ネイルを始め、アイシャドウを買い集めた夏でした。

今週のお題「#平成最後の夏」

 

目次

 

スルーするつもりだったお題なんですけど、今日、久しぶりにドラッグストアに行って触発されたので、この夏にしたことを書こうと思います。

私がこの夏にしたことは、記事タイトル通り

・ネイルを始めたこと

・アイシャドウを買い集めたこと

以上のふたつです。以下、それぞれの情報を勝手にお送りしますので、

よければおつきあいください。

 

今年の夏に挑戦したネイル

ネイルは、テゾーロ様のイメージネイルに挑戦したことがきっかけでした。私が挑んだイメージネイルの詳細を知りたい方は、以下のリンクから過去記事をどうぞ。

 

mee6.hatenablog.jp

 

上記の記事は追記まみれで長くなってしまったので、一部を本記事に移しました。

以下、リンク先の記事から移した、イメージネイルをする過程でのこぼれ話など。

 

ネイルホリックの公式本(⇓) リンクを兼ねた画像

巻末のカタログを読むと、マット仕上げになるトップコートがあるらしい。

マット加工好きの私は、さっそく買って試しました。

以下、リンクを兼ねた画像です。

 

 

そして、こちらがネイルチップで試した画像(⇓)です

             f:id:Mee6:20180829223538j:plain

左の列がクリア、右の列がマット。両方とも2度ぬりです。

なんという質感の差でしょうか! 私は断然、右のほうが好みです。

自分の爪にぬるならマットにします! 高級感もあるし、

マット仕上げは手触りが曇りガラスみたいで最高です。

 

久しぶりにネイルしてみたら、右の人差し指の爪がこすれてネイルがヨレた。

利き手じゃないから油断してた。普段からネイルしたいなら、

利き手じゃないほうの手の、中・薬・小指にぬろうと思いました。

この指なら利き手でもいけるか。

とりあえず親指と人差し指はよく使うので避けたほうがいいかも。

はげやすそうですし。あと、マット仕上げは手触りが曇りガラスみたいって

書いたんですが、自分の指だとなんか感触がちがう。体温のせいでしょうか。

ネイルチップの感触はよかったのに。これまた不思議。

ネイルって美術みたいと思ってたけど、ちょっと理科の要素もあるらしい。

 

過去記事で使ったネイルチップはこちら(⇓)

            f:id:Mee6:20180829223637j:plain

みなさん、上の画像をよく見てください。この商品は一列に6枚の爪があるでしょ? 

そう、この商品は12枚で一個なんですよ! これが5個入って60枚になっています。

この付け爪はセリアで買ったんですけど、セリアのお客様には

6本指の方が多いのかもしれません(そんなわけない)。

これはたぶん、自分の小指の爪の大きさに合わせて使うパーツを選べってこと

なんでしょうけども。初見だとちょっと驚くし、想像が広がりますね!

 

ネイルホリックの、2018年の限定色のボトルがこちら(⇓)

          f:id:Mee6:20180829223731j:plain

左:2018年5月16日発売のGD052  限定色なのでフタとグランド名がピンク色。

発売から3ヶ月以上経った現在では、店頭でみかけなくなりました。

右:ついに買ったベースコート。いらないと思ってたけど、ネイルを長持ちさせたいならやはり塗るべきかと購入。

 

次に、私の手持ちのネイル・メンバーズをお見せしましょう。

f:id:Mee6:20180829223916j:plain

そういえば、私のマニキュアは今、何本あるんだろう? 

画像を見ながら数えてみたところ、

ゾーヤ×1本+ネイルホリック×9本+paネイル×2本+キャンメイク×1本=13本!

マジで? 文化によっては不吉な数なのは置いといて、多すぎじゃない!?

いつのまにこんなに増えたんだ。我ながら信じられない所有数だ。

これ以上増やさないようにしなければ。ネイルホリックのガイド本によると

発売当時、全68色を大人買いした人もいたらしい*1けど、私にはこれだけあれば十分。

  

最後に。公式ガイドの他に買ったネイル本を紹介します。

以下、リンクを兼ねた画像です。

アマゾンでショートネイルの本を検索して発見。まず、この表紙写真がステキ。

私は自分の本棚に人の顔が写った表紙の本を置きたくないので、この本を買うことにしました。人物の顔は写っていないし、手元はちゃんと見えるし。おまけに、ショートネイルの本でありながらジェルネイルに特化していない内容でした。定番デザインの種類と、デコパーツの一覧が見られたのもよかったです。

この本の主な内容は、デザインパターンの見本・爪の手入れ法・マニキュアの基本の塗り方・有名なネイルサロンの紹介。内容的にはお約束なので個別記事を書くほどではないですが、真似してみたいデザインがありました。P56の「アーティスティックなデザイン」特集にあった、グレー地にピンクのラインが描かれたものです。これをメタリックシルバーで再現したらカッコイイんじゃないかと思って、paネイルのシルバーを買いました。上からZOYAネイルでラインを描く予定です。具体的にどんなデザインなのかは現物でお確かめを。

 

平成最後の夏に買ったアイシャドウ

推しキャラのテゾーロ様に影響されていて、買ったアイシャドウはゴルゴルの能力にちなんだゴールド系と、テゾーロ様の髪色に似たカーキのみ。

それでは以下、買い集めたアイシャドウコレクションをお見せしましょう。

 

1、メイベリン

f:id:Mee6:20180829090916j:plain

メイベリンのスティックタイプのアイシャドウ。

正式な商品名は「トーン オン トーン シャドウ GD-1」です。

今まさに使っている一品。

強めに押しつけてきっぱり引くと、バキッとした発色でキレイ。

まぶたに乗せた後にぼかさないほうが好き。

私は最低でも2回は引きます。一回だと薄づきです。

@コスメによると、お値段は¥1200。レビューなどを読みたい方は、

以下のリンクをどうぞ。

https://www.cosme.net/product/product_id/10139856/sku/964340

 

2、インテグレートとマジョリカマジョルカ

f:id:Mee6:20180829091131j:plain

インテグレートのプチクレヨンアイシャドーは母にゆずって、マジョリカマジョルカ(シャドーカスタマイズGD822 ゴールデン)は未開封でキープ。

インテグレートのプチクレヨンアイシャドーはローソン限定品。しかもこのゴールドは限定色かつ人気の品だったらしく、買えなかったという人もいたようです。

幸いにしてウチの近所では売れ残っていたので私は買えました。

小さいからなのか、このシリーズは安い! 発色は弱め。

マジョリカマジョルカの単色アイシャドウも安い。アマゾンで送料を無料に

するべく、合計金額を調整するためについで買いしました。¥500台なのは

ありがたいですよね。三つ買ったら¥1500以上になるから、逆に割高だけど。

@コスメによると、インテグレートのプチクレヨンアイシャドーも¥500。

レビューなどを見たい方は、以下のリンクをどうぞ。

インテグレートのプチクレヨンアイシャドーへのリンク(⇓)

https://www.cosme.net/product/product_id/10134093/top

 

マジョリカマジョルカ、シャドーカスタマイズへのリンク(⇓)

https://www.cosme.net/product/product_id/311996/sku/550344

 

3、リンメル

f:id:Mee6:20180829091922j:plain

プリズムクリーム・アイカラーシリーズ007番(カーキグリーン)。

クリームタイプのアイシャドウ。こちらも未開封でキープ。

色が秋っぽいし、ベタつくのがイヤなので、秋までおあずけです。

リンメルの単色アイシャドウは比較的お安い。

もちろん、一個で何色も入っているほうが、一色あたりは安いけど。

私は3色までしか使わないので、多色で高いやつより、単色で安いほうが嬉しい。

@コスメによると、お値段は¥800。レビューなどが読みたい方は、

以下のリンクをどうぞ。

https://www.cosme.net/product/product_id/10112497/sku/919508

 

以上。私が平成最後の夏にしたことと、ゲットしたアイテムについてをお送りしました。

 

こちらがネイルホリックの公式ガイド。安い!

 

 

※本記事は、2018年9月3日に加筆しました。

 

 

*1:ネイルホリック公式ガイド本『LOVE! NAIL HOLIC』P85を参照