドなし派になりました。以前は「18(エイティーン)」というゲームをプレイしていたのですが、途中でやめてしまったので。いつかやめるゲームにフレンド作ってもね。端末から削除したらIDもなくなるはずだし。 

 

以上。貧乏画家猫を救うパズル『猫のニャッホ』をご紹介しました。猫好きと美術ファン(特にゴッホのファン)にオススメです。

 

※筆者は只今、ポケモンエストのために本作のプレイを中断しています。

 iPad miniのストレージ量が足らなくなってしまいました。16GBだと複数のゲームの

 並行プレイにはむいていないようです。