ロマンというほどでもない

日常以上、ロマン未満のモノを紹介するブログ。たまに私見も書きます。

映画『JOKER』を観てジョーカーのにわかファンになったのでバットマンの翻訳版コミック買ってみた。

今週のお題「好きな漫画」

 

目次

 

今回の記事はタイトルそのまんまの内容をお送りします。今年の映画『JOKER』を観てジョーカーさんのにわかファンになりました。ジョーカーさんは2008年の映画『ダークナイト』に登場していた時から気になっていて、当時はウィキペディアなんかで基本情報を調べたりしていましたが。今年になってpixivなどでファンアートを見たり、あまつさえ翻訳版コミックを買うことになるとは思いもしませんでした。ざっと調べたところ、ジョーカーさんは一話で消える予定のキャラクターだったのに作者の気が変わって作中で生き延び、バットマンシリーズ最大の宿敵になったんだとか。もうこの時点でジョーカーさんに現実が侵食されているような気がします。ジョーカーさんが作者の夢に出てきて「おれ様を死なせるだあ? バカ言ってんじゃねえよ。おれがこの程度で死ぬわけねえだろうが。おれとバッツは永遠に遊ぶんだ! わかったらさっさと結末を書き換えな!」なんて言ったんじゃないかと。ありえそうな気がしません? バットマンシリーズは2019年現在で80周年だそうですが。80年も続くコンテンツってすごくない? やっぱりジョーカーさんの呪いだろ。

今年の映画『JOKER』が印象的だったのは『ダークナイト』に増して作風が現実的で、ジョーカーの誕生過程に現実味があったことと、コミックスで語られている基本的な出自からはあえて離れた独自の誕生譚を描いているという知識が自分にあったからだと思います。80年もの歴史がある作品を、古参のファンに叩かれることを承知のうえで独自解釈するとは。素人からするとすごく勇気がいることのような気がしますが、こんなことができるぐらい「バットマン」という作品はコンテンツとして成熟しているのか。多少、独自解釈した単発作品が出たところでシリーズ全体の人気は不動だということですかね。それにしてもDCさんは懐が広い。今年の映画版ジョーカーさんは、自分と無関係な人をむやみと殺す凶悪さもないし、かといってコミカルな泥棒でもないし。本当に「ただの人間」って感じがします。今年のジョーカーさんはバットマンに対峙したらすぐに捕まりそうです。要するに今年のジョーカーさんは弱そう。でも、弱そうに見える方がいいのかもしれない。感情移入がしやすくて親近感を持ちやすいから。DCさんが独自解釈を許可したのは、アメコミ原作でもヒューマンドラマはつくれるのだと証明するためだったのかも。アメコミをただの勧善懲悪の幼稚なオタク向けコンテンツだと思ったら大間違いだぞっていう。それにしてもアメコミってすげえな。公式の版元からまるで2次創作みたいな説定と展開の作品がバンバン出版されてるじゃん。天国じゃん。マジですごい。

ここからは私が買って読んだものの画像と感想をお送りします。

 

『エンドゲーム』

ジョーカーによるゴッサムの破壊が描かれる一作。ジョーカーが自らバットマンとの別れを切り出すとは意外すぎる。喪服のような黒スーツを着たジョーカー。服装からして本気なのがわかります。カラースーツでも仮装でもないジョーカーさんは珍しいし怖い。このコミックはとりあえず分厚い。分厚さに比例して長い物語なのでまだ自分の中で感想がまとまっていませんが、アーカムの5人の患者がそれぞれ、自分がジョーカーから聞かされた「ジョーカーの正体」を精神科医に話すところは面白かったです。そして精神科医が「ジョーカーの真実」を話して、ある意味では決着。先生が書いた本は無事に出版されるのでしょうか。

 

バットマン:ヨーロッパ』

アメコミについて少し調べると、正史(メインストーリー)の他に、ミニシリーズと呼ばれるパラレルワールドを舞台にした短編があることがわかったので、あらすじを読みながら好みのものを探したところ『バットマン:ヨーロッパ』を発見。バットマンがジョーカーと共闘する!? しかも舞台はゴッサムだけじゃない!? これは好みの予感! ということで迷わず購入。かくして私の人生初アメコミは『バットマン:ヨーロッパ』に。『バットマン:ヨーロッパ』を読んでよかったことは、ファンアートでよくある「Bad joke」「Bat joke?」の元ネタが知れたことですね。海外でのカップリングタグ「Batjoke」もこれが元ネタなのか?

 

『喪われた絆』

表紙が怖すぎて買うのを躊躇していたのですが、正史の一部だし『エンドゲーム』以前の事件も知りたくなったので、時系列的に中間の『真夜中の事件簿』をスルーして購入。ジョーカーさんがアーカムで大活躍するので買って損なしでした。勇気を出してよかったです。「聖王のタペストリ」を現実で見てしまったら夢に出てきそうですが。悪夢を見そうな一件でした。

『ロング・ハロウィーン

個別記事を書くほどお気に入りの一作です。魅力的すぎてうまく感想がまとめられないので、以下のリンク(⬇︎)から個別記事を参照してください。

 

 

ホワイトナイト

映画のパンフレットで紹介されていたので購入。シュッとした線で描かれているキャラデザ(特にトゥーフェイス)が私好みだったうえに内容が面白かったです。ジョーカーが正気に返るというよりも、過剰投薬で人格が善悪に分裂して、善の人格がバットマンを追い詰めながら警察などの不正を暴きまくって街を浄化していく物語でした。って、この設定だけ聞いているとマジで2次創作くさいな。高品質な絵と素敵な物語がついているので不満はありませんが。公式が供給してくれるんだったらそれに越したことはないさ。『ロング・ハロウィーン』よりも多くのヴィランが集まった会合の集合絵とかね。しかし、お互いに憎み合っていたはずなのに、用意された飲み物を無警戒に飲む『ホワイトナイト』のヴィランたちって実は仲がいいんじゃないだろうか。というかどうやって連絡とったんだろう。よく考えたら連絡先を知ってる時点でけっこう仲良しじゃない? そう考えると微笑ましいですね。『ホワイトナイト』はジョーカー(悪)とジャック(善)人格の入れ替わりを髪の色・髪型・瞳の色・肌の色で表現しており、同じ身体を使っていながらも非常に見分けやすくなっています。ホワイトナイト』のジョーカーはなぜかオッドアイ フェチシズムが刺激されますね! フルカラー万歳! 個人的にはジャックの目がオッドアイになっている、人格切り替わり中の状態が一番好き。本作は続編の企画があるそうなので翻訳版が出るのを気長に待ちます。

『ロング・ハロウィーン』の続編『ダークビクトリー』

あの世界線のデント氏がどうなったのか知りたかったのと、もっとティム・セイルさんの絵が観たいと思って購入。ジョーカーさんがたいして活躍しないのは残念ですが、やっとペンギンにもセリフが与えられたしミスターフリーズが登場するし。例の、トゥーフェイスがアイビーにキスされたがギルダへの愛が強すぎてフェロモンが効かなかったシーンも見られたし。短編「バットマン:マッドネス」も読めたのでよかったです。しかし今作と前作のスケアクロウとマッドハッターは狂気が濃いな。スケアクロウはほぼマザーグースの引用しかしゃべらないし、マッドハッターは「アリス」の引用でしか話さないし。この印象で『ホワイトナイト』を読むと「マッドハッターが引用以外のことを話してる! かなり正気!」とか思ってギャップを感じます。

 

バットマン:ウェディング』

あらすじからは想像できないほど複雑な物語でした。まさかのタイムトラベルものだし、私は初めて見る「ブースター・ゴールド」なんてキャラは出てくるし。しかも一度はブルースの両親が生きている世界線が発生するし。そして両親がいる幸せを享受していたブルースは自害するし。2人の結婚以前の話が長い。しかも今作はバッドエンド。バットマンが勝たないとは珍しい。ジョーカーさんが結婚を阻止するべく教会でキャットウーマンを撃ち殺そうとするのは予想通りですが。それにしても今作のジョーカーさんは妙にフレンドリー。ゴッサムヴィランたちをファーストネームで呼んでいます。ちょっとかわいい。その前のバットマンとの会話のセリフまわしはさすが。今さっき自分で言ったことを忘れているのか、それとも自分がしたことを片っ端から忘れていくのか、ただ単にジョークを飛ばしまくっているだけなのか。判然としないのがいかにもジョーカーさんっぽい。もしかしたら本人にもそのへんのことはわかってないのかもしれない。とりあえず、あの日に教会にいた市民の方々のご冥福をお祈りします。いくらゴッサムとはいえ名もなき一般人の結婚式があのジョーカーに襲撃されるとか誰も想像しないだろ。ゴッサム×結婚式×ジョーカー=虐殺であることがわかる一作。ゴッサムでは結婚式というかイベント全般が無理ゲーな気がする。ジョーカーさんがシャバにいる限りは。

 

バットマン:イヤーワン/イヤーツー』

バットマンの始まりも読んでおくべきだろうと思ってついに購入。巨大なコウモリに化けるという案を思いつくまでのブルースは街で一悶着起こします。いい歳した大人が正義感だけで動こうとするからだ。ブルースという人はバットマンになってようやくゴッサムになじんだのかもしれませんが、2年目に出会った敵のリーパーが強すぎ。リーパーはこのミニシリーズだけで退場するにはもったいないほど魅力的なキャラでした。信念というか美学があってしかも強い。リーパーには続投してほしかったところですが、続投したらしたでジョーカーさんに「ゴッサムに義賊は一人でいい」とか言われて襲われてそうですけどね。ジョーカーvsリーパーという対戦も見てみたかったですが、この時期だとジョーカーさんもまだ弱いか。今作で他に印象的だったのは、おなじみのヴィランたちが登場せず、ブルースの両親を殺した男ジョー・チルとの因縁にフォーカスしていること。ジョー・チルはNEW52の世界では生きていました。ジョー・チルは作品によって生き死にが異なっているようです。本作のように死んでくれたほうが、ブルースとしては心安らかになれていいのではないかと思いますが。本作のバットマンは少しだけ鈍い。偽リーパーの素顔を見て「ジョー・チルに似ている」と思わないとは。知らない顔だが、どことなく奴に似ている、ぐらいのことは言ってほしかった。この点は残念でしたが、息子が「ジョーイ・チル」と名乗ったことで偽リーパーの正体を察したようです。両親を殺した本人は憎んでいても、その息子や孫のことは温かい目で見守ることができる。これこそバットマンですね。

 

『ジョーカー:ラスト・ラフ』

あらすじ的にジョーカーさん主体の内容らしいので読んでみたかったのですが、表紙のイラストから受ける印象に反してバットマンが活躍しないとのことだったのでスルーしていた作品。実際に読んでみるとジョーカーさんの収監先がアーカムじゃないわ、最後の戦いの相手はバットマンじゃないわで調子が狂う。本作を読むとゴッサムヴィランズはしょせん常人なのだと思い知らされます。ジョーカーさん以外のゴッサムヴィランズでセリフがあるのはスカーフェイスとキラークロックとミスターザーズだけでした。ゴッサムヴィランズはあくまでも病んでる常人なのであって超人ではないんですね。スラブサイド刑務所を異次元に飛ばした割にはちょっと尻すぼみな印象がある本作ですが、ジョーカーさんがゴッサムヴィランズどころじゃない悪党を手下にして、ゴッサムだけでなく世界中に損害を与えまくる様は見ていて気分がいいので問題なし。たまには竜頭蛇尾の作品があってもいい。それにしてもバットマンはジョーカーさんの性格を熟知しているな。この人道主義者め!

 

あとは『ダーク・プリンス・チャーミング』も読みたい。ヤバイなバットマンワールド。ヴィランが魅力的で。まさか、1人好きになると主要メンバーが次々に好きになるという構造!?  楽しいけど怖いな(予算と収納スペースの確保を考えた時に)。

 

以上。最近はバットマンシリーズを読んでいる件をお送りしました。

※本記事は2020年6月8日に修正しました。