ロマンというほどでもない

日常以上、ロマン未満のモノを紹介するブログ。たまに私見も書きます。

映画『JOKER』を観てジョーカーのにわかファンになったのでバットマンの翻訳版コミック買ってみた。

今週のお題「好きな漫画」

 

今回の記事はタイトルそのまんまの内容をお送りします。今年の映画『JOKER』を観てジョーカーさんのにわかファンになりました。ジョーカーさんは2008年の映画『ダークナイト』に登場していた時から気になっていて、当時はウィキペディアなんかで基本情報を調べたりしていましたが。今年になってpixivなどでファンアートを見たり、あまつさえ翻訳版コミックを買うことになるとは思いもしませんでした。ざっと調べたところ、ジョーカーさんは一話で消える予定のキャラクターだったのに作者の気が変わって作中で生き延び、バットマンシリーズ最大の宿敵になったんだとか。もうこの時点でジョーカーさんに現実が侵食されているような気がします。ジョーカーさんが作者の夢に出てきて「おれ様を死なせるだあ? バカ言ってんじゃねえよ。おれがこの程度で死ぬわけねえだろうが。おれとバッツは永遠に遊ぶんだ! わかったらさっさと結末を書き換えな!」なんて言ったんじゃないかな。ありえそうな気がしません? バットマンシリーズって2019年現在で80周年だそうですが。80年も続くコンテンツってすごくない? やっぱりジョーカーさんの呪いだろ。

今年の映画『JOKER』が印象的だったのは『ダークナイト』に増して作風が現実的で、ジョーカーの誕生過程に現実味があったことと、コミックスで語られている基本的な出自からはあえて離れた独自の誕生譚を描いているという知識が自分にあったからだと思います。80年もの歴史がある作品を、古参のファンに叩かれることを承知のうえで独自解釈するとは。素人からするとすごく勇気がいることのような気がしますが、こんなことができるぐらい「バットマン」という作品はコンテンツとして成熟しているのか。多少、独自解釈した単発作品が出たところでシリーズ全体の人気は不動だということですかね。それにしてもDCさんは懐が広い。今年の映画版ジョーカーさんは、自分と無関係な人をむやみと殺す凶悪さもないし、かといってコミカルな泥棒でもないし。従来のジョーカー像に比べると本当に「ただの人間」って感じがします。今年のジョーカーさんはバットマンに対峙したらすぐに捕まりそうです。要するに今年のジョーカーさんは弱そう。でも、弱そうに見える方がいいのかもしれない。感情移入がしやすくて親近感を持ちやすいから。DCさんが独自解釈を許可したのは、アメコミ原作でもヒューマンドラマはつくれるのだと証明するためだったのかも。アメコミをただの勧善懲悪の幼稚なオタク向けコンテンツだと思ったら大間違いだぞっていう。

こんなことを考えながら、とりあえずアマゾンで(以下、画像はアマゾンへのリンクです)

『エンドゲーム』(⬇︎)と 

バットマン:ヨーロッパ』(⬇︎)をポチり。

なんでこんなラインナップになったのかというと「ジョーカーさんの正史上でのバットマンとの別れ方を知りたい」というのと「ジョーカーさんが主なヴィランで登場人物が少ないものを読みたい」と思ったから。アメコミについて少し調べると、正史(メインストーリー)の他に、ミニシリーズと呼ばれるパラレルワールドを舞台にした短編があることがわかったので、あらすじを読みながら好みのものを探したところ『バットマン:ヨーロッパ』を発見。バットマンがジョーカーと共闘する!? しかも舞台はゴッサムだけじゃない!? これは好みの予感! ということで迷わず購入。かくして私の人生初アメコミは『バットマン:ヨーロッパ』に。『バットマン:ヨーロッパ』を読んでよかったことは、ファンアートでよくある「Bad joke」「Bat joke?」の元ネタが知れたことですね。海外でのカップリングタグ「Batjoke」もこれが元ネタなのかな。『エンドゲーム』もたしか同日に届いたんですが、分厚くて読む気力がなかったので後回しになりました。それにしてもアメコミってすげえな。公式の版元からまるで2次創作みたいな説定と展開の作品がバンバン出版されてるじゃん。天国じゃん! マジですごいわ。

この他に私が購入して摂取したのは

『喪われた絆』(⬇︎)と 

『ロング・ハロウィーン』(⬇︎)と 

ホワイトナイト』(⬇︎)と

『ダークビクトリー』(⬇︎)です。 

『喪われた絆』は表紙が怖すぎて買うのを躊躇していたのですが、正史の一部だし『エンドゲーム』以前の事件も知りたくなったので、時系列的に中間の『真夜中の事件簿』をスルーして購入。ジョーカーさんがよくも悪くも大活躍するので買って損なしでした。勇気を出してよかったです。『ロング・ハロウィーン』は個別記事を書くほどにお気に入りの1作になりました。『ロング・ハロウィーン』のジョーカーさんは太い眉と大きな口と細い腕と黒っぽい口紅が特徴です。独特のビジュアルをしているので一度見たら二度と忘れないと思います。明けないハロウィーンだってあるさ。その名はバットマンワールドだ! 『ホワイトナイト』は映画のパンフレットで紹介されていたので購入。続編の企画があるとのことなので翻訳版が出るのを気長に待ちます。『ホワイトナイト』はシュッとした線で描かれているキャラデザ(特にトゥーフェイス)が私好みだったうえに内容が面白かったです。ジョーカーが正気に返るというよりも、過剰投薬で人格が善悪に分裂して、善の人格がバットマンを追い詰めながら警察などの不正を暴きまくって街を浄化していく物語でした。って、この設定だけ聞いているとマジで2次創作くさいな。高品質な絵と素敵な物語がついているので不満はありませんが。公式が供給してくれるんだったらそれに越したことはないさ。『ロング・ハロウィーン』よりも多くのヴィランが集まった会合の集合絵とかね。しかし、お互いに憎み合っていたはずなのに、用意された飲み物を無警戒に飲む『ホワイトナイト』のヴィランたちって実は仲がいいんじゃないだろうか。というかどうやって連絡とったんだろう。よく考えたら連絡先を知ってる時点でけっこう仲良しじゃなない? そう考えると微笑ましいですね。『ホワイトナイト』はジョーカー(悪)とジャック(善)人格の入れ替わりを髪の色・髪型・瞳の色・肌の色で表現しており、同じ身体を使っていながらも非常に見分けやすくなっています。ホワイトナイト』のジョーカーはなぜかオッドアイ フェチシズムが刺激されますね! フルカラー万歳! 個人的にはジャックの目がオッドアイになっている、人格切り替わり中の状態が一番好き。

『ロング・ハロウィーン』の続編『ダークビクトリー』は、あの世界のデント氏がどうなったのか知りたかったのと、もっとティム・セイルさんの絵が観たいと思って購入。ジョーカーさんがたいして活躍しないのは残念ですが、やっとペンギンにもセリフが与えられたしミスターフリーズが登場するし。例の、トゥーフェイスがアイビーにキスされたがギルダへの愛が強すぎてフェロモンが効かなかったシーンも見られたし。短編「バットマン:マッドネス」も読めたのでよかったです。しかし今作と前作のスケアクロウとマッドハッターは狂気が濃いな。スケアクロウはほぼマザーグースの引用しかしゃべらないし、マッドハッターは「アリス」の引用でしか話さないし。この印象で『ホワイトナイト』と読むと「マッドハッターが引用以外のことを話してる! かなり正気!」とか思ってギャップを感じます。

あとは『バットマン:ウェディング』も読みたい。ヤバイなバットマンワールド。ヴィランがキャラ立ちしてて魅力的で。まさか、1人好きになると主要メンバーが次々に好きになるという構造!?  楽しいけど怖いな(予算と収納スペースの確保を考えた時に)。

 

以上。最近はバットマンシリーズを読んでいる件をお送りしました。

※本記事は2019年11月9日に加筆しました。